『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
NHK土曜ドラマ『みおつくし料理帖スペシャル』
0

    先週12月14日にNHK総合テレビで「みおつくし料理帖スペシャル」前編が放映されました。

    ご覧になった方も多かったのではないでしょうか。

     

    このスペシャル放映が始まる前に2017年に放映された「みおつくし料理帖」のダイジェスト版が放映されていたのですが、初っ端からこんな興味深い場面が出てきました。

     

    無性に突っ込みたくなったので、今回はこちらをご紹介させていただきます。

     

     

    さぁこの画像の間違い探しをしてください。

    右の清右衛門先生(チコちゃんの木村祐一)のスタイルに注目。

     

     

    提げ物として「煙草入」をつけているあたり、そのキャラクターを表す小道具使いとして好感が持てますが、2人して信玄袋を手に提げているのは、、、。

     

    なぜなら、このような「信玄袋」が作られたのは明治維新以降。

    つまり江戸時代まで日本人には手に提げて袋を持つという文化はない。

    (巾着系は舞子さんがやるように抱えて持つのが定石)

     

    このあたりは「日本嚢物史」(井戸文人著:大正8年発行)の「手提物」の項に詳しく書いてあります。

     

    我が国の人は古来手に提げる物を持つということは殆どなかったのであります。

    然るに漸く明治初年頃から此の風習を見る様になりましたので、したがって沿革として述べるほどの材料も少ないのでありますけれども、近来に至っては男女共に之が全く実際の上から必携用品となったのでありますから、その流行の変遷記憶を辿って述べます。

     

    まず手提の用い初めは維新前後にありましたが、当時は僅か一部の愛好者の所持しましたものでありました。

    早い頃の手提物材料は古代帛、鹿革、または軟らかい印伝革の類で、角の挟みゴキと称する緒締めを用いてこれに打ち紐を通し、その紐で提げるようにしたのでありました。

    これを信玄袋と称えました。

    これが明治初年に於ける手提物の最初とも云うべき者であります。

     

    このように、我が国初の手提げ袋とされる信玄袋が維新を機に出現したことは明らかなので、冒頭画像のように2人が揃って何のてらいもなく信玄袋を手にしている姿なんてありえないということ。

     

    どのぐらいありえないかといえば、主人公の澪は「享和2年(1802年)の水害で両親を亡くし〜」とあるので、1853年のペリーが黒船に乗ってやってくる50年ほども前のことであり、鞄を手に下げた人間(西洋人)を見たこともないぐらいの時代です。

     

    日本人自身が手提げを持つ姿がみられるのが、それから更に10年後の明治維新(1868年)。

    それさえも長い間「手に袋を持つ」文化がなかった日本では、新し物好きだけに好まれたファッションだったようです。

     

    前に述べました信玄袋というのが、手提として最初に流行はしましたが、若い人たちは殆ど用いません様でありました。

    (中略)

    その後明治三十年前後に至て婦人用として復した信玄袋が復活されて来まして金蘭繻珍更紗の類で造りましたものが大に流行いたしました。(日本嚢物史)

     

    「日本嚢物史」は大正8年に発行されたものなので、上の文で著者の井戸が「沿革に書くほどでもない」と言っているのは、信玄袋でさえ「つい最近流行り出したもの」という認識でしょう。

     

    いうなれば信玄袋は、日本固有の特徴を持った西洋的趣向の袋物という感じだと思います。

     

    改めて冒頭の二人の様子に戻ります(画像再挿入)。

    現代人には江戸人がこのようなスタイルで道を闊歩する様子に何も違和感は感じないでしょう。

     

     

    しかし澪が生きた時代に嚢物をこんな使い方をしていたらと考えると、例えば右の狐の面を持ったお兄さんには、着物にリュックを背負ったぐらい「頭のおかしいヤツら」に見えたでしょうねぇ。

    (見れば見るほどそんな目つきにしか見えなくなる)

     

    ビジュアル的にこんなコーディネート(脇差+煙草入+信玄袋)がまかり通る時代があるとすれば、それは維新前後から廃刀令が公布される明治9年までの相当短い期間ということになります。

     

     

    なるほど絵巻物や浮世絵のなかの人物は、たいていは手には杖をもつくらいで、荷物といえるようなものはみな背負っているようだ。

    小さなものはふところか袂(たもと)に入れ、あるいは帯に結ぶか、ひっかけるかして提げていた。

    金財布などはふところに突っこんでいるのがふつうだったから、まさに懐中ものだった。

    女性は幅のひろい帯のあいだにはさんだ。

    手にものを提げて歩く、というのは小さなことだが、明治のはじめには、これも新時代のスタイルだったことになる。(近代日本の身装文化)

     

    このように日本人が和装から洋装になる大変化の影には、「日本人が手提げを持つようになった!」という文化的大事件が隠されていたのですね。

    その後の袋物の第二次変化としては、日本でハンドバックが爆発的大流行するのは「関東大震災(大正12年)」がきっかけだそうです。

    袋物が好きな私たちだからこそ知っているウンチクとして、どうぞ周りの人たちに自慢してください(笑)。

     

     

     

    そんな小道具使いの違いを楽しみつつ時代劇を見るのも楽しいものです。

    でも世間一般によくいる「ここ違う!」と怒りながら時代劇を見る人にならないでくださいね。

    ただでさえ最近は時代劇が少なくなってきているのですから。

     

     

    ちなみに原作の方はこれまで発売されたシリーズ全10作が累計400万部を超えるヒットを記録しているそうです。

    私は読んでいませんが、先日工房で一緒に仕事をしていたA.Yさん曰く「小松原さまはもっと凛々しい」そうです。

     

    2012年版は北川景子、今年映画化される方は松本穂香が演じるそうですが、私は黒木華ちゃん&森山未来のキャスティングは最高過ぎると思うんだけどなぁ(前編切なかった、、、)。

     

    見ていなかった方はこんなのもあるようです。

     

     

    「みおつくし料理帖スペシャル」の後編は明日放映ですが、見逃した方は後日前後編まとめて再放送されるそうですよ。

     

    NHK総合午後9:00 12月21日後編

    NHK土曜ドラマ「みおつくし料理帳スペシャル」

     

     

     

     

     

    筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

     

    ▼筥迫工房の講習会

     

    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

     

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。

     

    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
    そのような場合も、こちらからご連絡ください。
     

    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ

    にほんブログ村

    【2019.12.20 Friday 10:08】 author : Rom筥
    | その他の袋物 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    これから何をすべきか(2)
    0

      本日12月18日14:32にこの記事をアップしたのですが、下の赤字部分を訂正させていただきます(18:15)。

       

      2016年から「金封袱紗」を入門コースとし、これを受講しないとその他の物をつくれないというステップアップ方式に変わりました。

       

      あれから2年、今年は32回の講習会がありました。

      一般の講習会に比べると時間も長く、かなりハードな内容なので、精神的にはもうこれが限界かと。

       

      来年は絶対に減らす!と心に決めてはみたものの、これからも次々と新しい型を出す波は止められない。

      早くもこの体制が行き詰まることに(ああ、ジレンマ)。

       

      現在一番上級の講座は「式部型小物入」ですが、これは受講者のレベルを揃えないと時間内には終わらない。

      結局、時間との勝負というプレッシャーに耐えきれず、来年は通信に回しました、、。

       

      でもこれから先にもっと難しい型があるんですよ。

      難しいけれど本当に楽しいのはこれからですから!

       

      講習会で作っている「四ツ襠紙入」は仕切りで区切っているだけなので、実際は上級のやっと入り口に立ったぐらいの型です。

      本来は前口に「小被せ」が付き「そぎ襠」になるのが一般的です。

      そしてここからあらゆる型に展開していけるようになるのですね。

       

      しかしこれが作れるぐらいまで面倒をみれば、それこそ後はマニュアルを見るだけで複雑な型が作れるのではないか?

      つまり「通信講座」という考え方が出てきたのです。

       

      筥迫工房の講習会には遠方から参加される方が多いので、来年から始まるこの「通信講座」という言葉に食い付く方は多かったように思います。

       

      しかしながら、私が考えている通信講座はそう簡単じゃない。

       

      ただ売るだけだったら、ショップで縢襠付筥迫のように一般の人に向けて販売した方がずっと簡単なんです。

      あえて通信講座にするには私なりの理由があるのです。

       

       

      これは前回の「櫛入れ」画像の続き(今回の内容とは関係ないただの挿絵)。

       

       

       

      講習会の利点

       

      講習会の利点が「一日で型を仕上げる」ことだと思っている方は多いと思いますが、私は「誰もが確実に一定の精度で仕上げられる」ことだと思っています。

       

      講師が同じ作業をするということは、目の前で詳細なコツを散りばめて解説しているということなんですね。

      貼り込みは目まぐるしく展開するのでどれがコツか気がつかないだけで。

       

      一定の精度で作らせるので、講習会に出た人はすごく満足感はあると思います。

      「(同じ型を)もっと作りたい!」(復習)と思ってくれればいいのですが、初めて作ってこれだけのものができてしまうと、何だか自分がとても出来る気になって、「もっと(違う型を)作りたい!」と次々と新しい講座を渡り歩いてしまうんですね、、、ふぅ。

       

      しかし上級クラスになると、受講の際に「課題提出」が出てきます。

      つまりここで初めて以前作った型を一人でおさらいすることになるんですね。

      すると「あれ?なんでこんなにヘタなの?」とびっくりする人が多いようです。

      それまで講習会で作ってきたものは自分の実力ではなかったことに気がつくのです。

      (そう、これは講師の実力。エヘン)

       

      こうやって積み重ねないまま講座を渡り歩いてしまうと、当然のことながら上級ぐらいになるとついていけない訳で。

      これが私にとって以前から悩みの種でした。

       

      所詮マニュアルには「工程」しか書いてありませんから、それだけでは講習会で作ったようには作れないのです。

       

       

      講習会で急がせて作らせるのも、ただ時間に間に合わせるためだけではなく、糊が乾かないように作らせているという理由もあります。

      ゆっくり作るということは、作業している最中に糊が乾いていく(貼れない)、だから余計に糊を入れる、水分が多すぎてグズグズに仕上がる、という悪循環に陥るからです。

       

      糊で作るものというのは、乾くか乾かないかのタイミングで作っていくのでリズムが大切。

      アイロンを当てるところ、当てないところ、力を入れるところ、角度を付けて当てるところ等々。

      それでこそ貼り込みの特徴である、ふっくら感とパリッと感が出るのです。

       

      講習会で教えたいことは、新しい型の作り方を教えること以上に、糊のタイミングや、出来上がった後の仕上げの仕方など、それこそマニュアルでは説明できないところなのです。

      遠くから足を運んでまで講習会で学ぶべき事は、マニュアルには書いていないことなのだと理解してください。

       

      中級以下の通信講座はあくまで補習程度のものです。

      講習会で作るものは、実践で作る程度のよい「サンプル」だと思ってください。

      自宅で地道に復習をして自分一人の力でそのサンプルと同じに作れるようになったら、それがあなたの実力です。

       

       

      箸休めで「櫛入れ」の解説。

      昔、十三やのつげ櫛が欲しくて買ってはみたものの、実際に使うこともなく引き出しに入れていたらカビが生えてしまった、、、(苦)。

      私にとってのつげ櫛はフィギュアみたいなものなので、せめて素敵なお家をと作ったのがこの櫛入れ(別名:道具ハウス)。

      13cmの櫛を入れる小さい櫛入れに小さい刺繍をびっしりと。

      お気に入りだけど小さすぎて使えなかったハギレの柄を元にして、この櫛入れ用に蝶々を加えて刺繍しました。

      時々取り出しては可愛い可愛い♡と愛でるだけのおままごと。

      (実用だったらこんなものに手はかけない!)

       

       

      通信講座の意義


      つまるところ、通信講座では今まで講習会で使っていた「工程」だけのマニュアルを買うことになります。

       

      そこに講師の「コツ」はありませんし、講習会で作った出来のいい「サンプル」もないので、精度の高い作品を作ることはできないでしょう。

       

      頼るべきは、対象講座(講習会で実践した講座)で習ったことをしっかりと思い出し、復習してから作業することのみです。

       

      来年度からは金封袱紗以上の講座に参加する際は、前の講座の型を作って持参するという課題がつきます。

      課題提出は必須ではありませんが、提出履歴はしっかりと付けます。

      「上級レベル12」以上を受講を希望する場合、これまで課題提出の履歴がなく、レベルにも満たないと講師が判断した際は、受講をお断りすることがありますのでご了承ください。

      ※更新前には「提出必須」としていましたが、上記に訂正させていただきます。(2018.12.18 18:15)

       

       

      通信講座で作った作品は写真に撮りメール添付での提出になります。

       

      掲示板のコメントぐらいの簡単な添削をして返信しますが、そこで「承認(合格)」を得てから次の講座に申し込んでください。

      こちらは画像提出しないと、次の講習会講座も、別の通信講座も申し込みできません。

       

      通信講座は講習会の一環ですから、ショップのようにただ買ってそれでお終いにはならないということです。

       

      これらがどこまでうまく行くかわかりませんが、本来の目的であった上級以上の通信講座は、来年一年の通信講座の状況を見てから考えようと思います。

       

       

      この通信講座は来年度の講習会が始まる2月以降に「順次」申込み開始いたします。

      いっぺんに始めてしまうと私も対応ができないので、その対象講座が始まるまでを目指して準備していきます(型ごとに準備ができましたらブログでご報告します)。

       

      詳細については現在準備中なので、近日中に別窓で紹介させていただきます。

       

      通信講座を含めかなり複雑なシステムになっているため、ショップも講習会や教室の申し込み方法なども全て内容を作り直さなければなりません。

      これがまたかなりの手間と時間がかかりまして、、、。

       

      これから2月の講習会と教室の開始までに全ての更新に全力を注ぐつもりですので、遅れてばかりで申し訳ありませんがどうかご容赦のほどお願い申し上げます。

       

       

       

       

      筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

       

      ▼筥迫工房の講習会



      ▼筥迫掲示板
      筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

      ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
      こちらのQRコードからアクセスしてください。


      筥迫工房へのお問い合わせ
      ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
       そのような場合も、こちらからご連絡ください。


      もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
      にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
      にほんブログ村

      【2018.12.18 Tuesday 18:26】 author : Rom筥
      | その他の袋物 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      これから何をすべきか(1)
      0

        皆様ご無沙汰しておりました。

        なんだかんだと3週間ぶりの登場になってしまいました。

        Rom筥はとりあえず元気にしております。

         

        久々にブログを書いていたらやたらと長くなってしまったので、今回は二回に分けて掲載します。

         

        あいかわらずの長文で読む人も辛かろうと思い(苦笑)、以前私が作った「櫛入れ」なんぞを挟んでみます。

        (私が刺繍したものなのでヘタクソなのはご容赦を!)

         

         

        修理に出していたMacが無事帰還したのもつかの間、その後の処理に追われ、毎年恒例の教会の馬小屋作りに泣き、今年最後の講習会を終え、仕立ての納期にギリギリ間に合わせるために走り回っていたので、ブログを書く気持ちの余裕がありませんでした。ごめんなさい。

         

        残りの仕立て仕事は職人見習いのYさんに任せ、私自身はやっと来年度の講習会や教室のこと、これから自分の進むべき道を12月、1月で組み立てる時間ができました。

         

        ブログを書きながら自分の考え方をまとめるというのが常なので、この内容を元にショップの方でもう少しわかりやすい説明にして近日中にアップすることにします。

         

         

        なぜこの文化がなくなってしまったのか?

         

        成り行きで始めた筥迫活動が、今や私のライフワークになってしまったという人生の不思議。

        とはいえ、始めた年齢が遅かったので、自分がこれからフルに筥迫に費やせる時間は限られています。

         

        筥迫に真剣に向き合い始めた頃、始めに思い浮かんだ自分の将来像は「職人」でした。

        しかし今年でやっと10年、これでは本格的に職人として花開く前に年老いてリタイアしてしまいそうです。

        ではこの限られた時間で自分が何をすべきなのか。

         

        現代で物作りをする人たちは、自分で作ったものは自分で売ることを考えるでしょう。

        ネット全盛の今はそんな時代ですよね。

         

        でも私の場合は「マニュアルを売る」というのが出発点だったので、初めから「筥迫を作って売る」という考え方はなかったような気がします。

         

        それよりも筥迫作りを通して感じたのは、

        「糊だけでこれだけ精巧な物が作れて、作ることもこんなに楽しいのに、なぜ今この文化がないのか?」でした。

         

         

        筥迫はニッチ市場

         

        ブログを始めた頃に「箱迫」ではなく「筥迫」という書き方にこだわったのは、その当時ネットで「箱迫」を検索すると花嫁さんや七五三のページがたくさん出てくるのに対して、「筥迫」で検索すると純粋に筥迫が好きな人たちの情報に辿り着いたことからでした。

         

        筥迫のことをまだ何も知っちゃいない頃の私でも、筥迫に愛着を持っている人たちは「筥迫」という字を使うのだということが痛く心に響いたのですね。

         

        筥迫が好きでなければ辿り着かない桃源郷のようなところにしたいと思い、あえて検索しにくい「筥迫工房」という名称を使ったのです(笑)。

         

        それが最近では婚礼関係のサイトでも「筥迫」を使うところが増えてきたようで、市民権が出てきたのが嬉しいようなつまらないような。

         

         

        筥迫は完全なニッチ市場です。

        知っている人はとても少ないけれど、好きな人は大好きな世界。

         

        愛好者の中には「筥迫を自分で作ってみたい!」という人がいることも知っていました。

         

        その人たちの熱量はネットを通してでも感じられたので、例え日本中にそんな人たちが5人ぐらいしかいなかったとしても、その人たちのために自分が労力をかけることは意義のあることに思えたのです。

         

        しかし筥迫工房の宣伝ツールといえば、週に約一回程度アップされるこのブログのみです。

        始めた頃はネットの検索ページを10ページぐらい行かないと出てこなかったこのブログですが、毎週「筥迫!筥迫!」と書き続けていたおかげで、今では堂々と始めの方に出てくるようになりました。

         

        おかげさまでこれまで売れた教本(縢襠付筥迫のみ)を数えてみたところ、この10年で900冊ちょっとぐらい。

        何千部、何万部という一般的な出版物には比べようもありませんが、少なすぎもしないこの数はニッチなニーズを物語っているのではないかと思います。

         

        教本の方は来年か再来年ぐらいにはもう一度改定しようと考えています(またか!)。

        内容はそれほど変わらないので、今持っている人たちは新たに買い直す必要はありませんが、この教本は実際に講習会とも絡んでくるので、互換性を考えての改定だと思ってください。

         

        これについては来年から始まる「通信」のことも合わせて(2)でご説明したいと思います。

         

         

        これから何をすべきか

         

        講習会は筥迫以外の袋物を作るきっかけとなりました。

        貼り込みというものを見直すきっかけにもなりました。

         

        講習会に来る人たちに「貼り込みの良さは?」と聞くと、

        「縫わないでこれほどの物ができることに感動する」

        といいます。

         

        このような技法こそ昔はプロの領域だったので、職人がいなくなったと同時に文化が消滅してしまったのです。

        必然とはいえ私にとっては大きな損失に思えました。

         

        昔の袋物が取り上げられるとき、メインになるのは装飾や使っている素材に対しての価値だけ。

        しかし、私は筥迫に代表される昔の袋物の仕立ての美しさに魅せられたのです。

        この仕立てがあるからこそこの装飾(刺繍)が生きるのだと。

         

        いくら筥迫の形を真似して作ったところで、昔の職人が作った筥迫とは子供と大人が作ったほどの違いがあります。

        どうしたらあそこまでの筥迫ができるのか。

        どうしてこのような考え方で物を作る方法が失われてしまったのか。

         

        そんなジレンマを感じていた私が講習会で人を教えることに、「私が教えてほしいぐらいだ」という気持ちになることも少なからずありました。

         

        しかし、人を教えることによって新たな技法を見つけ出し、これまで答えが出なかったものに次々とヒントが与えられてきました。

        人に教えることによって気がつくことのなんと多いことか。

         

        気がつけば講習会中心に物事を考えるようになっている自分に気がつきます。

         

         

         

        昔も今も

         

        古い袋物を崩してみたときに、今の自分と全く同じ考え方で作っている箇所を見つけることがあります。

         

        昔の袋物が残っていてその作り方が失われていたとしても、貼り込みという考え方をしっかり理解して突き詰めて考えていくことができれば、当時それを作った人と似たような発想で作れるものだということに気がついたのです。

         

        100年前に同じ型を作った人にシンパシーを感じるとは、なんと感慨深い瞬間でしょうか。

         

        そうやって積み重ねてきたものがたくさんありますが、もしいつか私が筥迫活動を辞めた後に、他の人が私と同じようにやることは正直難しいと考えています。

         

        何事もなければ私もあと10年は同じ状況で続けられるのではないかと思うのですが、その後は同じエネルギーで活動できるかまでは自信がない。

        これまでの10年で驚くほど仕事の幅も広くなってきたので、これから一人で全てをこなすことにも限界を感じています。

         

        仕立ての仕事は自分より上手い人は出てくると思うので、これからはできるだけ職人さんを育てていきたいと考えています。

        技法と作り方を確立してしまえば私以外でも教えられる人はいると思うので、各地で活躍できる講師も育てていきたいと思っています。

         

        そんな中で私自身がやるべきことは、自分にしかできないことにできるだけ的を絞ること。

        それが何かを考えると、やはり日本固有の趣味である昔の型をできるだけ多く再現し、その型紙と作り方を一つでも多く作り残すことなのだと思っています。(ちなみに昔の袋物の教科書に型紙が付いていますがあれは使えない)

         

        そして実務的な活動に限界を感じてきたら、本当に動けなくなる前に出版することを考えましょうかね。

         

         

        ニッチな世界ではありますが、昔流行った物を現代向けに再現しているだけなので、技法と材料の供給さえ確立してしまえば流行に左右されることもない。

         

        趣味で楽しんでくれる人がいて、それをちょっと超えたところで志を持つ人がいて、そういった人たちの手でこの文化が細く長く続いてくれることを願っています。

         

         

         

         

        筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

         

        ▼筥迫工房の講習会



        ▼筥迫掲示板
        筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

        ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
        こちらのQRコードからアクセスしてください。


        筥迫工房へのお問い合わせ
        ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
         そのような場合も、こちらからご連絡ください。


        もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
        にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
        にほんブログ村

        【2018.12.07 Friday 14:51】 author : Rom筥
        | その他の袋物 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        これしか入らない「ザ・懐中物」!
        0

          私自身の今年の変化といえば、新規さんからの仕立ての依頼を請けないことにしたぐらいなのですが、そのためにできた時間で新しい型を試作する機会が増えたり(公開はしていませんが)、今までできなかった調べ物などにあてる時間が増えてきました。

           

          私としては新しい型を試作しているときが一番楽しいのですが、時間をかけて出来上がったその型をどう活かそうかと考えたとき、即、講習会につなげられれば楽なのですが、そう簡単にいくものばかりではない。

          自分がいいと思っても、それが人に受け入れられるかどうかは別問題です。

           

           

          型が増えてくるということ

           

          型がいくら増えようとも、私の活動において「筥迫」というものが屋台骨となっていることに変わりはありません。

           

          講習会に来る方々も「筥迫が作れるようになりたい♡」と思って始める人がほとんどです。

           

          仕立ての依頼も刺繍を施した筥迫がほとんどですし、やはり女持ちの嚢物の中では萌え感満載のトップオブ懐中物です。

           

           

          しかしながら、筥迫のように実質「半壊中」にせざるを得ないものを別にすれば、お財布も兼ねる紙入れは、スられたり落としたりしないよう「全懐中」が基本です。

          (女性は少しは出るかもしれませんが、男性の着物では半壊中する方が難しい)

           

          紙入れの表向きは、細工を凝らした花鎖や小さな前金具はあるものの非常にシンプル。

          内面は「二見形」「吉原形」「香車形」だの、型によってそれぞれに名称がつくほど、実に多種多様な仕立てがあります。

           

          これは江戸〜明治初期頃までの傾向で、「手提げ」という外向きの文化が受け入れられると同時に内向きな紙入れ文化は消滅し、外向きな装飾具である筥迫だけが現代に生き残ってきたというワケです。

           

           

          ということで、型が増えるということは、講習会でこの外向き傾向の嚢物と内向き傾向の嚢物が存在してくることになります。

           

          見た目に可愛い「細工系」は、細かいだけで技巧は少ないいので受講者が集めやすい。

          かたや内面重視の「紙入れ系」は、技術的には難しいのに見た目がワンパターンなので受講者が集めにくい。

           

          このように同じ懐中物でも立ち位置が全く違うので、講習会の中で一緒くたに企画するのは非常に悩むことになります。

           

           

           

          ハイテク筆箱

           

          そんな時、ふと思い出したのが、小学校の頃に流行ったハイテク筆箱(多機能筆箱)。

           

          ロケット発射台のようにポップアップする鉛筆立て、あらゆるところに文具が収められる多機能性にワクワクした覚えがあります。

           

          なぜ急に思い出したか?

           

          これって江戸時代の多機能紙入れにすごくコンセプトが似ている!!

          江戸時代の人が見たら絶対喜ぶはず!

           

          内向き文化が消えてしまったと思いきや、日本人のDNAの中に連綿と受け継がれていたのですね。

          (江戸時代の人はストラップも好きだったしねぇ)

           

          小学生の頃流行った“ハイテク筆箱”がめちゃくちゃ進化してる!

           

          ↑こちらでは、ボールペンとかマジックとか入れられるように作って欲しいとありますが、それは至って既製品的な考え方。

          これは単一形状の鉛筆でこそできるギミックなのだよ。

           

          戦後の大消費時代は既製品にまみれていくので、多様な体型の人に合う洋服、多様なニーズに合うような入れ物が作られると、やはり独創的な意匠からは離れていきます。

           

          時代劇に出てくる市井の人々は、ただの袋状のものにお金を入れて三つ折りにし、紐でぐるぐる巻いたものを懐中していますが、こういうものこそ何でもごっちゃに入れられるし何にでも使える既製品。

           

          (これを三徳という人がいますが、広義では間違っていないものの、私的には気持ち的にちょっと割り切れない。これについてはまた後日。)

           

           

          江戸時代の紙入れの中には、多いものだと15もの「口(ポケット)」が付いていた物もあったらしく、それでも懐中できるサイズになっているということは、入れるものに合わせたサイズにきっちり作られているからこそ可能なのであって、そこに多様性はない。

          つまり、指定の物以外一切入らない!ということです。

           

          現代のように物に溢れていないので、決まった七つ道具だけで何でもまかなえちゃうという背景もあるでしょうが。

           

          江戸時代の大店の旦那が、ハイテク筆箱を懐中しているところをイメージしてもらえばよいかと(笑)。

          これを帛地で、それも工芸レベルで作っちゃうのだから凄すぎる。

           

           

          外見に可愛い細工系は女の喜ぶ世界。

          中身のシステムに凝るのは男の喜ぶ世界。

           

          現代の着物男子にこのような懐中物に興味を持っていただけると、私が一人楽しんで作っているような多機能懐中物を喜んで作ってもらえるのではないのか?と淡い期待を抱いております。

           

           

           

          筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

           

          ▼筥迫工房の講習会



          ▼筥迫掲示板
          筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

          ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
          こちらのQRコードからアクセスしてください。


          筥迫工房へのお問い合わせ
          ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
           そのような場合も、こちらからご連絡ください。


          もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
          にほんブログ村

           

          【2018.07.27 Friday 12:43】 author : Rom筥
          | その他の袋物 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          2018.7 日本刺繍の定家文庫 nano mofさんの作品
          0

            こちらは、7月10日に一瞬掲載したものですが、改めて掲載させていただきます。

             


             

            画像は前々から用意していたのですが、確か梅雨も早々に開けて急に蒸し暑くなった時期で、何か清涼感のある作品をと思って用意していたものでした。

             

            nano mofさんの刺繍による定家文庫をご紹介させていただきます。

            去年(2017年)の秋にお仕立てさせていただきました。

            ご好意により掲載させていただきます。

             

            菊=秋ですが、この猛暑にうんざりしている皆さんへ、爽やかな秋をイメージしてほしいという願いを込めて(笑)。

             

            色味が何とも上品で、清楚なお嬢様的お筥です。

             

             

            nano mofさんにコメントを求めたところ、「刺繍下手くそなのに定家文庫に手を出してごめんなさい」とのことでした。
            刺繍教室の作品展に出品するために作られたそうですが、当時は五十肩との闘いだったそうです(ご苦労さまです、、、)。

             

            今の世の中で定家文庫を持っているのってほんの数人ですよね…。
            「やった(^^♪」って感じです。

             

             

            nano mofさんは、お嬢さんの成人式の筥迫のために筥迫作りをはじめました。

            掲示板を遡るとその頃のnano mofさんの筥迫が登場しますが、始めの頃は、確か刺繍半襟で筥迫をたくさん作っていらっしゃったと思います。

             

            刺繍半襟は見かけは素敵なのですが、筥迫を作り慣れてくると色々とうまくできないところができてくる。

             

            限界を感じた(弱った)nano mofさんさんに、すかさず日本刺繍を勧めたのがRom筥でした。

             

            その後はあっという間に地元の日本刺繍の先生を探し、お嬢さんの成人式に念願の刺繍筥迫を作ってしまったのでした。

            その間、確か一年ぐらい、、、。

            母の執念ですね。

            その時の様子はこちらの過去ブログをご覧ください。

             

             

            筥迫が縁で日本刺繍を始め、講習会にもちょくちょく参加いただき、今では定家文庫に至るです。

             

            最近のnano mofさんは、次女さんの成人式の前撮りが終わったそうで、次の三女さんの筥迫の前に、花嫁さんの筥迫を作ることにしたそうです(三姉妹!作りがいありそう〜)。

             

            人生は幾つからでも、思いもよらない方向に進むものだと、nano mofさん含め、己の胸にも手を当てて実感しています。

             

             

             

            定家文庫の飾り房

             

            定家文庫を鑑賞する場合、まず全面に施された「刺繍」に目が行くのは当然のこと。

            しかし、仕立師側の立場から言えば、定家文庫のこの雰囲気を作っているのは「房」です。

             

            この定家文庫から、飾り房は専門の職人さんに依頼しています。

             

            以前はショップで販売している房糸を使って私が作っていたのですが、定家文庫の格には絶対に「正絹の撚り房」というこだわりを持ち続けていました。

             

            筥迫や念珠などの撚り房は機械で作られたものがほとんどですが、このような定家文庫の房は「工芸の房」です。

            日本刺繍の定家文庫にこそ、この格が必要なのです。

             

            しかしながら、現代でその技術を持つ職人さんがいたとしても、この房を再現してもらうことはとても難しいことです。

             

            物作りは、自分が作るだけではなく、どうしても他の人の力が必要になる時があります。

             

            ネット全盛の現代は、あらゆるものがネットで探せるような気がしてしまいますが、実際は職人さんを見つけても、飛び込みでどのような知識があるかわからない人を相手にすることは、職人さんにもリスクがあるのでまず断られます。

            (私自身も、最近はネットだけでやり取りする方からのお仕立ては受けないようにしていますし)

             

            相手がどんな人かを短時間で理解するには、紹介という「人の縁」に勝る確実性はありません。

             

            何かをやっていれば、いつかどこかで縁は繋がるもの。

            しかし、そのような縁は、じっくり待つ姿勢を持ってこそやってくるものだと痛感しています。

             

             

            そんなご縁が結ばれても、一口に撚り房を依頼するといっても、房の色から房頭の角度まで細かい指定が必要で、「適当にこんな感じ作ってください」は職人さんには通用しません(苦笑)。

             

            たった一つの房のために、何度も試作が繰り返されて出来上がったものだからこそ美しいのだと思います。

             

             

            出来上がった作品は、その都度撮影し、関わった職人さんたちにお見せしています。

             

            職人というものは、出来上がった作品に自分の技術が埋め込まれ、それが更に美しい作品に昇華されることに、何よりも誇りを感じるものだからです。

             

            皆で寄ってたかって一つの美しい作品を作る。

             

            何とも素敵な世界です。

             

             

             

            定家文庫と筥迫

             

            『定家文庫』は別名「定家袋」ともいい、 武家女性や裕福な女性が化粧道具その他の小物を入れ、お供の女性に持たせた袋物です。

             

            私の手元に、花魁と禿を写したこのような古い画像があります。

             

             

            禿(かむろ)というのは、花魁の身の回りのお世話をする10歳前後の女の子のことで、ほとんどの花魁の写真には、この禿が華を添えています。

             

            そして、この画像で禿が抱えているのは「定家文庫」ではなかろうか?!

             

            禿の小道具(?)はいくつかあるようですが、定家文庫のような物を携えている画像を見つけると、ついうれしくなって保存してしまいます。

             

            定家文庫は、

            粧具を納めた箱を錦の嚢(ふくろ)に入れて組緒で結び、晴れの時は小婢、長婢が携えて従うことは、京坂で古風を残すひとつである。江戸では従来からこれは用いていない。(日本の美術5「守貞漫稿」定家文庫解説より)

            とあるように、関西の文化です。

             

            更にこちらの写真には、「花魁」ではなく「大夫」とあるので、「大夫=関西」(?)と考えるとしっくりきます。

            (これは定家文庫?それともただの箱?)

             

            しかし、よく見ると二人の禿の胸元には「筥迫」が!

             

            左の子は何だかすごい角度で入っているので、よく見ないと気がつかないですが(苦笑)。

             

            「装飾された筥」という面では、筥迫と定家文庫は近いイメージを持ちがちですが、風俗博物館の筥迫の説明によれば、

             

            御所周辺で確立をみた紙挟そして紙入が、いわば女官の手慰みとして、その趣味の発露として展開したとは別に、江戸での大流行は、専門職を登場させ、一種の威儀具のような贅沢品へと紙入を脱皮させた。 (風俗博物館)

             

            とあるように、定家文庫=関西、筥迫=江戸とはっきり棲み分けられていたと思います。

             

            維新以降は関西でも筥迫は普及していたでしょうし、定家文庫と筥迫が一緒に撮影されているというのも、私的にはちょっと感慨深いものがあります。

             

             

            ※現在、手持ちの材料(桐箱・金具等)が全てなくなった状態なので、しばらく定家文庫のお仕立てはお請けできません。

            あしからずご了承ください。

             

             

             

            筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

             

            ▼筥迫工房の講習会



            ▼筥迫掲示板
            筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

            ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
            こちらのQRコードからアクセスしてください。


            筥迫工房へのお問い合わせ
            ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
             そのような場合も、こちらからご連絡ください。


            もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
            にほんブログ村

             

            【2018.07.18 Wednesday 09:42】 author : Rom筥
            | その他の袋物 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            金糸平埋め『若冲虎の紙入』〜midoriさんの作品〜
            0

              皆様、新年あけましておめでとうございます。

               

              ブログを始めた当初は、こんなニッチな話題でどこまでブログを続けていけるのかね〜と他人事のように思っていましたが、おかげさまで話題尽きることなくここまで突き進んで来ることができました。

              これも応援してくださる皆様のおかげと思っております。

               

              「いつも読もうと思うのですが読みきれなくて、、、」と本心を語ってくれる方もいらっしゃいますが、いいんですよ〜画像だけさっと流して見ていただいても、ほとんど理解できますので(笑)。

               

              また、ブログと同様「筥迫掲示板2」に画像アップして盛り上げてくださる皆様にも心より御礼申し上げます。

               

               

              さて、年の始めにふさわしく、今回は昨年のお針子会刺繍教室の作品展で、嚢物コーナーの目玉だったmidoriさんが刺繍された『若冲虎の紙入れ』をご紹介したいと思います。

               

              どうですこの輝き!!

               

              midoriさんから送っていただいた製作秘話を交えながら、この紙入れについて書きたいと思います。

              (以下緑字部分はmidoriさんの実際の文章)

               

              2016年、midoriさんが「風呂敷」に刺繍をしようとしている!という噂が刺繍教室に飛び交いました(笑)。

               

              日本刺繍のモチーフに若冲の絵を用いることはよくありますが、それをなぜ風呂敷にする???

              と私の頭の中は?マークでいっぱい。

               

              なにせ風呂敷なので、荷物を包んだ時にトラや花が出てこないと、と言う事で不思議な位置に図案を配置しました。

               

              大きな特大版の風呂敷の為、生地を半分に裁断し、半分にしても大きい生地を刺繍台に取り付ける為、大きな刺繍台(多分110cm台)を購入し、いよいよスタート。

               

              「花」はすぐに出来たものの、問題の「トラ」は刺繍教室の矢部先生に「毛並と迫力がポイント!」と言われ、トラなんて写真でしか見たことないのに、毛並なんてううう分からない、、、。

               

              そんな折り、midoriさんは猫を飼い始めます。

              リアル猫の毛並を参考にしながらトラの刺繍が始まりました。

               

              しかし、大きな刺繍台はニャンコの遊び場となり、刺繍台の下から針と糸が出てくるのを待ち構えては飛びつかれ、泣く泣く本日の刺繍は終了。

              そんな状況にもかかわらず、2016年10月には更に2匹目ニャンコも登場し、自宅ではほとんど刺繍台を出すことなく、お教室でのみの刺繍となってしまったのです。

              そして2017年の5月頃、11月に作品展があるとのが矢部先生から衝撃的な報告ありました。

               

              (いや、もっと前から決まっていたと思うのですが、たぶんmidoriさん聞いちゃいない、、、)

               

              そんなの無理!今年は棄権だわ〜とのんきに思ったのもつかの間、

              ”ここであった会ったが100年目” のハコセコ先生rom筥さんに会ってしまったのでした。

               

              「風呂敷はやめて金封袱紗にしよう。」

               

              その一言で壮大な歴史に残る刺繍風呂敷から、一夜にして金封袱紗に変更となりました。

               

              この画像は私に話が来た時点での進行状態(作品展まであと半年)。

               

              風呂敷は不定形の物を入れて結ぶので、そんなに都合よく柄が出るわけもない。

              せっかくトラの毛並も上手にできているのに(そしてまだ半面同じぐらい凝った柄を入れる予定のmidoriさん)に頭を抱えた矢部先生から密かに「rom筥さん、どうにかならないかしら?」とご相談があったのでした。

               

              テーマの違う柄なので、この状態から袋物を作ろうとすると3点に分けなければならない。

              仕立てに必要な余白を考えながら、トラを金封袱紗に、花2点はそれぞれ二つ折りの懐紙入れにすることを提案しました。

               

              しかしここで私は、袱紗の中にポツンとトラ、、、なんか寂しくない?とうかつな一言をrom筥さんに振ってしまったのでした。

              そこで、金糸で埋められ神々しいまでも眩しい昔のお財布やお化粧道具入れの写真を薦められ、つい ”すてき、、、ハート” と思ってしまった私がバカでした、、、。

               

              これらの刺繍を別々の袋物に分けたとして、この豪勢なトラの背景がパステルピンクのままはいただけない。

               

              そこで背景はピンクの影響がないように、刺繍で埋め尽くすことを提案しました。

              始めは竹の図案でストライプに埋め尽くすという案を出したのですが、どうもmidoriさんはイメージが湧かないご様子。

               

              その日全く違う目的で刺繍教室の方から袋物作りの参考にといただいた「和宮さまの袋物揃え(金糸平埋め)」のカラーコピーを見ながら、もしかして上手く乗せられたらmidoriさんこれできるんじゃない?と閃き、薦めてみることにしました。

               

              背面もびっしりと金糸で平埋めされています。

              刺繍に慣れた人ならば出来ないことはないとしても、現代人は絶対にやろうと思わないほど手間のかかる作業です。

              しかしここでマグロ属の本領を発揮しないで何とする!

               

              このように平埋めされた裂を袋物に仕立てるためには、縁を正確な直線で刺繍をしなければならないので、今回ばかりは勝手に進めずにとにかく打ち合わせを密にすることを強要しました(目を離すとすぐどこかに泳いでいってしまうマグロなので)。

               

              当初midoriさんからもらった背面の下図は、別のところから図案を持ってきた「鳥」が入っていました。

              しかしこれが表の若冲の絵に合わない!

              そこで「背面の図案も若冲の絵の中から取るように」とダメ出し。

              この度の「蝶々」に変更になりました。

               

              あまりの素晴らしい出来に、作品展ではこの背面もしっかり見せられるように「鏡」を使った展示になりました。

               

               

              表の裂の格に合わせて、内布は通常表布で使うようなしっかりとした裂を使っています。

              これぐらいの内布でないとバランスが取れない。

              (この裂のサイズが足りないため、しかたなくコンビ使い)

              持ち出し口の左側に小さなチャームがついているのがわかりますか?

              ちなみに、私がつけたものではありません。

              裂が届いたときに中を確認すると、「あれ?なんかゴミが付いている?」と思ってよく見ると小さな小さなチャームが付いていました!

              日本刺繍にチャームか!いかにもmidoriさんらしい発想(笑)。

               

              このような裂を襠なしのただの金封袱紗にするのは余りにももったいないので、厚みに影響しない程度に折り襠を入れています。

               

               

              4月からさらにもう一匹ニャンコが増え、刺繍台をガードしながらの刺繍はより気を使いました。

              なぜなら常に周囲360度を見張ってないと、”ヒマ〜” と化したニャンコたちがどこからともなく音もなく、刺繍台へ飛んでくる!

              それだけは防がねば。

               

              気がつけば7月も終わり、この頃rom筥さんから、刺繍の出来上がりの期日は8月いっぱいが望ましい(最悪でも9月)とのお達しが。

              えええ〜そんなの無理!と思いつつ、しかたなく8月のお盆前にはトラを仕上げ、お盆から金糸平埋めをすることに。

              出来上がり目標は9月の第一週!

               

              (いつも言っていますが、midoriさんはフルタイムでお仕事をしています)

               

              しかし気合いを入れて刺繍をした金糸平埋めでしたが、刺繍の仕方を間違え、8月第四週目にしてすべて解いて0からやり直し、、、。

              もう無理、と弱気になっていたところ、1/5ぐらいを終えた時点の平埋めが余りにステキ過ぎる。

              これが全部埋め尽くされたら、、、ハート

               

               

              そこからはエンジン全開。

              車にたとえればハイオクガソリンを満タンにしたフェラーリ。

              仕事から帰って20時頃から深夜3〜4時ぐらいまで毎日毎日平埋めを続け、終わりが見えて来た9月第2週目の刺繍教室の前日は気合いを入れ過ぎて徹夜をしてしまいました。

               

              (いつも言っていますが、midoriさんは20代の娘さんがいる年齢)

               

              そして忘れもしない9月26日、最後の仕上げの糊づけ作業での出来事。

              8月にもう一匹増えたニャンコ(全部で4匹)に糊をおやつと勘違いされ、そのうちの一匹に糊なめさせてくれ〜!とばかりに刺繍台の下から手を伸ばし、花の刺繍と金糸部分の1本を爪で”ピーーーーーーー”と引っ張りました。

               

              ぎゃあああああ〜〜!!

               

              しかし、すぐに直せたので一安心。

              9月27日に台から布を外し、何とかrom筥さんに納品することができました。

               

               

              midoriさん、私と矢部先生の目論見に上手く乗ってくれてありがとうございました(笑)。

               

              midoriさん曰く「rom筥さんは私のお抱え仕立師なので〜」とのこと。

              まぁ、仕立師にとっては夢のようであり、刺繍師にとっては悪夢に他ならない作業ですが、それを口先ひとつで乗ってくれるmidoriさんという存在は、私の活動に限りない夢と希望を与えてくれます。

              共栄共存であればこれ幸い。

              これが一番理想的な関係なのかもしれません。

               

              納品されたときの裂の状態。

              隣接する刺繍を考えると、ほぼ折りしろは5mmぐらいしか取れないという状態でしたが、もう最近はこういうことには慣れました。

              (けっこう無謀な依頼は多いので)

               

              しかしこんな金封袱紗を使ったら、中身(金額)を相当入れないと釣り合わない、、、??

              ということで、何をいれても構わない「紙入れ」に名称変更しました。

               

               

              筥迫から始まった私の袋物普及活動ですが、midoriさんのおかげで現代人の手でもこんなに素晴らしい袋物ができるのだということを証明できる段階まで来ることができました。

               

              これだけの手間をかけた袋物というのは、同じぐらいの技能とエネルギーを持った刺繍師と仕立師がいなければ作れないと私は思っています。

               

              金封袱紗に襠が付いたぐらいなので、型としてはそれほど難しくはありません。

              しかし、刺繍ができるなら袋物の仕立て方さえ習えば同じ物が作れるかも!と簡単に思ってはいけません。

               

              日本刺繍の裂を扱うのでさえ難しいのに、元の布が見えないほど装飾で埋め尽くされた裂です。

              袋物で難しいのは型を作ることじゃない。

              本当に難しいのは、どんな裂を使っても同じような仕上がりに作ること。

              これが何より難しい。

              これが仕立師にとっての戦いです。

               

              折しも時は秋、作品展シーズン。

              今年は他所さまからの難しい仕立てと重なり、私にとっては生気を吸い取られるような2017年の秋でした。

               

               

               

              画像をネットにあげること

               

              ここまでブログを続けられたことを思うに、多分に掲載画像が豊富にあったことがあげられます。

              私が作家活動をメインにしていたら、それほど多くの画像は扱えなかったことでしょう。

               

              皆さんに袋物を作ってもらうことや、刺繍の依頼をいただけることで、ブログに掲載画像を増やせたことが幸いしたと思っています。

              やはりネットの世界では画像が何よりのインパクトになります。

               

              あくまで文章中心なので、流行りのインスタよりやはりブログ向きでしょうか。

              最近はピンタレストにも画像が多く乗るようになってきたので、ちょっと心配することもありますが。

               

              アクセス数が少なかった当初は、このような画像が大きな宣伝になりましたが、少しずつ注目が集まってくると色々な弊害や問題点が出てきます。

               

              日本刺繍をもっと専門にやっている人たちはたくさんいるでしょうに、日本刺繍で検索すると筥迫工房の画像がかなり上がってきます。

              たぶん日本刺繍の人たちは、画像使用の問題を考えて大々的にアップできないということなのかなと思います。

               

              ネットを使わないで何かの活動を始めるとなると、それこそ公募展などで賞を取らない限り、世の中に周知される機会はありません。

               

              物を作る人間ならば、やはり一人でも多くの人に作品を見てもらわなければ始まらない。

               

              ネット検索で筥迫や袋物とは全く関係のない方がこのブログに来て、「こんな世界があったんですね!」と感激して連絡をくださることがあります。

               

              「袋物細工」は小さな画面にやたらとエネルギーを注ぎ込んで作るので、画像を通しただけでも伝わりやすいのかもしれません。

               

              「画像を見るだけで癒されます」というのは、かつていただいたお言葉。

               

              現代の革や人工皮革、ビニール製品のように惜しげなく実用できるものではありませんが、それでもとりあえず袋がついて実用できる。

              それなのに、見ているだけで癒されるとは、袋物を作る人間にとって一番の賛辞にも思えます。

               

              ネットに画像をあげる以上リスクは付き物ですが、できればニッチな世界からあまり広がりすぎず、ただ眺めて癒される人たちの中だけで楽しんでいただける存在であることを願っています。

               

               

               


              ▼筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

               

              ▼筥迫工房の講習会



              ▼筥迫掲示板
              筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

              ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
              こちらのQRコードからアクセスしてください。


              筥迫工房へのお問い合わせ
              ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
               そのような場合も、こちらからご連絡ください。


              もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
              にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
              にほんブログ村

              【2018.01.02 Tuesday 21:55】 author : Rom筥
              | その他の袋物 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              式部型小物入がやってくる
              0

                8月開催予定の「式部型小物入」です(申し込み開始:7月11日)。

                初めての講座ですが前評判はかなり良いようで(今年は一回)。

                 

                ※小型の定家文庫といった感じです。

                 

                先日まで型紙と作り方の資料を作っていたのですが、自分で試作を作っていた段階ではさほど難しさは感じなかったものが、「人に作らせる」ことを想定した途端、難度が増していきます。

                 

                筥迫工房の講習会では「1日で完成させる」を基本としていますので、事前準備をしてもらったとしても、これを講習時間内に終わらせるためには「それなりの手の速さと理解力」が必要という結論に至りました。

                 

                そこで、当初「中級」扱いだったこの講座を「上級」に扱いに変更させていただきます。

                 

                本講座に申し込み希望されていた皆様には、以下の内容をお読みいただき再検討いただければと思います。

                 

                いつもこんなことばかりで申し訳ないですが、新しい型は常に試行錯誤なのであしからずご了承ください。

                 

                 

                 

                職人の技を再現する


                講習会で作る物は、既存の型を型紙におこし、その作り方までを全て私が作っているのですが、この小物入れは、大正時代の女子教育で使われていた教科書にも掲載されているものです。

                 

                でもその本の型紙や作り方を資料に作り変えているわけではありませんよ。

                私は昔ながらのやり方では作れないので、あくまで現代人にわかりやすい考え方と材料で1から組み立てています。

                この本で参考にしたことと言えば「名称」ぐらいのもの(苦笑)。

                 

                実際に参考にしたのは、アンティークの実物の小物入れです。

                つまり職人が作ったもの。

                 

                職人が使っていた型紙も教科書に載っている型紙とさほど違いはないとは思いますが、彼らは文字にできないような工夫を其処此処に加えているので、出来上がりの姿が全く違う。

                 

                だからこのような本で同じものを作ろうとしたところで、決して同じにはならないのです。

                 

                 

                私はその職人たちの手の技を現代に再現することを使命にしているので、昔の型紙よりもずっと精密に作っています。

                これはパソコンという文明の利器があってこそできることだと思っています。

                 

                しかし精密に製図をしたとしても、それを作る人が正確に型に写し取ることができないと意味がありません。

                特にこの型はかなり微妙な線があったりするので、それを十分認識しながら型に写し取る必要があります。

                 

                しかし何度講座に出ようとも、未だ正確に型取りできない人は多い。

                型取に対する意識の低い人にこの型を作らせることができるのか、そもそも正確に型を取れない人に細かい処理が理解できるのか?と考えると、どんどんと難しい物に感じてきてしまうのです。

                 

                ※箱の内面が綿入れ仕立てになっています。

                 

                 

                受講の条件

                 

                今回の式部型紙入れは他の上級講座のような課題はありませんが、あえて言うならば「縢襠付筥迫が楽勝で作れるレベルの方」に受講してほしいと思っています。

                 

                そっちの方が難しい、、、ですか?

                 

                しかし、難度のあるものを一定のペースで進めないと出来上がらないという内容の講座において、資料と首っ引きで筥迫を作っているレベルの人が受講してもついていけるか私には自信がありません。

                 

                 

                以前、講習会で「それなりのレベルに仕上げさせてくれるんですよね?」と言われたことがありました(怖っ)。

                 

                講習会に行きさえすれば「作品」にしてくれる、未だにそんな気持ちで受講している方は多いと思います。

                 

                しかし型の種類がここまで増えてきた現在、さすがにそんなやり方で続けていけるはずもなく、講習会のあり方も変わってきました。

                 

                中級レベルまでならそれなりの仕上りにさせてあげることはできても、お世話をしなければできないレベルの人に、それ以上の複雑な内容を教えることはできません。

                 

                 

                今後の講習会に臨む私の心境は、

                 

                「入門」「初級」では、子供(受講者)が道路に飛び出さないよう(失敗しないよう)常に目配りをする幼稚園の先生の心境。

                 

                「中級」では、自分のことは自分でできる人間に育てようとする小中学校の先生の心境。

                 

                「上級」では、もう生活面(基礎)の面倒は見ない。とにかく教えることに徹する大学の先生の心境。

                 

                 

                基本は理解しているだろうから、説明はあくまで簡潔に時間短縮(それぐらいでわかるだろう)、菊結びはもちろんできるだろうからレクチャーなし等々、、、筥迫を楽勝で作れるなら問題ないレベルだとは思います。

                 

                ※背面

                 

                 

                あくまでも自己責任で

                 

                できない人のレベルに合わせて考えるから難しくなるのであって、一定のレベルの人を対象とするならば問題なく仕上がる内容です。

                 

                今後、上級レベルの講座では、作業が遅い人がいても、修正に時間がかかる間違いをしても、初歩的な説明が理解できなくても、進行具合によってはそこで立ち止まることなく、作業を進めさせていただきます。

                 

                つまり最後まで出来なくても自己責任ということ。

                ついていけないと思った時点で、そこからは他の人の手を止めないよう、どうか静かに見学だけしてください。

                 

                遠くから参加する方の多い講習会です。

                複雑な内容をたった1日で、一定の時間内に最後まで仕上げるための措置とご理解いただければ幸いです。

                (今回は初回なので、終了予定は18:00とさせていただきます)

                 

                ※サイズは125 x 85mm 高さ50mm。

                 

                以上、色々と脅してしまうようことばかり書いて申し訳ありませんが、上級はある程度の「基礎力」を身につけてから受講する、というように受講者の意識が変わってくれたら、将来的にもっと複雑な型も講座に増えてくるはずです。

                 

                この条件でも何とか喰らいついて行こう、という意気込みのある方に是非参加していただきたいです。

                (不安な方は事前にご相談ください)

                 

                 

                ※本講座で使用する「打ち紐」は筥迫工房のショップでは扱っておりません。

                申し込みされた後に購入先を指示致しますので、各自購入いただき、下準備をした上で講習会当日にお持ちください(講習費とは別に1,400円+送料がかかります)。

                 

                ※申し訳ありませんが、講習費、材料費が変更されています。ご了承ください。

                 

                 

                =======================

                「はこBOON」取り扱い終了

                =======================

                 

                昨今の宅急便事情はご承知かと思いますが、筥迫工房の材料ショップでも先月末で「はこBOON」の取り扱いを終了いたしました。

                今後は「クリックポスト」と「ゆうぱっく」での発送となります。

                 

                「クリックポスト」は最大厚み幅が「3cm」ですが、これを超えると「ゆうぱっく」扱いとなり一気に送料が高くなってしまうので、の値段は変わらないようですので、あえて宅急便指定がないようでしたら「最安発送方法」を選択いただいた場合は、「クリックポストの複数口(2〜3個に分ける)」、もしくは「定形外発送」との併用にさせていただきます。

                 

                「確実性」「急ぎ発送」「時間指定」「まとめ発送」をご希望の方は「宅急便」をご指定ください。

                 

                 

                 



                ▼筥迫工房のお店


                ▼筥迫掲示板
                筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

                ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
                こちらのQRコードからアクセスしてください。


                筥迫工房へのお問い合わせ
                ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
                 そのような場合も、こちらからご連絡ください。


                もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
                にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
                にほんブログ村

                【2017.07.02 Sunday 14:58】 author : Rom筥
                | その他の袋物 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                組入れ 〜念珠入れ&くり口名刺入〜
                0

                  4月10日訂正4月11日(0:00)です!)に申し込みが開始する『念珠入れ(5月6日開催)』ですが、急きょ『くり口名刺入』を組入れにすることに致しました。

                  つまり念珠入れと一緒に名刺入れも作るということです。

                  組入れとは袋物に袋物を「in」することです。

                   

                  こちらの講座名は『念珠入(組入)名刺入』に改称しました。(4/11)

                   

                   

                  「なぜ念珠入れに名刺入れ?」と思っていませんか?

                   

                  それは、この型の本来の名称が「折襠付紙入」だからです。

                   

                  一般的に「折襠付紙入」といわれてもすぐにイメージできないと思いますので、現代では念珠入れとしてよく使われている型ということで、愛称的に付けてみました。

                   

                  つまり念珠も入れることができるというだけで、念珠入れ専用というわけではないのです。

                   

                  私はもっぱら懐中用に使っています。

                  柔らかい芯を使っているので、体に添いやすく、薄く横幅があるので筥迫のように落としがなくても落ちることはありません。

                   

                  あくまでも自分の好きな物を入れればいいということでこの組入れになった次第です。

                   

                   

                   

                  組入れ

                   

                  これをなぜ組入れにしようと思ったかと言いますと、今年の刺繍教室の新年会で着物を着た際に、何気に作ったこの組入れが気に入ってしまったからです。

                   

                  どちらも貼り込み的には初歩の型なので、筥迫に比べれば気軽に作れるところがいい。

                   

                  私はこんな仕事をしていますが、実際に着物を着る機会なんぞ年に一度ぐらいしかない。

                  だから自分のための袋物なんてほとんど作らない。

                   

                  そんな私なので、出かける前日ぐらいになって胸に入れる物がないことに気付き、慌てて出発前3時間ぐらいで作りました(苦笑)。

                  まぁ自分用なんてそんなものです。

                   

                  布をじっくり探している暇などないので、とりあえず当たり障りのない生地を探し出し、これに前金具を付けて出来上がり(前金具の重さで被せが安定するので、懐中専用なら裏の留め具がなくても問題なし)。

                  着物に合わなければ全懐中にすれば良し、ぐらいの適当さ。

                   

                  あとはお気に入りの3本立ちの「ぶら」を、こちらも組入れた「鏡」に付けて出来上がり。

                   

                   

                  これで中にお札と少々の小銭、そしてスイカ(ICカード)。

                  う〜ん、なんだか厚みが単調。

                   

                  元々、念珠という不定形なものを入れる目的で作ったこともあり、厚紙芯は使っても0.25。

                  つまり、平らな状態だと魅力がない。

                   

                  ほんのり中央が膨れる(念珠を入れてちょうどいい)ぐらいの厚みがある方が格好がつくんだなこの型は。

                   

                  すでに念珠入れはできた。

                  そしてまだ30分の猶予がある。

                  30分で作れるものといえば、名刺入れでしょ!

                   

                  シンプルな念珠入れも名刺入れを組み入れれば、

                  まぁすてき♡

                   

                  そう、袋物には「組入れ」という概念があった、ということをこれをきっかけに思い出したのでした。

                   

                   

                  講習会で作る念珠入れは、あくまで念珠も入れられるように(つまりバッグインする目的で)留め具は必須。

                   

                  筥迫は単体で完璧な懐中物ですが、こんな派手なもの日常で使える場はそうそうない。

                   

                  実用できる懐中物というのは、ある程度どんな着物にも合って、そればかりが目立ちすぎてもいけない。

                  尚且つ気軽に使いたい。

                   

                  でも凝った部分もなきゃつまらい(なんてわがまま)。

                   

                  だって懐中物だものハート

                   

                  「懐紙入れ」に「楊枝入れ」もいわば組入れになるわけで、昔の袋物なんて、やたら色々なものを組入れにしていました。

                  こうなると、もう胸にバッグを入れているようなものです。

                   

                  いや、そもそも懐中物は胸に入れるバッグなのです。

                   

                  現代の着付けの仕方では、たくさん組入れにした袋物を懐中するほどの余裕はありませんから、せめて生地を揃えたものを2〜3点組入れにする、なんてのが乙なのではないかと思います。

                   

                  このように組入れすることによって、懐中袋物の楽しみ方は更に広がることでしょう。

                   

                   

                   

                  くり口名刺入れ

                   

                  くり口名刺入れの「くり口」とは、湾曲した口(物を入れるところ)のことです。

                   

                  この「くり口名刺入」は、昔の袋物細工ならどの本でも初めの初めに出てくるお決まりの型。

                   

                  こんな本ばかり見ているので、以前は袋物の基礎はくり口名刺入!という思いが頭から離れませんでした。

                  しかし「名刺れの講習なんぞに誰が参加したいと思う?」という素朴な疑問もあり、見て見ぬ振りしていたのです。

                   

                  初心者には2〜3時間のワークショップの方が参加しやすいとわかっちゃいても、貼り込みは使う道具が多いので、それを名刺入れのために全て揃えてもらうのも何だし、ではそれを自分が全て用意するのか?と考えると、2〜3時間の講習費のためにあの大荷物を抱えていくのは無理、、、というのが単純な理由。

                   

                  とはいえ、この名刺入はいかにも貼り込みらしい作り方をするので、作るのはけっこう楽しい。

                  講習会のどこかで作りたいという気持ちはあったので、念珠入れに組入れできれば好都合。

                   

                  念珠入れはシンプルすぎて、実用性はあるけれど萌え感に乏しい。

                  でも名刺入れと組入れで一気に萌え度アップ!

                   

                  くり口に限らず、名刺入れにはとても楽しい細工を施したものが多いので、名刺入ればかりたくさん作る名刺入れマラソン!なんて講習会もいつかできたら楽しいなと思っています。

                   

                   

                   


                  「貼り込みの基礎」があってこその組入れ

                   

                  去年までの講習会であれば、念珠入れは初心者対象だったので、当日に念珠入れを作るだけで精一杯だったと思います。

                  名刺入れを一緒に作ろうなどという発想さえなかった。

                   

                  しかし、今年からは基礎で金封袱紗をたくさん作ってもらうことにしているので、次の初級で名刺入れを組入れにしようという発想ができたのだと思います。

                   

                  入門の金封袱紗では、講習会で1点、自習用の教材が2点、懐紙挟みができる型も付いているので、自宅で最低これだけ作っていただければ、初級の念珠入れで組入れで作れるぐらいに手は慣れているはず。

                   

                  この金封袱紗は、貼り込みの基礎を学ぶことを第一の目的としてはいますが、単純な型でたくさん作らせて貼り込みというものに手を慣らしてもらう、そのレベルをもって次のコースに進んでもらう、という内容で考えられています。

                   

                  とはいっても、実際講習会で実践してみなければわからないことではあるので、セットで作ることによって時間がかかりすぎるようであれば、その次の講習会で単体に戻す可能性もあります。

                   

                  これが組入れとして成り立つかどうかは、5月6日の念珠入れ参加者の肩にかかっているというわけです(とプレッシャーをかける)。

                   


                  念珠入れにお札を入れる場合は二つ折りしなければ入らないサイズなのですが、これはこれでバランスがいい形なので、お財布というよりは携帯用にお金が少し入れられるぐらいに考えてください。

                  お財布目的の型はまた別途考えます。

                   

                  それでも、お金や鏡、ICカードに名刺入れを組入れれば活用範囲は広がります。

                   

                  講習会費はほんの少しアップしますが(500円ぐらい?)、たぶんご満足いただけるとは思いますので、ご興味のあるチャレンジャーの参加をお待ちしております。

                   

                  もちろん金封袱紗はしっかりと復習してきてくださいね!

                   

                   



                  ▼筥迫工房のお店


                  ▼筥迫掲示板
                  筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

                  ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
                  こちらのQRコードからアクセスしてください。


                  筥迫工房へのお問い合わせ
                  ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
                   そのような場合も、こちらからご連絡ください。


                  もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
                  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
                  にほんブログ村

                   

                  【2017.04.08 Saturday 18:55】 author : Rom筥
                  | その他の袋物 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  魅惑の『紅板』
                  0

                    前回のブログ「携帯道具入れ」で、秋乃さんの携帯化粧道具入れに不足しているものは「紅板」!と書きましたが、紅板をご存知ない方も多いと思います。

                     

                    私も久々に思い出したので、今回はこの『紅板』について書こうと思います。

                     

                    これが紅板です。

                    サイズは52 x 97mmと、ほぼ名刺サイズぐらいという小さなものです。

                     

                    べに-いた【紅板】

                    江戸時代の携帯用の紅入れ。二つ折りの板に漆を塗り、紅を載せた。

                    薄い箱型のものもある。装飾に技巧を凝らした。

                    (引用:ことばんく)

                     

                    中を開くと玉虫色の面が現れます。

                    この玉虫色が紅花から抽出された日本伝来の紅です。

                    紅筆に水をつけてこの玉虫色をこすると、とたんに真っ赤な色が現れます。

                     

                    お猪口などの内側に刷(は)かれた紅を見たことがある方もいらっしゃるとは思いますが、紅板を知らない方は多いと思います。

                     

                    お猪口の紅を携帯するわけにはいきませんので、外出の際はこのような紅板を携帯したのです。

                    袋物に入るように作られた形だと思いますので、筥迫にも確実に入っていたと思われます。

                     

                    江戸時代、この玉虫色の紅は同じ重さの金に匹敵する価値を持つ高級品だったそうです。

                     

                    まるでサフランのようですが、実際にはサフランの方が高価なので、海外ではサフランと称して(騙して)紅花が売られていることもあるのだそうです(こちらは現代のお話)。

                    外国などでサフランを買う際は注意が必要かもしれませんね。

                     

                    日本で洋風の口紅が一般化したのは大正時代に入ってからのようなので、この紅板も相当古いものだと思います。

                     

                    この玉虫色は空気や湿気によって劣化してしまうらしいので、現在に至るまでこの玉虫色が残っているということはかなり保管状態がよかったということらしいです。

                    これからもビニールでしっかり密封して大事にせねば。

                     

                    この紅板は4面になっているので、お猪口などに刷かれたものよりは面積が広いということは、更に高価だったかもしれませんね。

                     

                    伊勢半でも以前この紅板を販売したこともあるようですが、現在は販売されていないようです。

                    小町紅『板紅』ざくろ

                     

                     

                     

                    おまけの貴重品

                     

                    私がこの紅板を入手したのはあくまで偶然で、昔ヤフオクで何かの袋物を落札した際に、その袋物に付属されていたのです。

                     

                    出品した方もこれが紅板というものだとは知らなかったのでしょう。

                    掲載画像の中に玉虫色のものが袋物の部品の一部のように映っていたので、この袋物になぜこんな色の部品があるのかと不思議に思いながら落札したのです(あくまでもその袋物が欲しかっただけ)。

                     

                    実際に手元に届いた時に、別物の同梱物だということがわかりました。

                     

                    開いてみると紙入れのようでもあり、それにしては小さすぎるし、何よりこの不気味な玉虫色(!)の紙を使う意味がわからない。

                    そこで、お約束のSAKURAのyayaさんにお問い合わせ。

                     

                    「ちょっと水をつけてこすってみて。

                     赤い色が出たらそれは紅、

                     つまり「紅板」だと思います。」

                     

                    指先にちょっと水をつけてこすると、うわっ赤が出た!

                    初見で不気味と感じた玉虫色が、正体がわかって一気に魅惑の玉虫色に変わった瞬間でした(笑)。

                     

                    こんな感じです↓

                    小町紅の使い方

                     

                    骨董の袋物の中には、おまけのように面白い同梱物が入っていたりします。

                    袋物は物入れですから、元々の所有者が使っていた状態で流れてくることが多いというわけです。

                    これはお目当の物より貴重なおまけが入っていたというレアケース。

                     

                    最近まで持っていたことをすっかり忘れていたのですが、今回の謎のケースのおかげで思い出し、サンプルの山から探し出した次第。

                    お宝がやっと日の目を浴びました。

                     

                     

                    菊置上の装飾

                     

                    さて、引用でも紅板は「装飾に技巧を凝らした」とありましたが、こちらは「置上(おきあげ)」という技法で装飾されております。

                    置上とは、胡粉を塗り重ねて立体に仕上げるレリーフですね。

                     

                    特にこの菊をモチーフにしたものは「菊置上」と呼ばれています。

                    この菊置上は、アンティークの白木の有職雛道具の装飾によく見かけるので、お雛様好きには馴染みのあるものです。

                    もちろん「菊置上」で検索すると、その他のお道具でも色々なものを見る事ができます。

                     

                    日本画の世界では「盛り上げ胡粉」ともいうようですが、筥迫の刺繍も盛り上げてナンボのものなので、なんだか親近感を感じてしまいます。

                     

                    美都木洋子さんの胡粉盛上彩色の作品などを見てはソソられる私。

                    いつか置上の筥迫なんて作ってみたいなぁ。

                     

                    これからの人生、貼り込み以外のことに興味を持たないようにしようと強く心に誓ったはずなのに、日本の工芸品には素敵なものが多すぎるのよ、、、沈

                     

                    こんな文化を共有し誇りに思えるなんて、日本人に生まれてホント幸せですね、皆さん!

                     

                    (紅板の裏面)

                     

                     



                    ▼筥迫工房のお店


                    ▼筥迫掲示板
                    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

                    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
                    こちらのQRコードからアクセスしてください。


                    筥迫工房へのお問い合わせ
                    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
                     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


                    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
                    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
                    にほんブログ村

                    【2017.02.27 Monday 00:25】 author : Rom筥
                    | その他の袋物 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    携帯道具入れ
                    0

                       

                      先日、秋乃ローザさんから「謎のケース」についてお問い合わせをいただきました。

                       

                      なにこれ??

                      可愛くて小さい小物で、サイズ的にちょっと和装の花嫁さんの小物アクセサリーの筥迫に似ていますけど、、、(秋乃さん)

                      ※画像は秋乃さんに許可を得て掲載させていただいております。

                       

                       

                      最近このケースを手に入れて、筥迫かと思ったものの違うようでもあり、何だろうと調べているうちにこのブログにたどり着いたそうです。

                       

                      実は私もこのケースを持っています。

                      そうですね、確かに筥迫ぐらいの大きさ(12.5x8cm)ですが、厚みが3.5cmあります。

                       

                      私の場合はこれを使うとかコレクションするとかが目的ではなく、あくまで筥迫の資料として入手しました。

                       

                      何が筥迫に関連するのかと言いますと、その昔、江戸型筥迫には、七つ道具が納められていたという記述があり、これがその七つ道具に近いと思ったからです。

                       

                      御台所以下襠(かいどり)を着くるものは いづれもハコセコを懐中す(中略) 之を被く(ひらく)に矢張(やはり)紙入と同じく一半は形箱(箱の口は内方に向かう)の如くに作り 一半は黄金色又は紫などの繻子裏を附け 其上へ縮緬物等にて花形などの挿込みを数所に縫い付け 之に七道具というを挿す 七道具といふを挿す七道具は錐(きり)、簪(かんざし)、鋏(はさみ)、小刀、楊枝(ようじ)、尺(さし)、型付なり 又箱の中には紅、紅筆、懐中鏡、薬入などを蔵す

                      (千代田城大奥)

                       

                      私は仕事柄、江戸期の筥迫を見る機会が多いのですが、それでもこの差し込み式の筥迫は見たことがありません。

                      ほとんどが「一つ口」の単純な型ばかりです。

                       

                      しかしこれは「千代田城大奥」の中の様子をおさめた書なので、もしかしたら挿し込み式の筥迫は一般的ではなく、お目見え以上の姫君やお女中が作らせたものに限定していたとも考えられます。

                      大名家なんぞの持ち物に負けたくない!格の違いを見せつけてやるわ!という気持ちはあったとも思いますし。

                       

                      自分なりに必要な物=七つ道具であったと思いますので(七に限ってはいないと思う)、これもあれも必要〜、でもぐちゃぐちゃになりそうだからうまく収められるように作って〜♡というノリで発注したかもしれません。

                       

                       

                       

                      それでは私のお道具入れを見て見ましょう。

                      同じようでいて中身が違うのが興味深い。

                      私がこれを入手したとき、(下から)「小刀」「錐(きり)」その下に「鏡(裏返っている)」「鋸(のこぎり?)」「毛抜」「櫛」「薬入れ」「楊枝(ようじ?)」と思っていました。

                       

                      小袋は7x2.5cm厚1cmほどの被せの付いた袋の中に、指先ほどの極小の蓋つき小箱が二つ。

                      たぶんこれは現代のピルケース「薬入れ」でしょう。

                       

                      足りないものは「白粉入れ」か?(にしては刷毛がない)

                       

                      これを検証すべく、お馴染みSAKURAのyayaさんにお伺い。

                       

                      「鋸(のこぎり?)」と思ったものは「剃刀(かみそり)」でした(たしかにギザギザはない)。

                      ついステイショナリーとして使うものかと(笑)。

                       

                      yayaさんのお母様が「竹を巻いたうぶげ屋の剃刀」をお持ちだったとのことで、かなり最近まで使われていた形なのだそうです。

                       

                      扇型の物は、先が微妙に尖っていたので「楊枝?」と思ったのですが、「裏がヤスリのようにも思いますが」(yayaさん)と言われ裏を返すと、たしかにヤスリのようになっていました。

                      秋乃さんからも「ネイルファイルでは?」と言われて、そんなハイカラなものなかったと思います〜と言ったのですが、あったんですね「爪ヤスリ」が。

                       

                      ちなみに「御殿女中(中公文庫)」によると、「お爪は辰の日に取りました。」とあります。

                      「取る」って、、、???

                       

                      調べてみると、江戸時代の頃は爪を鋏では切らず、庶民は「ノミ」、もうちょっと上の人たちは「短刀」を使ったそうです。

                      とすれば「小刀」はそのためのものかしらん。

                       

                       

                      そして「錐(きり)」は一体何に使ったものなのでしょう?

                       

                      yayaさん曰く、錐は短い物を留めるものに使うとのこと。
                      香道具に「鶯」と言うお道具があるそうで、先が尖っている物を鶯というのだそうです(yayaさんは香道の先生)。

                       

                      お香で使う鶯は、挿して香包みを留めるものなのだそうですが、これが錐なのではないかとのこと。

                      和綴じの穴を開けたり、安全ピンのようにも使えたかもしれないとのことです。

                       

                      しかしながら、この錐挿しと差込の幅が合わないところを見ると、後から入れたものではないのかしらん。

                      なんとなく生地の柄も全体にマッチしていないような気もするし。

                      とはいえ、後から追加したと考えてみても、やはり錐は必需品だから加えたと考えられるでしょう。

                       

                       

                       

                      秋乃さんのお道具はハイソというかハイカラというか、私のお道具は時代もちょっと違うかもしれませんがかなり庶民的というか。

                      もしかしたら梅・松・竹ぐらいのレベルに分けられていたとも考えられますね(笑)。

                      ちなみに、秋乃さんのお道具は約100年前(大正時代)ぐらいのものだそうです。

                       

                      さて、最大の謎はフォークのような櫛のようなもの(私のは三本足、秋乃さんのは二本足)

                      さすがのyayaさんも、秋乃さんの方は「フォークにしか見えない、、、」らしい(苦)。

                       

                       

                       

                      謎は深まるばかりなので、同じようなお道具を展示している伊勢半の紅ミュージアムへ行くことにしました。

                       

                      ありましたよ、同じようなものが。

                      紅ミュージアム 化粧道具入れ

                       

                      そして鋸のような剃刀も実物が展示されていました。

                       

                      こちらの化粧道具入れには「粉白粉入れ」「刷毛」「紅入」があるので、秋乃さんの化粧道具入れに近い。

                       

                      紅ミュージアムに同行してもらったUさんと、その後合流したOさんと再度検証。

                       

                      私は秋乃さんのお道具にある「小瓶」を「香水入れ」と思っていたのですが、Oさん曰く、白粉を使うための水(?)ではないかとのこと。

                       

                      また、秋乃さんと紅ミュージアムのお道具は完全に「化粧道具入れ」なので、そこにフォークが入るのはあり得ない。

                       

                      私のお道具は化粧道具入れというよりは「グルーミングセット」に近いらしいけれど、そこにフォークが入るのも解せない。

                       

                       

                      後日、紅ミュージアムからご連絡をいただきました(ありがとうございます!)。

                       

                      「他の化粧道具から推察するに、水白粉の瓶ではないか。

                      水白粉を塗った後、粉白粉を刷毛で叩き込むようにして仕上げる、という化粧の過程がありますが、それに必要な道具が揃っているように見受けられます。」とのこと。

                       

                      これら3つのお道具入れに入っていたフォークのような、櫛のようなものは、やはり「櫛」だそうです。

                      たぶん「後れ毛を直す程度の簡易な櫛ではないか」とのこと。

                       

                      そして、紅ミュージアムのお道具の二股のものは「毛抜」で、反対側に「耳かき」が付いています。

                       

                      私のお道具にあった小さなケース入れは、中に仕切りがある仕様から薬入れと考えて間違いないそうです。

                      昔の人の作る物は、細かい仕事をしている私から見ても細かい、いや細かすぎる、、、。

                       

                       

                      ところで、秋乃さんはブログでこれを「筥迫でした」と結論づけられていましたが、申し訳ありませんがこれは筥迫ではありません。

                       

                      江戸時代の七つ道具が入った筥迫は、現代の筥迫とこの七つ道具入れがドッキングしたような形だったというだけです。

                       

                      筥迫は、コスメ、グルーミング、ステイショナリーなどのものが詰まった、現代のシステム手帳ならぬ、システムバッグのような機能があったということです。

                       

                      これらのことから、秋乃さんのお道具に不可欠な物として「紅板」があったはず。

                      刷毛の下の板は紅板じゃないのかな〜、でもこんな形の紅板があったんだろうか???

                      (私は「紅板」だと思っていましたが、紅ミュージアムでは「板紅」と呼ばれていました)

                       

                       

                      ということを頭に入れた上で、秋乃さんの元記事をどうぞ。

                        ↓

                      アンティーク謎のケース、、、これに詳しい人誰かいない?

                       

                       

                       

                      さて、もうすぐ雛祭りですが、昔の雛道具に「十三揃い」というセットがあります。

                      この中に「お歯黒セット」というものがあり、現代人には全く馴染みのない不思議なお道具なのですが(古い雛道具の世界ではメジャー)、この実物が紅ミュージアムにありました。

                      いつも小さいお道具ばかりみていたので、小さいお道具に目が馴染んでいたせいか、本物を見てつい「デカっ」と呟いてしまいました(笑)。

                       

                      板紅に付き物の「紅筆」も携帯用の「押し出し式」があって、一瞬「オーパーツか?」と思うほど現代のものにそっくりでした。

                      江戸時代から日本はこんなものを作っていたのかと思うと驚きですね。

                       

                      紅ミュージアムにはいつか行ってみたいと思っておりましたが、漠然と見に行くのと、一つの物を意味を持って見にいくのでは面白さが全く違います。

                       

                      紅ミュージアムには今回の化粧道具入れとは別に、私のような人間にはよだれが出てしまいそうな別の袋物があり(定家文庫もありました)、Uさんと盛り上がってしまいました。

                       

                      こちらの実物が見たい方は、是非『紅ミュージアム』へ。

                       

                      素敵なポストカードも有。

                       

                       

                       

                      このお道具を手に入れたときも、持っているだけの資料として詳しく調べようという気にもならなかったので、こうした機会をいただいて秋乃さんには心より感謝申し上げます。

                       

                      また、紅ミュージアムの皆様、ご親切な解説をありがとうございました。

                       

                       

                       

                      最後に、

                      携帯化粧道具入れは「ポーラ美術館」にもあります。

                      婦人持ち旅行用化粧道具入れ(明治時代)

                       

                      こちらは裁縫道具も入っていますね。

                      弘法さんと私(七つ道具)

                      小針セットと合わせた物が普通のようで、糸巻きもあるはずです(yayaさん)

                       

                      化粧道具入れは、また別のおもしろい形のものもあるのですが、これはまた別の機会に〜(いつもこればっかり)。

                      ホント昔の日本人の考える物って、奇妙で心惹かれる物が数多くあります。

                       

                       

                      何だかむくむくと自分専用の道具入れ作ってみたくなりました。

                       

                       

                       


                       

                      講習会申し込みわかりずらくすみません、、、

                       

                      前回、講習会の申し込み方法を変更したものの、「申し込み方法」画面から「申し込み中」画面に切り替えてしまうことで、申し込み方法の画面から行こうと思っていた人が行けないという事態になってしまいました。

                      本当に申し訳ありません。

                       

                      今後は「申し込み方法」画面も、「申し込み中」画面も同時に出るような状態にします。

                       

                      ちなみに、次回の講習会「3/25三段口扇襠筥迫」の申し込みが2月20日の0:00〜はじまります。

                       

                      これによって「ハサミ入れ&指貫」の申し込み画面が出なくなりますが、実はあと1席残っています(実はこれは9名募集なのです)。

                      参加ご希望の方がいらっしゃいましたら、お問い合わせからご連絡いただければと思います。

                       

                      よろしくお願い申し上げます。

                       

                       


                      ▼筥迫工房のお店


                      ▼筥迫掲示板
                      筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

                      ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
                      こちらのQRコードからアクセスしてください。


                      筥迫工房へのお問い合わせ
                      ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
                       そのような場合も、こちらからご連絡ください。


                      もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
                      にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
                      にほんブログ村

                      【2017.02.18 Saturday 14:33】 author : Rom筥
                      | その他の袋物 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |