『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
2017.7 中山きよみ+13コレクション(3)江戸型筥迫『しあわせ尽くし』
0

    おめでた〜い宝尽くしの図案が詰まった筥迫です。

    刺繍に関しては中山先生のブログ「日本刺繍nui nui」をご覧ください。

     

    こちらのブログでは、あくまで仕立ての面から筥迫を見ていきたいと思います。

     

    私は筥迫を作り始める人たちに「帯地はやめてね〜」と常々言っておりますが、筥迫を作る人が誰でも刺繍ができるわけではないので、刺繍に匹敵するものとして金襴などの派手な生地で作りたがる人が多い。

     

    裏に糸がたくさん渡っているようなゴージャスな織地でも筥迫を仕立てられないわけではありませんが、どんなに不格好になっても使うのは婚礼の一回こっきり、「襟元から出すわけじゃなければほとんどわからないから!」というだけならどうぞご自由に。

     

    しかしこれが筥迫作りに凝り出すようになってくると、とにかくきれいな仕立てで筥迫を作りたいと思うようになる。

     

    懐中袋物というのは布をたくさん折りたたんで作るものなので、ほんの少しの厚みの違いで出来上がりに大きな差が出るという世界。

    どんな素材を使っても同じようにスマートに一定の仕上がりに作ることに苦心するようになる。

     

    薄手の金襴や錦などであればきれいに仕立てられなくもないのですが、どこまでの厚みならOKで、それ以上の厚みならどう処理するかの判別は、とにかく数を作って経験として判断していくだけです。

     

     

    刺繍の厚みは別物

     

    刺繍の筥迫には、帯や着物にしないような分厚く肉を盛った刺繍をすることがあります。

    今回の作品は肉入れこそされてはいませんが、帯地にふんだんに刺繍が施されています。

     

    既存の布は生地全面の厚みは均一なので「厚みのある生地はダメ」とひとくくりに言えるのですが、刺繍の場合は装飾にいかに厚みが出ようが、布が折り返される「縁」の部分にさえ刺繍をいれなければ問題なし。

     

    「縁」にあたる部分に厚みがあると、同じ分だけ裏にも厚みが回るので倍々で厚みが増えていきます。

    これに厚みの出る挟み玉縁を付けようものなら、三倍ぐらいの厚みになります。

     

    これが金襴の厚みがダメで刺繍の厚みがOKな理由です。

     

    全体的に肉付きがいいよりも、締まるところは程良く締まり、ふくよかなところはより肉が盛られている(もしくは刺繍こってりな)姿の方がより魅力的に感じてしまうのは人間も筥迫も同じってことです。

     

    中山コレクションのすごいところは、江戸時代の筥迫さながらの全面刺繍です。

    刺繍がないのは底面ぐらい。

     

    裏面にも刺繍がびっしり。

     

    もちろん胴締めなどの柄合わせ部分はどうしても「断ち切り」になってしまいますし、あえて被せ内で断ち切りにすることもある。

     

    そんなときは、玉縁のすんでで刺繍を止めていただければ仕立てには影響しません。

    刺繍が玉縁に被ってしまうと玉縁は凸凹になりますが、その前で刺繍を止めてもらえれば玉縁のラインはあくまで真っ直ぐにできるのです。

     

    折り返しにするときも刺繍は小口(折り返した厚みの部分)部分までで止め、裏まで回さないというのがベスト。

    これは厚みを出さないようにするためなのですが、厚みが出るとそれによって柄合わせがずれてしまうからですね。

     

    しかし、これを刺繍師に理解してもらうのはかなり難しい。

    これが打ち合わせに時間がかかる理由なのですが、そんな打ち合わせの必要性がわからない方はどんどん刺繍を進めてしまう。

     

    このような場合はこちらも腹をくくって、とにかく筥迫の形に仕上げてみた上で、次作られる場合はこうした方がいいですよと提案しすることにしています。

    納得して次の刺繍に役立てていただけると、一つこなすごとによい作品に仕上がっていく。

    もちろん必ず納得していただけるとは限らないのですが。

     

    これが、筥迫の制作には刺繍師と仕立師の連携が必要と言っている所以です。

     

    仕立てやすさは仕立て師だけのメリットではなく、仕立てやすい=スマートな仕上がり(出来上がりの美しさ)につながるので、刺繍師にも無視できないことなのです。

     

    中山+13の作品は、中山先生と何年もかけて打ち合わせしたこともあり、大変仕立てやすく美しい仕上がりになったと自負しております。

     

     

    筥迫の王道は『玉縁仕立て』

     

    筥迫と玉縁は切っても切れない関係にあります。

     

    とはいっても、折り返し仕立てだから格が下がるなんてことはありません。

    お客様から「玉縁で」と指示されても、あきらからに折り返しの方が効果的と思われる場合は折り返しをお勧めします。

    より美しく仕上がる方法を考えます。

     

    教本で筥迫の玉縁を作る場合は「挟み玉縁」を採用していますが、これは誰がやってもほとんど失敗がなく極細の玉縁に仕立てられるからです。

     

    そんな挟み玉縁のデメリットは、何と言っても厚みが出ること。

    ただでさえ厚みのある布や、こってりと刺繍が入った半襟などに使うと、とんでもなく分厚い筥迫が出来上がります。

     

    そんなことから、厚みを抑えた仕立ての美しさを重視したいのであれば絶対に「縫い玉縁」です。

     

    縫い玉縁は表布を折り返さずに玉縁布で包んで、極薄の玉縁布だけで折り返すので厚みは最小限に抑えられるからです。

     

    しかし、この縫い玉縁は相当ミシンのスキルがないとできないのですね。

    簡単と思われるかもしれませんが、1mmの際を縫っても布や厚紙の厚みで仕上がりは2mm。

    これが2〜3mmでしか縫えないとなると仕上がりは3〜4mm。

    う〜ん、3〜4mmの野暮ったい玉縁にするぐらいなら、太っても挟み玉縁の方がマシ!

     

    仕立ての依頼が来るときは、できれば縫い玉縁で仕立てたいという気持ちはあるのですが、刺繍の仕上がりによっては不本意ながら挟み玉縁で仕立てざるを得ないということが多い(というかほとんど)。

     

    縫い玉縁は刺繍する人にも難しく、仕立てる人にも難しい。

     

    私は未だに昔のあの美しい玉縁には追いつけない。

    でも、いつか、いつかあの筥迫に追いつきたいと夢見て今日も筥迫を仕立てています。

     

     

     

    こちらの筥迫は「開き扉」型。

    被せを開いて、更にパタパタっと扉を開いていきます。

     

    最後の蓋は「針山」になっています。

    あくまで裁縫道具入れが好きな私。

     

    でも裁縫道具入れなのに「鏡」がついているのはおかしいので、「本来の化粧道具入れにしましょうか?」(ブラシが入るように細長の仕切りを付ける)と中山先生にお聞きしたところ、「針山がかわいいのよ〜」とのこと。

    やっぱり女は裁縫道具が好きなのね♡
     

    ということで、こちらの筥迫にだけサンプルとして「糸切りハサミ」と「指貫」のセットをつけました。

    欲しい方はオプションでお請けいたしますと言ったところ、開き扉をご依頼された全ての方から後日ご注文いただきました。

     

     

    オプションはこちらの三点セット。

    (この画像は別の筥迫のものです。通常は筥迫の内布とお揃いにします)

    ハサミは携帯裁縫用具入れ用の「三条みすや」のハサミでは小さすぎるので、もう少し大きめのです。

    糸巻きも入れました。

    後は各自何でもお好きな物を入れていただき、是非おもちゃ箱に仕上げてください。

    (こんなものを実用できないので、たまに出して楽しんで見るだけのおもちゃ箱という感じです)

     

     

    このような型は中に何を入れなくても、蓋や底に中側に刺繍が次々と出てくる仕掛けがあったら絵本のようで素敵だろうな〜と思うのですが、こんな小さな筥迫に相当量の刺繍をすることになるので考えるだに恐ろしい。

    まず自分は絶対にやらないだろうけど、仕立ての依頼があったら楽しいだろうな〜と思うだけ。
     

    自分だけの宝物を作りたい方、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

     

     

    江戸型の筥迫は今のところ「一つ口」とこの「開き扉」しかできませんが、この型は如何様にも中を変化させることはできます。

    これからもっと楽しい仕掛けを作って、見る人に「あの中どうなっているのか見てみたい!」と言わせるようなワクワク感を感じさせる筥迫を作っていきたいと思っています。

     

     


     

    <コピーライトについて

     

    以前「転載禁止」などというテキストも入れてみたのですが、意味のあるテキストを入れるのはあまりのも無粋なので、今回は画像にコピーライトを重ねることにしました。

    ※当ブログの無断転載、無断複製、あきらかな図案コピーは禁止です。画像の取り扱いは十分ご注意ください。

     


    ▼筥迫工房のお店


    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

    【2017.07.30 Sunday 16:16】 author : Rom筥
    | 中山13コレクション | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    2017.4 中山きよみ+13コレクション(2)筥迫&懐剣『桜』
    0

      春なので、中山きよみ+13コレクションの中から『桜』の筥迫&懐剣をご紹介します。

      東京はもう散ってしまいましたが、まだ東北や北海道ぐらいなら咲いているんじゃないかと思うのでお許しを。

       

      あでやかな赤が全く桜っぽくないので、桜と言われなければ誰も気がつか無さそう。

      私も刺繍裂をいただいたときに全く桜だと思わず、配色だけで筥迫房も懐剣房も真っ赤にしてしまいました。

       

      タイトルを見て「これ桜だったんだ〜(汗)」と気がついた次第。

      でもこれが桜だとわかっていたとしても、ピンクや白は使えないですね。

       

      桜は「枝」とか「幹」を入れてしまうと桜の季節限定使用になってしまうけれど、花だけなら日本の花として一年中使えると聞きますし、それで桜っぽくない色にされたのかもしれません。

       

      被せと胴締めが同柄になっていても、胴締めには被せより長く上下にスペースがあるので(山と胴部分)、打ち合わせではここをしっかり埋めるようにお願いしています。

       

      アンティークの筥迫などでは、被せの下辺に合わせて胴締めの図案が途切れていたりするものが多いのですが、

      「刺繍職人と仕立て職人の連携が取れていないな〜」と思ってしまいます。

      刺繍は上手いのにやたらと不自然。

       

      胴締めの天面まである程度埋まっていると、筥迫全体が装飾されている感じになるので完成度が違います。

       

      私がお仕立ての依頼を受けるときは、必ず図案の段階で見せていただいて、筥迫としてより効果的な刺繍の配置を提案させていただいております。

      結局、図案にかける打ち合わせの時間が一番長く、また何より大事と思っています。

       

      この筥迫では胴締めに白い花がかかっていますが、白い花の下の葉と、天面の赤い花は被せには入っていません。

      そういうことです。

       

      特に胴締めの「山線」に刺繍が少しでもかかっていると、刺繍に立体感が出ます。

      この山線にどのように図案を掛けるかがけっこうポイントだと思っています。

       

      着物地で作るとなかなか具合よくはできませんが、刺繍は自分で好きに配置できますから、やはり自分で装飾できる物があると筥迫の楽しさは倍増します。

       

       

      中山13コレクションの「巾着」は、このようにけっこう大きな図案がされています。

      実はこういうのって仕立て師泣かせではある、、、。

       

      ここは巾着の「タック」が入るところだから仕立てが難しいのよ(泣)。

      つまり刺繍に折り線をいれなければならないということ。

       

      私も以前自分の筥迫で、左から右に流れる数本の葉を刺繍したのですが、タックが入ると刺繍が浮くんですね。

       

      仕立てする側とすれば、できるだけ小さなワンポイントでタックに掛からずに刺繍を入れてほしいところですが、刺繍をする人たちにとって巾着の図案は凝りどころ(中山先生はそんな余裕はなかったとは思いますが)。

       

      どうしてもタックに刺繍が入ってしまう場合は、できるだけ細かい針目で刺繍するか、もしくは細かく押さえをするとよいでしょう。

       

       

      筥迫に赤は当たり前すぎてつまらなく感じる時も多いですが、それでもやっぱり赤を配置すると「赤の力はあなどれん」と思ってしまいます。

       

      刺繍裂をいただいたときの印象と、筥迫が仕立て上がった後の印象がガラリと変わることがあります。

      今回のように赤が効果的に刺繍を引き立てたときは、仕立て師として「やった!」と思う瞬間です。

       

      その驚きを知るのは、刺繍をした人と仕立て師だけ。

      すごく役得だな〜と感じます。

       

       



      ▼筥迫工房のお店


      ▼筥迫掲示板
      筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

      ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
      こちらのQRコードからアクセスしてください。


      筥迫工房へのお問い合わせ
      ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
       そのような場合も、こちらからご連絡ください。


      もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
      にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
      にほんブログ村

       

      【2017.04.22 Saturday 23:28】 author : Rom筥
      | 中山13コレクション | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      中山きよみ+13コレクション(1)江戸型筥迫『すずめのお宿』
      0

        今回より「中山きよみ+13コレクション」を始めることにしました。

        もちろん次々と出すのはもったいなさすぎるので、ちびちびと出していきます(笑)。

         

        これはRom筥がケチだからというよりも、このような日本刺繍の筥迫は小さいながら作るのにものすっごく手間のかかる物なので、私としては作られた方々に敬意を表す意味でも一つのものが出来上がる時間ぐらいは十分間をおいて、少しずつ掲載させていただいているというわけです。

         

        初登場は、江戸型筥迫(一ツ口)の『すずめのお宿』です。

        こちらはご案内はがきでも使わせていただいたので、皆さん的にはちょっと馴染みのある作品かと思います。

         

         

        中山先生のブログ「日本刺繍 nui.nui」にも掲載されていますので、都度そちらを追っかけた中からの追記ブログとなります。

        中山先生は刺繍の面から、私は主に仕立ての面から攻めてみます。

         

         

        江戸型によく使われているのが、この斑(まだら)の玉縁。

        江戸時代の筥迫はこの玉縁がお約束でした。

         

        筥迫を作り始めた頃から、いつか江戸型を作れるようになったら絶対この斑の玉縁に挑戦したい!という強い憧れを持っていました。

         

        そしてやっと今に至るわけですが、けっこうな時間と過程をかけてここまで辿り着きました。

        職人さんに断られ、失敗され、お金もかかった貴重な玉縁なのです。

         

        でも結局は「自分でやった方がいい」とあらゆる人から言われています。

        もうこれ以上、仕立て以外の色々なことに関わりたくないと思っているのですが、なかなかそれも許されない状況ということで。

         

        いつか違う色の斑の玉縁が出てきたら、あ〜がんばってんな〜ぐらいに思ってやってください。

         

        こちらの型は、江戸型筥迫に一番多い「一ツ口」と私が分類しているものです。

         

        被せの下は単純な「箱型」になっていて、上の口から物を入れるようになっています。

        その後ろが「紙入れ」という二層式の構造で、それを胴締めでとめます。

         

        もう少し高価な物になると、この前側の被せ下が開くような型になっていて、そこに「挿し込み」が付けられ七つ道具が納められていました。

        つまり、箱部分が刺し込み面と紙入れ面に挟まれているというかなり複雑な構造です。

         

        実は私はこれを文献で知っているだけで、実物をまだ一度も見たことがありません。

        徳川美術館あたりに行けば、たぶんそんな筥迫はあるはず。

        ただ、中を開いて展示されることはないので、中を見る機会がないのがとても残念。

         

        内布は実際には無地が使われていたようです。

        挿し込まれた物がある型はそれでいいのでしょうが、一ツ口は型としては単純なもの。

        そこで、私は刺繍の邪魔にならないようにかなり慎重に柄物を選んでいます。

         

        やはり筥迫はね、開いたときに「わ〜っ♡」と言って欲しいのよ。

        そのためには内布の力も必要なのです。

         

         

        現代の筥迫は「被せ」と「胴締め」の二面柄合わせです。

        すでにそんな作りの市販筥迫も稀となっていますが、江戸型筥迫は「被せ」「被せ下」「胴締め」の三面柄合わせに加え、裏も「背」「胴締め」の二面柄合わせがされているので、仕立て師泣かせの5面柄合わせです。

         

        ただし、被せ下は表面と同じ柄を施すのは大変なので、通常はフェードアウトするような感じになっています。

         

        しかし中山+13の筥迫はきっちり被せ下も刺繍があります。

        この作品の場合は、被せ下と柄が合っているのは右下だけで、その他は違う図案に展開されています。

         

        次々と画面が展開する、まるで絵本のような楽しさです。

         

         

        そして裏面に雀。

        やっと出てきた、主役の雀!

         

        正面からあえて見えない部分や、襟に隠れる部分、開かないと見えない部分に象徴的な図案を持ってくるのが懐中物の贅沢な発想。

         

        筥迫は展示しても正面の装飾しか見えませんし、身に付けてもチラッとしか見えないもの。

         

        しかしその部分だけで、

         

        「あの筥迫取り出して見てみたい〜」

        「あの被せをめくって見てみたい〜」

        「後ろはどうなっているの〜」

        「中に何いれるの〜」

         

        と思わせることが大事で、その中身の本当の凄さは本人だけしか見ることができないという優越感こそが筥迫を持つ一番の魅力です。

         

        筥迫は何と隠微な装身具なのかとしみじみ思います。

         

         

        ******************************************************

        今後、筥迫画像を扱うブログには、以下の注意書きを載せることにいたしました。

        ぜひ一度お読みくださいますようお願い申し上げます。

        画像の取り扱い、皆さんにお願い

        ******************************************************

         



        ▼筥迫工房のお店


        ▼筥迫掲示板
        筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

        ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
        こちらのQRコードからアクセスしてください。


        筥迫工房へのお問い合わせ
        ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
         そのような場合も、こちらからご連絡ください。


        もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
        にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
        にほんブログ村

        【2017.01.29 Sunday 15:23】 author : Rom筥
        | 中山13コレクション | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |