『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
教室通信:時間の制約を受けない物作り
0

    「つたえ」(東京都西巣鴨)でのお教室を始めて約1年が過ぎました。

     

    今のように型が増えてくると、単発の講習会で全てを行うことには限界があり、違う道を求めてつたえでの教室を立ち上げました。

     

    自分の中で大体の骨組みはあったものの、あとは参加する人たちにどのような需要があるのかを見極めながら進めて行こうと思っていましたが、最近はなかなか面白い方向に向いてきました。

     

    一室で定員4人から始めた教室ですが、つたえオーナーであるN先生と意見交換しながら5名になり、今では居室を2間解放してくださったことで、以前より広いスペースで定員6名で行うことができるようになりました。

     

    こちらは新しく解放されたスペース。このとなりにもう1スペースあります。

    このときはまだ夏だったわね〜。

     

    基本的には講習会と同じレベル表で進んでいきますが、その人のやりたいことによってはかなりはみ出したことをすることも多いです。

     

    講習会は一つの作品を1日で確実に仕上げるという充実感はあるものの、その反面1日しかないという制限があるので、ちょっとしたアレンジを加えるなどという自由はありません。

     

     

    こちらはH.Sさんが日本刺繍が施されたハギレを使って作られた「折襠付両縢筥迫」です。

     

    元はこんな装飾裂だったわけですが、講習会ではこのような素材はまずはねられますので、絶対に持ってこないでくださいね。

    筥迫の仕立て方は同じですが、このような刺繍物はまた別の扱い方があるからです。

    皆で一斉に手順を揃えて作業する講習会では、イレギュラーな素材は扱えないということです。

     

     

    そういう意味では、教室は全員が別々のものを仕立てているので手順を合わせなくても良いわけで、ある程度その人のレベルに合っているものであればOKということにしています。

     

    教室の一番の良さは、定期的に通うことにより時間的な制約を受けずに物作りが出来るということ。

    多少イレギュラーなものでも時間さえかけてくれるならば問題はないということです。

    もちろん貼り込みから大きくはずれるようなものはダメですよ。

     

    例えば、つい先日出来上がった柾女さんたるしるみちる)の作品がこちら。

    柾女さんが織られた佐賀錦を使って作られた、柾女さんデザインの三角型のバックです。

     

    筥迫工房の講座にはまだバッグは出てきていませんが、いつかは抱え用のバッグぐらいは講座に入れたいとは思っていたので、私の袋物の知識内で、型紙の添削や素材の扱い方、芯材の選び方、袋物の考え方などをアドバイスさせていただきました。

     

    柾女さん曰く「これぞと思ったバッグは職人さんに仕立てに出すけれど、ちょっとした簡単な作品なら自分で仕立てられるようになりたい」とのことで挑戦していただくことになりました。

     

     

    同じ貼り込みだし、大きさの違いはあれ懐中物とそれほど作り方は変わらないのですが、大きさの違いで布の厚みが異なり、その芯材の選択や型紙の考え方が違うので、バッグの作り方の本を参考に、柾女さんとあーだこーだと意見を交わしながら作りました。

    (このバッグは佐賀錦の作品展に展示されるそうです。ブログの最後にご案内させていただきますで、ご興味がおありの方は是非どうぞ)

     

    他にもN.Nさんは籠千代田お針箱の作り方を参考に、違う形の籠を使って籠千代田を作っています。

     

    ただし、筥迫工房のカリキュラムから外れたものを作る場合は、ある程度貼り込みに慣れているレベルであることが大前提です。

    あくまでも自分主導で考えて型紙も自分で作ること、初めから上手く出来ることはありえないので、試作を繰り返し作る気力がないと挑戦することは難しいのであしからず。

     

     

    作品が出来るタイミングがそれぞれなので毎回撮影はできないのですが、昨日はまとまって作品が出来ていたのでご紹介させていただきます。

     

    K.Nさんの作品(月見型紙入)

     

    K.Oさんの作品(携帯裁縫用具入&ハサミ入)

    シルクピンにビーズを通して、ビーズ用の接着剤で止めただけだそうです。

    ちょっとしたアイデアですが可愛いですね。

     

    K.Nさんの作品(携帯裁縫用具入&ハサミ入)

     

    E.Tさんの作品(四ツ襠紙入)

    E.Tさんは先月の『四ツ襠紙入』の講習会で急用ができ、作業途中で帰宅されました。

    その残りの作業を教室の1日チケットを購入して今日作業されました。

    そんな利用の仕方も可能です。

     

     

    最近は席が増えたので教室の予約も取りやすくなりました。

    講習会のように熾烈な予約競争をしなくても、お好きな日にまったりとマイペースでお好きな型を作れるので、平日の火曜日にお休みが取れる人であれば教室はおすすめです。

    現在講習会に通われている方なら、空席がある限りはいつからでも参加できます。

    教室空席状況(1月以降の予定は近日中に公開予定)

     

    ただし、講習会、教室とも、初心者の方は「金封袱紗(講習会のみ)」の受講が必須です。

    金封袱紗は道具類を全て揃えて受講していただく必要がありますので、本気になれるかどうかわからないという方のために、来年から初心者対象、道具貸し出しの「携帯裁縫用具入」を始めることにいたしました(初回は1月予定、日未定)。

    まずはこちらを体験してみて、貼り込みが楽しいと思えば、「金封袱紗」を受講し、その後に講習会または教室のどちらかに進めばよいか判断していただければ良いのではないかと思います。

     

     

    柾女さん所属教室の作品展ご紹介

    手織佐賀錦 毛利教室 第46回 愛光会作品展

    10月25日(金)〜28日(月)

    午前11:00〜午後5:30 (最終日は午後4:30まで)

    銀座ギャラリーボヤージュ 

    東京都中央区銀座5丁目4番15号 銀座エフローレビル5階

    tel:(03)3573-3777

     

     

    今時こんなマイナーなブログ形式だし、アクセス数は大体一定しているのですが、一昨日は今までと比較にならないぐらい飛び抜けたアクセス数になっていることに気がつきました。

     

    何かあったん?(冷汗)

     

     

     

    筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

     

    ▼筥迫工房の講習会

     

    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

     

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。

     

    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。
     

    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ

    にほんブログ村

    【2019.10.23 Wednesday 10:04】 author : Rom筥
    | 教室(つたえ) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    教室通信:指貫とマイペース
    0

      昨年副科の教室(つたえ)が始まってから10ヶ月ほど経ちましたが、当初の目的通りゆっくりとマイペースに、それぞれが自分のしたい方向に自由に進んでいく。

      そんなやり方に、教室に通う人たちも馴染んできたようです。

       

      今後は教室で出てくる面白い話題を「教室通信」のトピックスとして出していきたいと思います。

      それでは今回は「指貫」の話題から。

       

      (こちらの画像は以前私が作ったものです)

       

      先日、貼り込みで作る「指貫」を作っていたM.Wさんが、作り終わってからボソッと一言。

       

      「でも私、指貫使えないんですよね。」

       

      すかさず「私も!」と挙手した人がもう一名(K.Nさん)。

       

      急遽、指貫レッスンと相成りました。

      まぁ教室では講習会のように時間に追われて作業することはないので、このような寄り道が自由にできるワケですが。

       

       

      糊で作る貼り込みとはいえ、所々針作業はあるもので、針と糸は欠かせません。

      筥迫工房の講習会でも、二つの裁縫用具入れを作ることができます。

       

       

      M.Wさんの作品

      女性にとって「裁縫用具入れ」というのはいわゆる萌えアイテムのようで、この携帯裁縫用具入れは筥迫工房一番人気の型です。

      今年の講座にはありませんでしたが、来年からまた講習会のカリキュラムに復活する予定です。

       

       

      指貫を使わない人が多い

       

      私が講習会を始めてびっくりしたことの一つに、「指貫を使わない」人がとても多いということ。

      筥迫作りなんてものを探り当てて来るような人たちは、あらゆる手芸のジャンルを渡り歩いて来たような人が多いので、指貫は普通に使うものだというイメージがあったからです。

       

      割合としては「半数以上」の人が使っていないかも。

      そうなると、あえて「使わない」のか?と逆に疑ってしまいますが、指貫を使えるのに使わないことは、結局使えないに等しい、と思えるぐらい、使い慣れたら外せないものが指貫なのではないかと考えてみたり(なんて回りくどい)。

       

      「指貫を使いたいけど、どう使えばいいのかわからないんですよねぇ。使えたらカッコイイとは思うんですけど。(M.Wさん)

       

      指貫使いが「カッコイイ」と言われたのは初めてですが、私自身は針を持ったら指貫を付けないと落ち着かないので、日本刺繍を始めたばかりの頃は、針を持つのに指貫をしないことがちょっと不自然に感じたぐらいです。

       

       

      H.Sさんの作品

      これは講習会で作ったものだったか、、、?

      とりあえずお持ちだったので撮影してみました。

       

       

      はじめての運針(動画)

       

      私は実家が「仕立て屋」だったので、小さい頃からミシンで物を作って遊んでいたという環境もあり、小学校高学年では確実に指貫を使っていた記憶があります。

       

      父からまつり縫いを教えてもらうときに「指貫を使え」と渡されて、四苦八苦して使った記憶があります。

      実家では既製品の直しの仕事もしていたので、「小学生のときにスラックスの裾を「まつり縫い」してお小遣い稼ぎをした」と教室の人には言いましたが、よく考えてみたらバイトをしたのは中学生ぐらいだったかも。

      高校生になる頃には「まつり縫い機」が入ったので、私のお小遣い稼ぎもそこまででしたが。

       

      M.Wさんはご自宅に帰られてから「運針WS」を検索したそうですが(笑)、左手を一緒に動かす運針の動作はミシンを使っていると出てこないので、私のようにスカートやズボンのまつり縫いぐらいで指貫には慣れると思いますよ。

       

      そういえば、自分の服を作り始めた頃に「サーキュラースカート」なんてものを作った思い出があります。

      ダンスをしながらクルクル回ると、スカートのフチが円状に広がるやつですね。

      このサーキュラースカートの裾をまつったときに、もう二度と作るものかと思いました(延々と終わらない)。

       

       

      一応、指貫を使うための参考に動画を探してみました。

      わかりやすい動画なので、この機会に指貫に慣れてみたい!という方は練習してみてはいかがでしょうか。

       

       

       

      仕覆と指貫

       

      袋物仲間として「仕覆」を習っている方お二人に、それぞれ指貫について聞いてみました。

       

      貼り込みより針を持つ時間の長い仕覆のこと、指貫を使えない人が仕覆を習い始めた時に、指貫を使う練習なんぞするんでしょうか?

       

      聞いてびっくり、仕覆でも指貫を使わない方が多いとのこと。

      ちなみに一人の方が通う教室では、先生もしていらっしゃらないとのこと。

       

      仕覆は運針ではなく縫い返しであることと、かがりなどの太い針を使う部分や硬いところは、目打ちで先に穴を開けておく、もう一人の方はヤットコで引き抜くから、あまり必要と思われないのかもとのこと。

       

      K.Nさんの作品

       

      しかしながら、指貫が存在するということは、それがとても便利な物だということで、非常に存在価値のあるものだと私は思っています。

      最近めっきり記憶を留めておけなくなった父(87歳)にこの話をしたところ、珍しく楽しそうに反応していました。

       

       

      筥迫につきものの「千鳥掛け」は厚紙と一緒に縢るので指貫があった方がいいですし、「帛紗挟み」もヤットコが必要なほど力のかかる縢りです。

      「式部型小物入れ」も指貫がないと怪我をする恐れがあるので、できれば使って欲しい。

       

      「籠千代田お針箱」の巾着部分は縫って作るので、それこそ手縫いで運針するには短くてちょうどよい距離です。

      指貫が使えないと言っていたお二人には、是非、籠千代田お針箱を作って、指貫も一緒に入れてあげてくださいとお勧めしておきました。

       

      なんといっても「指貫が使えるのはカッコイイ!」ということなので、是非指貫使いで周りに差を付けてしまいましょう(差をつけるのはそこかい)(笑)。

       

       

      おまけの話題

       

      指貫レッスンの後で、この二人が別の話題で盛り上がっていたので「なんの話?」と首を突っ込んでみると、

       

      M.Wさん:「お花のおはぎがあるらしい。食べてみたい〜」からの

      K.Nさん:「えっ、私この前食べたよ?」

       

      なんのこっちゃ?というあなたには、K.Nさんからいただいた画像をお裾分け。

       

      これが、「おはぎ」だなんて信じられますか?

      オーダーメイドで作ってもらったものだそうです(それも凄)。

      お花(あんこ)の下にもち米があるのかしらん?

      ちなみに桐箱に入っているんですと。

      しかし本物の花よりも儚い花ってことですねぇ。

       

       

      真剣モードで緊張感漂う講習会とは真逆に、副科の教室は今日もマイペースに和気藹々です。

       

      まったりモードでも、皆さん定期的に通っているので、確実に上達していくんですよ、これがまた。

       

       

       

      筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

       

      ▼筥迫工房の講習会

       

      ▼筥迫掲示板
      筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

       

      ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
      こちらのQRコードからアクセスしてください。

       

      筥迫工房へのお問い合わせ
      ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
       そのような場合も、こちらからご連絡ください。
       

      もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。

      にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ

      にほんブログ村

      【2019.08.24 Saturday 22:34】 author : Rom筥
      | 教室(つたえ) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      副科・教室 近況
      0

        今回はちょっと慣れてきた副科・教室「つたえ」のことを書いてみたいと思います。


        l

         

        この写真は、去年の夏頃に撮影したものです。

        教室設立のために永石先生と打ち合わせをしていた頃でした。

         

        夕立の後で草木が瑞々しい季節でしたが、今は冬なのでここまで緑はないですが、先日は玄関の脇にポツンとクリスマスローズが咲いている様に癒されました。

         

        この「つたえ」は、着付け教室を開催している永石秀子先生のご自宅をお借りして行われています。

        教室は玄関を入って奥の部屋で、時々手前の部屋で着付け教室と一緒になることもあります(ほとんど交わることはありませんが)。

         

         

        お教室の広さは、本科の講習会が行われているお針子会の教室よりも少し小さいぐらいです。

        大きなテーブルを四人で使い、奥に一人用の補助席があります。

        「空席状況」には通常4名となっていますが、それがこの大きなテーブルの枠で、状況によって補助席にもう一名入ることができるということです。

         

        講習会は全員が一斉に同じ型を作るので、講師のデモンストレーションを見てすぐに作業に入るという形で行われますが、1日講習ということもあり、かなりのすごいスピードで進んで行くため、しっかり理解して進んで行くというよりは、いかにして短時間で完成度の高い作品作りをするかというのが最大の目的です。

         

        ただし、これは講師のいうなりに手を動かしているにすぎないので、自宅に帰ってからゆっくりとマニュアルを見ながら講習会の内容を思い返して反復しないと、全く身につかないということになるので注意が必要です。

         

        しかし、教室では全員がそれぞれのペースで違う物を作るので、各自マニュアルを見ながら自分で考えて進めていかなければなりません。

        わからないところは講師を呼び止めて解説してもらいます。

        講習会のように講師は常に目を光らせていられないので、間違ったまま作業してしまうことも多々あります。

        しかし、それは指摘された段階でやり直せばいいだけなので、その失敗もしっかり理解して作業することができるわけです。

         

        講習会のハイペースに慣れている方が教室に参加されると、初めはジレンマを感じるかもしれませんが、定期的に通うことにより、その場での完成度ではなく、着実にその人自身の技術を積み上げて行くことで、将来的にコンスタントに完成度の高い作品が作れるようになることを目指します。

         

        マニュアルだけで自分で考えて作って行くことに慣れるので、並行して通信講座にチャレンジする人が多いのも教室の特徴です(途中でつまづいても、そこから教室で作業すればいいだけなので)。

        意外と自習率も高いのが嬉しい誤算。

         

         

        講習会は受講したい講座のタイミングが合わないと中々予約が取れないので、教室で一から貼り込みを習うこともできます。

         

        しかし全員が違う作業をする教室では、講習会のように付きっ切りで教えることはできないので、マニュアルを見ただけでは作れない初心者の方はエサを待っている雛よろしく、そこから動くことができません。

        つまり一つ作るのにとても時間がかかってしまうので、始めの1〜2個作るまでが初心者扱いとし、初心者がいる日は補助席を使えないようにしています(空席状況の補助席の欄に「×」がある時)。

        ちなみに、講習会で「金封袱紗」を受講した方が教室に参加される場合はすでに経験者扱いです。

         

        よく「金封袱紗を教室で受講することはできないのですか?」と聞かれますが、金封袱紗は型を作ること半分で、あとの半分は「貼り込みの基本」を細かく講義するという内容なので、これだけは教室で行うことはできません。

        貼り込みの基本を知っておいた方が効率よく作業を進めることが出来るので、金封袱紗の講座は並行して受講しておくことをお勧めします。

         

        こちらはお教室のアイドル猫「れんちゃん」。

         

        つたえには二匹の猫がいて、もう一匹は 「みすず」といいます。

        れんちゃんとは見た目がほぼ同じで(兄弟?)、顔がもうちょっと白いぐらいだったか?

        みすずは人見知りなのでほとんど人前には出てきませんが、れんちゃんは必ず本日のメンバーをチェックしにきてくれます。

         

        永石先生曰く、れんちゃんの名前の由来は「瀧廉太郎」、みすずは「金子みすゞ」からきているそうです。

         

        世間には猫アレルギーの方が多いようで、こちらとしてはその方が参加される日にれんちゃんを二階に隔離してもらうことしかできません。

        それでも部屋には毛などが残っているとは思いますので、気になる方は短時間の見学に来て反応をお確かめください。

         

        猫好きな方には毎回大歓迎でむかえられるているれんちゃんでした。

         

        抱っこされても物怖じしません。(でもあまりしつこくしないであげてね)

         

         

        チケット購入について

         

        教室の参加者も出始めこそポツポツ状態でしたが、最近はほぼ埋まってきました。

        講習会のように1日で型が作れるわけではないので、単発で部分的に復習するという以外は、連続して参加しないとあまり意味はないので、ほとんどの方が連続チケットを買われます。

         

        三ヶ月ごとの申し込み期間に分けているのは「人数調整」のためです。

        新規にチケットを購入される方は、初回のみは申し込みされている期間の中でしか予約が取れません。

        現在は4月まで満席なので、新規の方は募集しておりません。

         

        新しくチケットを購入したい方は、第2期の5月〜6月の間で予約を取っていただくことになります(申し込み開始4月1日)。

        すでにチケットを購入されている方は、予約状況に表示されている期間であれば、常時3回分予約を取ることが出来ます。

        つまり、チケットを持っている方が優先して予約が取れるようになっているということです。

         

        ただし最後のチケットを使い切った後に、新たにチケットを購入し直すと新規扱いになってしまうので、次の申し込み開始日を待ってからの購入になります。

        優先して予約を取りたいならば、最後のチケットを消失する前に次のチケットを購入することをお忘れなく。

         

         

        マニュアル、型紙の取り扱い

         

        以前からショップで販売している教本の種類を増やすということを言っていましたが、最近著作に関する問題が発生し、筥迫工房のマニュアルや型紙の権利を守ることを考えざるを得ない状況になりました。

         

        貼り込みの技法は現代ではほぼ途絶え、教えてくれる先生も、受け継がれてきた資料もないところから、私が一から型紙を起こし、過去の書籍を掻き集め、古い袋物を解体しながら技法を築き上げてきたものです。

        時間をかけ苦労して作り上げてきたものが、安易にコピーされ、自分の知らないところで広まって行くことほど悲しいことはありません。

         

        これほど緻密に作っている型紙が、見知らぬ第三者に出回ってしまった場合、その過程で安易な作り方に劣化して行くことは確実で、未熟な作品が手作りサイトに出回るのは目に見えています(世の中は簡易な風潮に流れやすいもの)。

         

        今後も型が増えれば増えるほど、色々な問題が発生するだろうということが考えられます。

        こちらがしっかりとしたスタンスを持ち、解決できる道筋を整えない限り、安易に第三者に販売するのもいかがなものかと考えるようになりました。

         

        お互いに顔を付き合わせて関係を築くような講習会や教室では、筥迫工房の考え方もダイレクトに伝わりやすいのですが、最近はそれでさえ汲み取れない人が増えてきたので、金封袱紗の段階でマニュアルや型紙の取り扱いについてしっかりと伝えています。

         

        そして、ショップで「縢襠付筥迫」以外の型が発売されることを待っている方には大変申し訳ないのですが、縢襠付筥迫以外の型は当分の間、講習会や教室でしか扱わないことにします。

         

        それには、今後ショップで販売する教本も、また形態を変えることになります。

        内容は変わらないので、すでに教本をお持ちの方は買い直す必要はないのでご安心を。

         

        この回の教室で出来上がったのはこれらの作品です。

        初めての方は、大体右下の「懐紙挟み(両笹)」から始められる方が多いです。

        教室で人気の型は「籠千代田お針箱」です。

        教室は各自違う型を作っているので、他の人の作業も同時に見ることができ、次はこの形あの形と夢は広がるようです。

         

         

        講師養成

         

        ショップで他の型を販売することもなくなり、講習会や教室の予約も取れにくい、rom筥も教えに費やせる時間は現状でmaxともなれば、遠方にお住いの方は益々貼り込みで作る袋物細工に縁がなくなってしまいます。

         

        そこで、現在は講師養成についての話し合いも着々と進められています。

        貼り込みで作る袋物細工を教えられる先生が各地で教室を開けるようになれば、もっと多くの方にこの楽しさを体験していただけると思うのです。

         

        今考えているのは、貼り込みの袋物細工を専門に教えることのできる講師Aと、刺繍教室などの先生が自分の生徒に簡単な型に限って教えることのできる講師B、刺繍教室などの先生が筥迫工房と連携し、型紙を使う条件を得て、生徒たちにその使い方を教えることのできる講師C(仕立ては連携の外注に出す)の存在で、すでにそれを目指す何人かの講師予備軍と打ち合わせを重ねています。

        9

        同時に仕立て職人(連携の外注)として専門に学びたい

        人も育てています。

         

        ご興味のある方は直接筥迫工房までお問い合わせください。

         

         

         

        筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

         

        ▼筥迫工房の講習会



        ▼筥迫掲示板
        筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

        ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
        こちらのQRコードからアクセスしてください。


        筥迫工房へのお問い合わせ
        ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
         そのような場合も、こちらからご連絡ください。


        もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
        にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
        にほんブログ村

        【2019.03.15 Friday 11:39】 author : Rom筥
        | 教室(つたえ) | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        ある日の教室
        0

          副科の教室は来週21日でプレが終わり、2月からは本格始動します。

          教室の構想があってから、あれよあれよと準備しているうちにプレ教室が始まり、ネットの整理に追われて副科のことを書く機会を逸し、2月の本格始動も直前となってしまったので今慌てて書いているといった次第です(苦笑)。

           

          ショップの方でも詳しく説明していますが、複雑でよくわからないという意見を聞くので(ごもっとも)、先日の教室の様子を具体的に書いてみたいと思います。(写真はそのうちアップします)

           

           

          講習会と異なる教室のキャンセルポリシー

           

          先日の教室は当初4席埋まっていましたが、お一人は8日前に振り替えを希望されました。

          教室は講習会と違って、6日前までのキャンセルであれば振り替えができます。

           

          ただし振り替えは一回のみで、その振替日をキャンセルすると1チケット消失となります。

          もうお一人は3日前のキャンセルでしたので「5日前〜当日までのキャンセル」扱いとなり1チケット分消失となりました。

          しかし次回にチケットを購入いただくと、前回キャンセルしたチケットの半額分を差し引いた額でご請求させていただくことになるので、講習会より少し気は楽かもしれません。

          (ただし次回チケット購入がなければ無効)

           

          キャンセルが出た場合、空席予約状況の表に緑のが表示されます。

          この場合、単発チケットであっても6000円になります。

          (先の説明では5000円にしていましたが、それでは複数チケットを購入してくださっている方に申し訳ないので変えました)

           

          とりあえず急に用事がなくなった、会社を休めることになった、という方は是非「予約空席状況」など覗いていただいて、このキャンセル空きが埋まって行けば良し。

          うまく行かなかったらまた別の方法を考えることにします。

           

           

          ゆっくり学ぶ

           

          つまりこの日は2名のみとなったわけです。

          まずは開始時間の12:00にM.Tさんがいらっしゃいました。

           

          M.Tさんはこの日が初めての参加です。

          教室はどこか「ゆるい雰囲気」を感じられたようで、本当は「しっかり学べる」講習会を望まれていたようですが、ご家庭の都合で日曜日の参加は厳しいとのことで教室での受講となりました。

           

          教室がゆるい雰囲気というのは半分当たりで半分違います。

          私はどちらかといえば教室でこそしっかり学べるのではないかと思っています。

           

          講習会というのは、とにかく作業ペースが早い!

          このペースについて行けないか心配する方がいらっしゃいますが、講師が一緒になって一つ一つの工程を細かく説明しながら作業するのでついて行けなかった人は未だかつていません。

          ただ受講者自身が考える時間はあまりないかもしれません。

           

          これで気がつくとあっという間に出来ているわけですが、これは結局のところ「言われるがまま」やっているに過ぎないのです。

          これが分かっている人は家に帰ったらすぐに反復練習するでしょう(これが最も効率的な上達法)。

           

          自分一人で作ってこそ自分の実になるのですが、講習会で言われるがまま作った物が自分の実力だと勘違いして反復をしない人のなんと多いことか。

           

          講習会はレベル分けなので、希望の講座を受講できるのも年に1〜3回という人がほとんどです。

          次の講座まで全く反復練習をしないまま間を空けてしまうと、何年経っても上手くならないのは道理。

           

          その点、教室は1日で一つの型は出来上がらなくとも、定期的に来ていれば少しずつでも確実に進めていけるので、手も慣れてコンスタントに力はついてくるのではないかと思っています。

           

          つまり「ゆるく学ぶ」というよりは「ゆっくり学ぶ」が正しいと思います。
           

           

          やりたいことは自分が決める

           

          M.Tさんは全くの初心者でしたが、この日は「月見型紙入れ」を作りました。

          次の方が来られるまではほぼマンツーマン。

          教室はキャンセルが多いとこういうこともあるのでお得ですね。

           

          そうこうしているうちに二人目のK.Eさんがやってきました。

          この時点で14:30、どうやら会社を早退して来られたようです。

          すでに複数チケットを購入していらっしゃるので、月1〜2回程度早退するということかな?

           

          教室の場合はそれぞれが自由に思い思いの作業をするので、教室が開いている12:00〜17:00の間であればどの時間に来て、また帰っていただいてもかまいません。

           

          さて後発のK.Eさんですが、以前キャンセルしてしまった「差込小被引出紙入」の教材を自力で作って持って来られました。

           

          講習会では中級以上のコースだと「事前作業」の材料を先に送っています。

          しかしその後にキャンセルになってしまうと、講習会では振り替えはありません

          最近は残りの教材(マニュアル等)は全て郵送して、受講料のみを返金対象にしています(キャンセルの時期によって割合が変わります)。

           

          つまり、キャンセルしても一人でマニュアルを見ながら作ることができるので、今年から始まる「通信講座」と同じ考え方です。

           

          あくまで自己流で作った型なので、少々いびつな形になっていました。

          その原因はどうやら襠の作り方と、差込小被引出紙入特有の小口の形状にあったので、それを一緒におさらいしました。

           

          そしてもう一つ、どうしても教えてほしいものがあると持ってこられたのが「香差(こうさし)」でした。

           

          香差とは、香道で自分の香木を持ち歩くための道具なのですが、小さくて私たちが作っているような袋物によく似ています(見かけは携帯裁縫道具入れを横長にしたものを想像していただければ)。

          しかし紙を使って作ったりもするので帙(ちつ)の作り方に近いかな。

           

          私自身も以前SAKURAのyayaさんからいただいたものを持っているのですが、今回K.Eさんが持ってこられた図面は、もっと単純な一枚の厚紙に香木を差す段口が三段付いただけのものでした。(サイズだけ書かれていて、あとは自分で製図するらしい)

          これならすぐ出来る形なので、小一時間ほど一緒に作りかたを考えました。

           

          その他、縢襠付筥迫の復習に来たり、「柄取り」の考え方や「切り付け」部分だけ習いに来たりと、皆さん自由にご自分のやりたいものを持って来られます。

          筥迫の刺繍図案の添削なども可なので、よほど外れたものでなければできるだけ対応するようにしたいと思っています。

           

           

          つたえの番猫、連太郎とみすず

           

          つたえには二匹の猫がいます。

          名前を「連太郎」と「みすず」といいます。

          みすずはとても人見知りなのでほとんど近寄っては来ませんが、連太郎は常に家の中を巡回しています。

          人懐っこいので日に何度かは教室の方にもやってきます。

           

          つたえの家主である永石先生から(つたえの着付け教室を主催)、「猫が嫌いな人やアレルギーの人がいるので、必ず猫がいることを書いておいてくださいね」と言われていました。

           

          すでに猫アレルギーのH.Tさんが教室に参加されていますが、そのときは猫たちは二階に隔離していただき(連ちゃんごめん!)、猫のいない状態でどのぐらい反応があるか試されていました。

          アレルギーの薬を飲んでの参加でしたが、最後の方はちょっと症状が出てしまったようです。

           

          この日も猫アレルギーのK.Tさんがご自身の猫反応を試すため見学にいらっしゃいました。

          猫アレルギーの方が結構いることに驚いてしまいますが、一時間で症状はそれほど出なかったようなので、試し試しで参加を検討するようです。

          言われない限り猫は自由に巡回させておりますので、猫アレルギーの方は必ずご申告ください。

           

           

          最後に次回の打ち合わせ

           

          講習会のように1日では仕上がらないので、次回の予約日に続きの作業を行います。

          16:30頃になるとそろそろ作業を終わらせる準備にはいるので、そこでそれぞれの方と次回の打ち合わせを行います。

           

          次回に新しい型に入れそうなときは、別途ショップにて副科の教材を注文するよう促します。

          M.Tさんは月見型をこの日で本体までを作業できたので、2回目で縢り(千鳥掛け)をして仕上げ、その後続けて新しい型を作業することになりました。

           

          新しい教材の注文の際に「送料」を入れていただければ、事前作業希望とみなして教材を先に郵送いたします。

          ホットメルト紙への複写や裁断、スジ付けまでご自宅で作業して次回持って来られれば、貼り付けから作業することができるので効率的です。

           

          もちろん面倒な人は当日の教室で全ての作業をしてもいいわけですが、当然チケット数は増えていきます。

          その場合は送料に「講習会受け取り」としていただければ、当日全ての教材をお持ちします。

           

          ちなみに複数チケットを買われた方は、予定が出ているところであれば「申し込み開始日」でなくても、三回分まとめて予約を取ることができます。

          単発チケットの方は、申し込み開始されている日程の中でしか予約は取れません。

           

           

           

          家でも作ってみたいなら

           

          そして、今回途中で終わった月見型紙入れですが、この時点で作り方のマニュアルはお渡ししているので、家で続きを作業してくることもできるわけですが、通信講座ではないのでそれはちょっとご遠慮いただきたいと思います。

           

          もしどうしても続きが作りたい!ということであれば、ご自宅で一から別の布を使って作ってきていただきたい。

          それで次回にその両方を持ってきていただければと思います。

           

          家で作った物をまずは添削し、手直しが必要と思えば前回作業したものから作ればいいのです。

          もちろん手直しの必要がなければ、そのまま次の教材に入ります。

          ここで一つ余分を作っている分けですから、手を慣らすにはとてもよいことです。

           

           

           

           

          副科の教室(つたえ)は、東京は『西巣鴨駅(都営三田線)』から徒歩5分ぐらいのところにあります。

          都電荒川線の『西ヶ原四丁目駅』を使うなら、都電の古き良き情緒を楽しみながら通うこともできます。

           

          定員は現在のところ4名ですが、補助席もあり、こちらは要相談です。

          というのも、教室では全員がそれぞれ別の作業をするので、初心者の方がいるときはその分手が回らないので補助席はなしという考え方です。

           

          今後どのように副科の教室を運営していきたいかというよりも、この教室を利用する人たちが何を望んでやってくるのかを見ながら、その需要に応え、そこに私なりの考えを加味しながら体制を作って行くという方法でやっていきたいと思っています。

          講習会がそうであったように、たぶん教室も今後どんどん変わって行くと思います。

           

          今はまだ始まったばかり。

          少人数制で、じっくり時間をかけて作る袋物細工の楽しさを感じていただけるよう努力して行きたいと思っています。

           

           

           

          そういえば最後に。

          今回のお二人はどちらも「着物女子」でした。

          K.Eさんは自宅のみならず、会社へも着物でご出勤というツワモノです。

           

          M.Tさんは和裁と帯を習っているのでお召しの物は全て自作。

          帰りがけ、着物を裾をまくってコートを羽織っているのでどうしたのかと思ったら、なんとこの姿で自転車で来られたのだとか。

           

          私なんて年一度の刺繍教室の新年会で着るのみだというのに、今年は娘がインフルエンザになりキャンセル。

          そういえば去年も羽織を羽織るだけだったから、もう丸二年は着物を着ていないなぁ(遠い目)。

           

           

           

           

          =========================

          本科・講習会 『三段口扇襠筥迫』

          =========================

          開催日:2月3日(日)

          まだお席あります。

           

          「念珠入れ」を受講している方であれば受講可能です。

          今年から縢襠付筥迫(中級)は月見型紙入れを受講していれば受講可能ですが、できれば間にこの三段口扇襠筥迫を受講しておくと、内容的に気が楽かと思います。
           

           

           

          筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

           

          ▼筥迫工房の講習会



          ▼筥迫掲示板
          筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

          ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
          こちらのQRコードからアクセスしてください。


          筥迫工房へのお問い合わせ
          ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
           そのような場合も、こちらからご連絡ください。


          もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
          にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
          にほんブログ村

          【2019.01.19 Saturday 22:54】 author : Rom筥
          | 教室(つたえ) | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |
          「2019年度講習会・教室」詳細と雑誌画像(おまけ)
          0

            2019年度の講習会と教室のネット材料を今必死に作っています。

             

            ボタン一つ作るのに何でこんなに時間がかかるんだろう、、と泣きながらの作業です。

            ネットショップは一度作ればあとは楽ですが、作り直しとなるととんでもない労力がかかります。

             

            講習会やつたえのことはブログで部分的に説明をしてそこれをまとめてネットに、、、と思ったのですが、年明けに「教室」のチケット申し込み開始(1/4)や、金封袱紗の申し込み(1/8)が始まってしまうので、ここまで来たらとブログはちょっと置いといて、日がな一日ネット作業に時間を費やす毎日。

            そのためブログが滞ってしまいました。申し訳ない、、、。

             

            今やっと1/2ぐらいまで形になったので一旦公開してみます(あくまで途中です!)。

            完成させてからの公開がいいのは重々承知しておりますが、ネットは全てリンクして(繋がって)いるので、全て完成させていたら申し込みの直前になってしまいます。

             

            特に1月4日に申し込みが開始する金封袱紗は、初めて講習会に申し込む人がほとんどです。

            直前に説明書きを全部読むより、読めるところだけでも読んでおけば安心かと思い。

             

            全てのページを揃えるのはまだもう少しかかりますが、どうかご容赦を(もう今年は年賀状も諦めた、、、)。

             

            まだ工事中のページやボタンのリンクが繋がっていないところがありますが、出来次第順次アップしていきますがどうぞご容赦ください。(何か間違いありましたらご指摘ください)

             

            とりあえず開始ページはこちらからどうぞ。

             

            これまでは講習会各講座の詳細画面と申し込み画面が同じリストにごっちゃに表示されていましたが、来年からは「講座内容」と「申し込み画面」が別のカテゴリーで分けることにしました。

             

            それと今年度は講習会の申し込み監視時間は朝の6:00でしたが、不評だったのでその前までの夜中開始に変更しました。

             

            2019年度から講習会の申し込み日の開始時間は

            0:00(前日の24:00つまり真夜中になります!

            ご注意ください!(たぶんもう変えない)

             

             

             

            『なごみ』〜特集:江戸の粋と洒落〜

             

            連日夜中までのネット作業で疲れ果てていたところ、気晴らしで見たヤフオクで、以前から欲しいと思っていたこの雑誌がたまたま安く出ていたのでここぞとばかりに買ってみました。

             

            『なごみ 特集:江戸の粋と洒落』1998年2月号 

             

            講習会の話ばかりじゃつまらないので、お茶請けにこちらの雑誌を紹介させていただきます。

             

            流行の煙草と煙草を入れる煙草入、銭や小物を収める紙入。

            江戸時代の人々が身につけた嚢物はオーダーメイド。

            それゆえ持つ人の好みと感覚が如実に現れる。

            伊達男は革製で男っぷりを競い、裕福な女たちは舶来思考に走る。

            嚢物彩々、人彩々

             

             

            平野英夫さんがコラムを書いているので、中の画像はまぁ見慣れた袋物が多いですが、それでもやはりいいなぁ昔の嚢物は。

            疲れたときはこんな袋物を眺めていると心が和みます。

             

            嚢物……ふくろもの、のうぶつとも読み、広辞苑では、「ふくろに入れるもの、ふくろ状のもの…」とある。現今では、むつかしい。

            “嚢物”と書くよりも“袋物”と当てはめた方が、万人に受けるのだろうが、あえて今回は、江戸、明治時代の嚢物全盛の頃の“嚢物”の漢字を使わせていただく。(平野英夫)

             

            わかる、わかる、筥迫工房が目指しているのもこの時代の物なので、簡単に“袋物”としてしまうとちょっとのニュアンスが相手に伝わらないような気がしてしまうのです。

             

            いや、相手は“嚢物”なんて書かれた方が訳わからんとは思うのですが、“袋”より“嚢”の字の方が複雑でしょ?だからそのぐらい外見も中身も凝っているんだって、ということが言いたい訳です。

             

            だから私もわざわざ“筥迫”という字を使っているのですが、さすがに“嚢物”は画数が多すぎて現代ではちょっと使いづらいこともあり、専ら最近は“袋物”にしています。

            せめても“袋物細工”にして他の袋物と一線を画してみた、というのが私のささやかなこだわりです(笑)。

             

            この“袋物細工”という言葉も、あくまで私たちが講習会で作っているような袋物のレベルであって、やはり工芸的な細工を施すようになると、どうしても“嚢物”という言葉を使いたくなるとは思いますが。

             

             

            右図、日本橋芸者が懐中しているのは筥迫に非ず。

            これは「懐中鏡入」です。

             

            鏡入とはいっても、まぁ作りは紙入と一緒です。

            紙入れに鏡を入れているから鏡入というだけのこと。

             

            鏡入には貴重品であった鏡をしまうための仕切がある。

            紙入、筥迫とほぼ同様、小物を携帯するために使われていたと考えられる。

            筥迫ほど飾りたてたものではないが、舶来の裂・金唐革を用いている華麗なもの。

             

            懐紙は中に入れずに紙入れの外にぐるぐると巻く(笑)。

            その上から胴締めのように花鎖や留め帯で締める(落とし付)。

            筥迫のように合わせた襟に横に入れるのではなく帯に縦に突っ込むという大胆さ!

             

            そして鏡を引き出すためのど派手なストラップ(花鎖+根付)をじゃらんと付ける。

            この手の花鎖が付いている=鏡入れだということになります。

            四ツ襠に鏡を入れてそこにストラップを垂らせば、これは鏡入れと言えます。

             

            おばさんたちには筥迫の大きなびら簪はちょっと恥ずかしくてつけづらいですが、花鎖ならちょうどよいと思いますので、これからは鏡+ストラップだな!と密かに思うRom筥です。

             

            以前私も鏡入れの試作品はいくつか作っているので、すでに構想は出来ています。

            四ツ襠紙入れの横長版で、胴締めに当たる留め具にどうやって凝るかで止まっていますが。

             

            鏡入れは筥迫と違って刺繍などの装飾はなく、ひたすらこの胴締めがメイン。

            胴締めの素材になにを使うかそれこそ様々で、これこそ現代人(それも筥迫工房で袋物細工を作っている人たちには)には夢のように楽しい世界です。

             

            しかしそこはこだわりで作るもの。

            簡単には考えられないほど材料集めが大変そうだし(お金もかかりそう〜)、中の仕立ても凝っているし(上級以上)で、ハードルが高いのも事実。

            こういうものだからこそ、ちゃちに作りたくないしねぇ。

             

            いつかブログでもご紹介できるよう、もう少し時間をかけて練ってみます。

             

             

             

            筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

             

            ▼筥迫工房の講習会



            ▼筥迫掲示板
            筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

            ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
            こちらのQRコードからアクセスしてください。


            筥迫工房へのお問い合わせ
            ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
             そのような場合も、こちらからご連絡ください。


            もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
            にほんブログ村

             

            【2018.12.24 Monday 09:44】 author : Rom筥
            | 教室(つたえ) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |