『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 江戸時代の筥迫 その1 〜Rom筥作品11-3〜 | main | 十三参り 〜十三参りとは〜 >>
江戸時代の筥迫 その2
0
    この箱の中がどのような形状になっているのか、この頃の筥迫を開いた資料がないのでよくわからないのですが、とりあえず、私が集めたアンティーク筥迫の中から、中箱が箱になったものを探し、これを模して作ってみました。
    こんな形だったのでしょうかねぇ。



    こんなものを胸元に入れて生活する人たちって…と思ってしまいますが、江戸時代の女性を描いた絵を見みますと、どれもこれも襟元はかなりゆるゆるズルズルです。
    こんな着こなしなら大きな筥迫を入れることに抵抗がなかったのかもしれませんが、それにしても、この大きさに豪華な装飾を施した筥迫が胸に入っていたら、嫌でも目がいくでしょうねぇ。
    もしかしたら、筥迫が歩いているぐらいの存在感だったかもしれません。
    所有者の財力、権力をアピールするためには、これ以上はないというぐらいの道具だったと想像できます。
    この時代の筥迫を知っていると、時代劇などのピシッとした着付けを、また違った目で見ることができるようになります。

    ちなみに、篤姫(13代将軍徳川家定の正室)の筥迫は、初めから置いて使うものとして作られたそうです。
    大きさで他の大名家の姫君と格の違いを見せつけたんですね(しかし胸に入れられないほどの厚みのものを筥迫って言うんでしょうかねぇ?)。

    では、この厚みの筥迫を現代の人が胸に入れるとどうなるのか?
    いい画像があります。
    中村福助オフィシャルブログ
    どうしたって襟元崩れてしまいます。
    これでも紙入れの部分は薄いし、江戸時代のものより全体的に小ぶりの気がしますが、まぁ本物のあの厚みと大きさじゃ、お芝居に集中できないというものです。

    「江戸の手わざ ーちゃんとした人、ちゃんとした物ー(文化出版局)」という本で、江戸袋物職人の幸岩久男さんが(この方は袋物全般のスペシャリストです)、
    「女形の筥迫も胸がない分、厚みをつけるの。舞台では目立たないとね」とおっしゃっていたのを思い出しました。



    なるほど、それで歌舞伎の筥迫は、江戸時代のものに近い箱形なんですね。
    しかしこれだけ面積があると、装飾のしがいがありますねぇ。
    いつか本格的に装飾を施したものを作ってみたいです。

    世の中が沈みがちながらも、少しずつ平常の生活を取り戻したこの頃ですが、気分的にはなかなか元の精神状態には戻れません。
    作りかけの婚礼用和装小物の作り方(教本)と、十三参り用の筥迫刺繍をやらなければと思いつつ、ため息ばかりでどうしても手が進みませんでした。
    何か気分を変えるきっかけを作らなければ、、、というときに、この中村福助さんのブログを見つけました。
    そして、今まで全く手をつけていなかった、新しい筥迫(元は古いですが)を作りたくなりました。
    あくまで試作ですが、おかげでなんだかちょっと抜けたような気がします。
    【2011.04.15 Friday 11:52】 author : Rom筥
    | 江戸型筥迫 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック