『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 江戸時代の筥迫 その2 | main | 十三参り 〜撮影〜 >>
十三参り 〜十三参りとは〜
0
     さて、今年のRom筥の目標『十三参り(十三詣り)』の撮影がやってきました。
    友人のお嬢さんで、ちょうど今年、中学生になる二人の女の子にモデルをお願いして、GW中に十三参り用の撮影(もちろん筥迫を付けて!)を行う予定です。

    関西ではメジャーな十三参りも、関東では「何それ?」という人が多く、私自身も十三参りという言葉を初めて聞いたのは筥迫を作り出してからのことです。
    こんな私が十三参りを語るわけにはいきませんので、とりあえずウィキペディアの内容をそのまま引用いたします。

    十三参り(じゅうさんまいり)は、旧暦の3月13日(現在では月遅れで新暦の4月13日)の間、数え年13歳に成った少年少女が元服を迎え大人と成ったことに感謝して、これから先の万物の福徳と英知を授かるために、虚空蔵菩薩に参詣する行事。
    それで別名、知恵詣り、または、智恵もらいとも云う。
    初めて大人の寸法(本断ち)の晴れ着を着るが、事前に肩上げをしておいて着用する。帰宅するとすぐにほどく。
    必ずしも晴れ着でなくて良い。

    半紙に自分が大切にしている漢字一文字を毛筆でしたため供え、ご祈祷を受けて、帰りにはお守り・お供物を頂いて帰り親に感謝を述べる。
    お守りは身につけるようにする。
    参詣の帰路、本殿を出たあと、後ろを振り返ると、せっかく授かった智恵を返さなければならないという伝承があって、狭い長い石段を降リ切った鳥居をくぐるまでは、または渡月橋を渡り終わるまでは周囲の誘いにも動じず後ろを振り向かないで貫き通す習俗がある。【お参りの前に子に教えておくことをすすめる】
    空海がそれによって飛躍的に記憶力を増大させたと言われる虚空蔵求聞持法に由来する。
    また、13歳という年齢が元服の時期と合致するため、一種の通過儀礼として伝承された。

    関西では七五三よりも、こちらの方が盛んで、中でも、京都嵐山の法輪寺・奈良の弘仁寺が有名である。 
    最近では関東でも徐々に盛んになりつつあり、浅草寺では3〜5月にかけて上記と同様の参拝客が目に付くようになった。

    ※虚空蔵菩薩
    虚空蔵菩薩とは広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った菩薩、という意味である。そのため智恵や知識、記憶といった面での利益をもたらす菩薩として信仰される。

    この十三参りを知ってから、いつか絶対に撮影をしたいと思っていました。
    女の子にとって、筥迫を付けるに最もふさわしい儀式と思っていたからです。
    筥迫は、典具帖(てんぐじょう)という当時の生理用品を入れて携帯するための入れ物でした。
    以下は『ロリエ』のHPから引用したものですが、今は内容が変わってしまったようで、このページはありません。

    江戸時代に女性が懐中して用いた典具帖とは、もむと脱脂綿状になる和紙で、美濃紙や俗にさくら紙といわれ長く使われました。一帖:50枚を、1月経期間に使ったそうです。江戸時代、成人女性はこれを箱迫に入れて身につけていました。 〜中略〜 月経の手当に使う紙を入れていたので、成人女性のしるしでもありました。

    筥迫は『紙入れ(紙挟み)』から進化した形なので、平安時代の頃から使われていた典具帖は、正確には筥迫というよりも、紙入れに入れて使っていたのだと思いますが、江戸中期以降、筥迫というものが登場して、より大人の女性を象徴する物になったのかもしれません。
    現在では、十三参りと言えば「合格祈願」や「卒業・入学祝い」の意味合いの方が強いような感じがしますが、もともとの意味は、ちょうどこの頃に初潮を迎える女の子ための成人儀式だったのですから、十三参りに筥迫を使うのは最もふさわしい!という思いがありました。

    一般的に筥迫と言えば、七五三か花嫁さんという印象があります。
    十三参りが関西の風習ならば、七五三は関東の風習です。
    七五三という言葉が使われるようになったのは明治の頃からで、今のように一般的に祝われるようになったのは大正以降のことだそうです。
    その頃は、武家の花嫁スタイルを再現した黒引きずりや筥迫が流行していたので、七五三スタイルは自然と花嫁衣装を模した形になったのかもしれませんが、七五三の筥迫はあくまでお飾りでしかありません。

    「智恵もらい」の儀式と一緒に、大人の女になった証しとして、本身裁ちの着物を着せ筥迫を持たせることは、十三参りを迎える女の子たちに自覚を持たせるとてもよい機会になるのではないかと思います。

    今はGWのお天気がよいことを願うばかりです。
    【2011.04.28 Thursday 18:38】 author : Rom筥
    | 十三参り用筥迫 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/981665
    トラックバック