『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 十三参りの筥迫 〜Rom筥作品11-4〜 | main | 婚礼用筥迫 〜kumiさんの作品〜 >>
2011年5月 十三参りの筥迫 『刺繍端切れ 菊とラインストーン』
0
     
    表布:刺繍生地、ラインストーン
    内布・玉縁:濃紅
    打ち紐:濃紅
    房糸:専用房糸(濃紅)、銀糸
    かがり糸:濃紅
    緒締:珊瑚玉
    ----------------------------------------------------------------
    実を言いますと、十三参りには日本刺繍で2つの筥迫を作る予定でした。
    しかし一つは撮影に間に合わず、急きょこちらの筥迫を仕立てることになりました(汗)。
    以前、東京目黒の「池田」で購入していた、刺繍の入った着物地のハギレです。
    運良く、着物の柄とも合うものだったので助かりました。
    ミシン刺繍ですが、刺繍があるというだけで、筥迫がぐっと引き立ちます。

    もう一つの日本刺繍の筥迫と比べると、ちょっとかわいそうな気がしてラインストーンなど付けてみました。


    あまり付けすぎると品がなくなりますが、小さくキラキラ光った方が筥迫としては効果的です。
    サイビノールで接着できるので、簡単な装飾としてもオススメです。
    悲しいかな今時の若い子には、日本刺繍よりもこのような装飾物の方が喜ばれるかもしれません。


    びら簪は、若い子が付けるとほんとうにかわいらしく見えますね。
    花嫁さんが身につけると、なんとなく色気を感じますが、頭につけるびらびら簪も、元は未婚の女性しか付けないものでした。
    ちなみにこの簪は、正式には「筥迫びら簪」と言って、筥迫専用のびら簪です。頭に付けるものではないのでご注意ください。
    こんなものを付けるのは恥ずかしいな〜と思うような年になったら(あくまで自己申告ですよ)、びら簪は外して房だけにするというのもステキです。



    ちなみに、私はびら簪は筥迫の横幅に揃えないで、少し引き出すようにセットしています。
    江戸時代の頃の筥迫や横挿しのびら簪は、平打ちの部分が完全に飛び出るような状態で飾られています。
    筥迫は右半分が襟の中に隠れてしまうのですから、左半分の装飾までびら簪の鎖で隠してしまわないようにとの思いからです。


    この筥迫は玉縁に濃紅色を使ったので、「濃紅」のセットを使って飾り房を作りました。
    この色はそのうちショップの方にも出すつもりです。
    ご要望のあった「黒」、差し色として便利な「水色」「黄緑」も順次出して行く予定です。



    色合わせの種類をもっと増やしたいとは思うのですが、同じメーカーで揃えることが難しく、それぞれ「微妙に」から「かなり」まで、使いやすさが違います。
    例えば、今回飾り結びに使った濃紅の「打ち紐」のメーカーではたくさんの色を扱っているのですが、つるつる滑ってほどけやすいので、結んだらすぐに糊付けする必要があり、初心者にはかなり難しいかもしれません。

    千鳥掛けをするための「かがり糸」は、何と言っても絹糸が扱いやすいのですが、絹糸は高価なので在庫として数を揃えることができません。
    そこで今回、かがり糸にアクリルのものを扱うことにしました。
    アクリルのかがり糸は、撚りが均一にかかって仕上りは美しいのですが、こちらもツルツルすべって扱いにくい…。
    初心者の方は、とにかく扱いやすい基本の「赤セット」で慣れてから、色々な色を使ってみてください。

    もう一つ、今回の筥迫に使われている「珊瑚」の緒締めも出す予定です。
    これまで、胴締めと落し巾着のストッパーを「ビーズ」としていましたが、実際にはこれは「緒締め(おじめ)」と言います。
    これもまた回を改めてご説明したいと思います。

    とにかく、材料は色々あるのですが、販売となるとなかなか難しいものがあります。
    どうしてもこんな色がほしい!と言う方は、こっそり問い合わせてみてください。
    裏から販売できるものもあるかもしれないというところが、小さなショップのよいところです(笑)。

    **********************************************
    筥迫の作り方&材料販売 筥迫工房
    筥迫工房へのお問い合わせどうぞこちらから
    **********************************************
    【2011.05.07 Saturday 09:33】 author : Rom筥
    | 十三参り用筥迫 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/981669
    トラックバック