『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 婚礼用和装小物の作り方 モニター2号さんレポート | main | 撚り房 販売開始 >>
婚礼用和装小物の作り方 発売開始!
0
    皆さま、お待たせいたしました!
    婚礼用和装小物の作り方』の発売を開始いたしました



    A4フルカラー/10ページ/型紙1枚/ファイル付
    定価:1,200円



    【内 容】
    ●「筥迫」及び「婚礼用和装小物」表布の必要サイズの目安
    ●懐剣入れ
     1)型芯の作り方
     2)袋の作り方
     3)房紐の作り方
     4)菊結び(楔形)の結び方
     5)房紐の結び方
    ●抱え帯の作り方
     (表布のはぎ合わせ方付)
    ●丸ぐけの作り方
    ●懐剣型紙

    こちらの教本は、以下の材料を使うことを前提として解説されています。

    【懐剣入れ】
    懐剣材料セット<赤><白> 各880円
    懐剣材料セット<色材料なし> 各400円

    懐剣材料セット<赤>、<白>は、教本に作り方が解説されている「切り房」を作るための材料がセットされています。
    <赤>、<白>は、房の色です。
    紅白の房を作りたい方は、追加で単品の「懐剣用房糸」(250円)をご注文ください。
    紅白金の房を作りたい方は、追加で単品の「懐剣用房糸」(250円)と「アクセント用金糸・銀糸」(140円)をご注文ください。

    懐剣材料セット<色材料なし>は、赤、白以外の色材料で切り房を作りたい方、または出来合いの「撚り房」を使いたい方のためのセットです。

    ・別の色で作る
    赤、白以外の懐剣用色材料で現在揃っている色は「ピンク」「菫(すみれ)」「若草」の三色です。
    これらの色を選択される場合は、追加で単品の「懐剣用房糸」(250円)、「懐剣用打ち紐」(230円)をご注文ください。
    ※筥迫用房糸と懐剣用房糸は同じ房糸を使っていますが、
     筥迫房は一袋で4つ分、懐剣房は一袋で2つ分がちょうどできる
     分量になっています。
     必ずそれぞれの房糸を選択してください。

    ・撚り房を使う
    切り房を作る自信がない、、または切り房を作る時間がない、、といった方には、出来合いの「撚り房」をご用意しております。
    ※こちらはまだ準備中です。

    【丸ぐけ】
    丸ぐけを作られる方には、ソフトタイプの「丸ぐけ用 持ち手芯」(230円)をご注文ください。

    【抱え帯】
    抱え帯を作られる方には、「抱え帯用厚手接着芯」(350円)をご注文ください。


    以上です。

    ショップの方はまだまだ中途半端ですが、色なども現在数を増やしているところです。
    筥迫用打ち紐などは、かなり色数を仕入れているのですが(2ページ目もあります)、まだショップに掲載するための写真を撮っていないなどのために「近日発売中」となっています。
    房糸もそれぞれの打ち紐に合わせた色を仕入れています。
    (撮影とか説明書きにけっこう時間がかかるので、おっくうでなかなか進まないのだ←ショップをしている者がこんなことでいいのか、、、)
    まぁいつものことですが、何かショップにないものでも欲しいものがありましたら、とりあえずお問い合わせしてみてください。
    もしかしたら、何かあるかもしれません(笑)。

    **********************************************
    ▶筥迫工房のネットショップ 
    筥迫工房材料販売
    筥迫工房へのお問い合わせ
    ▶筥迫ができたらこちらでお披露目してね はこせこ掲示板
    **********************************************
    【2011.10.27 Thursday 16:00】 author : Rom筥
    | 婚礼について | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    管理人様

    本日、婚礼用和装小物の作り方を受け取りました。
    データでいただいた時よりも、とてもわかりやすくなっていますね。
    印刷もきれいで、私がつくったときカラープリンタで印刷したものを見て
    作ったのですが、印刷が不鮮明で布の模様とかが分かりづらかったのです。
    (専門のプリントショップで印刷されているのですね。
    なるほど)

    頂いたテキストを見た夫が教本の美しさに感動して、
    「プロのデザイナーさんがつくられているのでは」と
    いっていました。

    しかし、いただいてももう自分のためには作れないかと
    思うとちょっと残念です…。

    筥迫を頑張って作っていこうかと思います。
    ちょっと今かなり忙しいのですが、
    暇ができたら、またショップのほうで注文させていただきますので
    よろしくお願いいたします。
    | かとう | 2011/10/29 8:37 PM |
    かとうさま>

    あの解像度の低いPDFの教本を見て、あそこまでのものを作り上げられるのですから、かとうさんも相当なものです。
    確かにマニュアル作りは、スキルから言えば筥迫作りよりはずっとプロです。

    今はお仕事がお忙しそうですが、来年あたりは、実用筥迫の教本を作る予定でいますので、そのときにまた挑戦してみてください。
    でも、もしかしたら近い将来、かとうさんに女のお子さんが生まれれば、また筥迫を作る機会が訪れるかもしれませんよ(笑)。
    | Rom筥 | 2011/10/29 9:37 PM |
    テキストのご送付、ありがとうございました。
    娘の結婚の記念にもなるし、大切に保存したいと思っています。実用筥迫、素敵ですね!おばさんの胸元に挿してもしっくりする『オトナのための筥迫』があったらいいのにな、と思っていました。ぜひよろしくお願いします。(でも、ゆ〜っくりで結構ですから)
    | SONO | 2011/10/31 8:49 AM |
    SONOさま>
    娘さんの結婚の記念と言わず、お孫さんの七五三、十三参り、成人式、結婚式、、、とまだまだ筥迫作りは続きますよ(笑)。
    特に七歳は花嫁さんの衣装を模しているので、懐剣を縮小したものを付けてもよいかと思います。

    『大人のための筥迫』ですか。
    なるほど、びら簪が付く筥迫はとても実用とは言いがたいので、これは「装飾筥迫」と分類できますね。
    元々、びら簪はびらびら簪を筥迫用にしているのだと思いますし、びらびら簪は未婚の女性が付けるものでしたので、考えようによっては、びら簪付筥迫は、花嫁さんまでの未婚の女性が付けるようなイメージがあります(あくまで決まりはないです)。

    それでは、既婚女性(もしくはびら簪をつけるのは恥ずかしいと思える年になってきたら)はどんな筥迫を身につけるか、、、。
    色々なアイデアが浮かんで、考えるだけでわくわくします。
    あくまで礼装用は「箱型」です。
    箱型は厚みがあって、襟元が崩れて嫌だという人もいるでしょうが、やはり箱型の方が重厚感があります。

    襟が崩れて嫌だという方のためには、やはり「実用筥迫」でしょう。
    筥迫の定義が「箱型」で「胴締め」が付いているとすれば、実用は箱部分がない、いわば「紙入れ」の形態です。
    これに胴締めが付いた物があります。
    胴締めが付くと本来実用としては面倒なものなのですが、やはり筥迫への憧れから付けたくなるのかもしれません。
    そのようなサンプル(昔の筥迫)がいくつもあります。
    こういうものは「筥迫型紙入れ」という名称になると思います。

    私の使命は、昔存在していた筥迫の「復刻」ですので、これまでたくさんのサンプルを集めてきました。
    筥迫と言えばオーソドックスな筥迫以外にも、実はたくさんのタイプがあるのですよ。
    昔の人は、本当に色々なアイデアを持っていたんだなと感心します。
    こういうものを少しずつ紹介していきたいですね。
    | Rom筥 | 2011/10/31 9:49 AM |
    とうとう婚礼小物の作り方の販売が始まったんですね。おめでとうございます。毎回日記を拝見するたびに脱帽します。
    手作りって愛情がこもっていいですよね。今回も注文したいとおもいます。つまみかんざしのつまみで箱迫とかつくっても綺麗になるのではといろいろとアイデアが出てきます。これからも応援しています。
    | ナオ | 2011/11/03 11:28 AM |
    ナオさん>

    応援ありがとうございます。
    そういっていただけると励みになります。

    今はまだ皆さん、筥迫を「作る」で満足して終わってしまっているようですが、やはり筥迫の醍醐味は「装飾」です。
    小さな筥迫の画面に、どれだけ独創的な装飾ができるか、考えるだけでわくわくします。
    一人でも多くの方に、手作りの筥迫作りの楽しさを感じていただけることはこの上ない喜びではありますが、いつかもう一段上がって作品作りができるような作家さんが出てくれることを待ち望んでいるRom筥です。
    私も今は教本を出したりお店を出したりすることに労力を取られていますが、これらが一段落したら作品作りに情熱を傾けたいと思っています。(いつになることやら、、、)

    もちろん「仕立て」の技術あってこそ「装飾」が生きます。
    初めから刺繍をしたり、他の装飾をしようとしても無理があります。
    一つの筥迫を作っただけで満足せず、何個も何十個も作って仕立ての技術を磨いて、尚かつ「装飾」の世界に踏み込んでいただければ幸いです。
    ナオさんも作品ができましたら、是非はこせこ掲示板の方にアップしてくださいね。
    | Rom筥 | 2011/11/03 11:49 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/981674
    トラックバック