『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 『緒締』(3)販売ビーズ各種 | main | 襠付筥迫 Rom筥作品2012-4 >>
『緒締』(4)打ち紐とビーズ
0
    色の違う打ち紐に同じビーズを通してみると、色見が変わって見えるものです。
    下図は「紅」と「唐紅」の打ち紐に同じビーズを通してみました。



    材料セットに同梱されている基本の緒締玉は、教本で使われている「大穴ビーズ(マクラメビーズ)」から「丸玉ビーズ」に変更しました。
    丸玉ビーズの穴径は約1.5mmで、そこに1mmの唐打ち紐二本を通すのですが、大穴ビーズのようにそのままでは通りません。
    しかし、針と糸を使えば簡単にビーズを通すことができます。


    ◆丸玉ビーズの通し方

    ❶針に糸を通し、巾着の紐に糸を通して玉止めをする。


    ❷針にビーズを通し、巾着の打ち紐まで通す。


    ❸そのまま針を胴締めの穴に通す。



    教本では、大穴ビーズ(マクラメビーズ)を使って説明しています。
    次の印刷まで改訂はできませんが、上記の通し方のメモを付けますのでご了承ください。

    筥迫工房で販売されている筥迫用打ち紐(1mm)のうち、「A」「B」「D1」記号の付いている打ち紐は、この方法で丸玉ビーズを通すのにちょうどよい組合せです。
    「C」記号は江戸打ち紐なので、唐打ちより多少太く通りにくいかもしれませんが、糸を少し強く引けば通ります。
    「D2」記号のついている打ち紐には丸玉ビーズは通りません。「大穴ビーズ」をお使いください。




    筥迫工房へのお問い合わせ
    ▶筥迫ができたらこちらでお披露目してね はこせこ掲示板

    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村
    【2012.06.15 Friday 09:41】 author : Rom筥
    | 筥迫材料-緒締 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック