『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 雛祭り2013 | main | 飾り房 <青・紫系><緑系><黒白> >>
飾り房 <赤系><黄系>
0
    今回は『飾り房』のご紹介です。

    「打ち紐」や「切り房専用糸」は、紐だけ、房糸だけよりも、全て飾り房に仕上げてアップした方がイメージがわかって選びやすいというのはわかっているのですが、いかんせん取り扱う「色」を決めるのに今まで時間がかかっていました。

    きっかけになったのは、今回の「実用筥迫ワークショップ」です。
    今までメインだった装飾筥迫は、子ども〜若い人の振袖に合わせることを目的としているので、かなり使う色が限定されていました。
    しかし実用筥迫は、幅広い年齢層の人たちが使え、色々な着物に合わせられるので、使う色が一気に増えます。
    また、実用筥迫はびら簪を使わないので、装飾としての房の役割が大きいというのもあります。

    そこで筥迫に使えそうな色を一気に揃えて飾り房のサンプルを作ることにしました。
    しかし現在すでに27色、、、。
    27個の飾り房を作るのはけっこう疲れる、、、。


    ■飾り房 <赤系6色>


    「牡丹」「珊瑚」など、房の付いていないものは、切り房専用糸のないものです。
    これらは市販の手縫い糸で代用できます。(切り房専用糸独特の質感はないのですが、見た目は同じです)

    「紅」は材料セットで使われている基本の赤です。
    装飾筥迫にはよいのですが、実用筥迫となると「唐紅」の方がなじみやすいと思います。
    「濃紅」は画像ではほとんど紅と変わりなくみえますが、赤ではない少しピンクに傾いた色の布はけっこう多いもので、その場合、この色が大変役にたちます。

    筥迫が純和風のものなので、色の名前も日本の色で付けています。
    しかし、このピンク色に見合う名称だけがない、、、。
    このような色味のピンクは、もともと日本の色にはないのかもしれませんね。
    ということで、ピンクだけカタカナなのです(苦)。

    懐剣用の色材料が揃っているのは「唐紅」「紅」「濃紅」「ピンク」です。


    ■飾り房 <黄系7色>



    「橙」は「紅」についで筥迫の房に多い色です。
    しかし実用となると「柿茶」の方が馴染みやすいと思います。

    以前「黄色」を入れていましたが、筥迫にこの黄色は合わせにくい。
    ということで、黄色より少し赤みがかった「山吹」を入れました。

    「金茶」はおなじみですね。とても使い勝手のよい色です。
    こちらは懐剣用の色材料も揃っています。

    「煎茶」と「薄杏」は新しく仕入れた色です。
    こちらも生地に馴染みやすい色ですね。

    「焦茶」も私の大好きな色です。
    これも実用に使いやすい色です。


    ワークショップでは、これらのサンプルを直に見ながら好きな色を選んで房を作ることができます。
    房や緒締を選ぶ時の、皆さんのキラキラした目を見ると、女性ならではの楽しみだな〜とつくづく感じます。
    次回は、<青・紫系7色><緑系5色><黒白>をご紹介いたします。

    次の日曜日は、実用筥迫ワークショップ2日目です。
    前の日曜日に1日目の「本体」を無事作り終えました。
    前回の反省を含め、せめて「お茶の時間ぐらいは設けよう!」と時間短縮をねらったのですが、やはり出来上がったのは6時ぎりぎり、、、。
    皆さんさぞお疲れだったことでしょう。
    でも楽しかったですね。
    色々な生地を持ち寄って、装飾とはまた違った筥迫たちが出来上がりました。

    こちらの様子も、二日目が終わりましたらご報告いたしますね。



    ▼筥迫工房のお店

    ▼自作筥迫はこちらでお披露目!

    筥迫工房へのお問い合わせ
     ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
      そのような場合も、こちらからご連絡ください。




    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

    【2013.03.13 Wednesday 23:47】 author : Rom筥
    | 筥迫材料-飾り房 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/981797
    トラックバック