『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< ワークショップ参加者から画像送っていただきました! | main | 後藤勝子コレクション vol.5 〜椿シリーズ (1)〜 >>
百種の犬筥 〜ももくさのいぬばこ〜
0
    東京は京王プラザホテルで展示されていた「百種の犬筥」を見に行って来ました(Y.Sさん情報ありがとう)。
    今回はホットメルト紙のことを書こうと思っていたのですが、犬筥があまりにもかわいかったので、こちらの記事を書くことにします。



    3階メインロビーに、どど〜んと犬筥の雛壇が飾られていました。
    かわいい、、、
    私は犬筥が大好きです。見ているだけで癒されます。

    犬筥(いぬばこ)は、顔が子どもで体が犬という雄雌一対の置き物で、張子で作られた上下2つに分かれる箱型をしています。
    男犬(右)にお守りを入れ、女犬(左)に化粧道具を入れたそうです。

    犬筥の起源は「狛犬」です。
    平安時代から、宮中では天皇の守護獣として狛犬が飾られていました。
    犬のお産が軽いことから、次第に張り子の筥犬を産室に飾るようになったそうです。
    そんなことからか、あの怖い顔の狛犬がかわいい子どもの顔に替わっていったのかもしれません。
    宮中の風習なので、愛子さまご誕生のときも、皇后様から贈られたのは記憶に新しいですね。

    江戸時代になると武士大名の風習として、姫君の婚礼道具にも使われるようになりました。
    この時代、犬筥が雛人形の調度に加えられるようになったのも、天皇の厄を払うものとして犬筥が使われていたからで、内裏雛のお供に置くのはごく自然な流れだったようです。



    犬筥は、「御伽犬(おとぎいぬ)」「宿直犬(とのいいぬ)」「犬筐(いぬばこ)」「狗筥(いぬばこ)」と色々ないい方があります。
    御伽犬なんてホントすてきないい方ですよね。
    「犬箱」よりも「犬筥」と使われることが多く、筥迫のように「箱」で表すにはちょっと物足りないというような扱い方です。

    篤姫の婚礼では、閨房で無事ことを成した「証し」を犬筥に入れて知らせたとも言われています。
    筥迫もまた、姫君などの婚礼の際に枕絵を筥迫に忍ばせ、お付きの者が教えたと言われています。
    犬筥と筥迫、何となく似たものを感じてしまいます。

    京都で発祥した伏せ型の犬筥に対し、関東で登場したのは立ち型の「犬張子」です。
    犬筥は一対で極彩色の模様を施した上流階級のお守りでしたが、犬張子は単独の素朴な庶民のお守りです。
    京都の人形店では雛飾りに犬筥は定番と聞いたことがあるのですが(ほんと?)、東京では犬筥を知らない人の方が多いですね。


    これは須原陶磁工房の犬筥です。
    今は張子ではなく、このような焼き物がほとんどです。

    私は以前、アンティークの犬筥が欲しくて探していましたが、現代ものにもこんなかわいい犬筥があることを知り即購入。
    私は数年前に京都の「田中彌」さんで購入しましたが、この犬筥は手書きなので一つ一つ微妙にお顔が違います。
    京都に足を運ぶのは無理なので、お店に置いてある犬筥の写真を送ってほしい!と無理なお願いをしたところ、なんとそれを聞き入れてくださり(言った本人もびっくり)、更には台は黒板でなく赤のお座布にして欲しい!とお願いしたところ、快く引き受けてくださいました(なんとうるさい客)。
    田中彌さん、その節は大変お世話になりました
    今ではこの子たちが我が家の玄関で常時番をしてくれています。
    私が持っているのは後ろの白の一対です。
    画像はどちらも鶴模様ですが、我が家にあるのは左が亀、右が鶴の模様なので「鶴ちゃん」「亀ちゃん」と呼んでいます。

    そういえば当時これを買ってルンルンで玄関に置いたところ、実家の母が来まして、鶴ちゃん亀ちゃんを見た途端
    「何これ?気持ち悪い、、。」と言われてしまいました(怒)。
    私にとってはすごくかわいい犬筥も、人によってはすごく気持ち悪いものに見えるようです(涙)。
    皆さんにはどう見えるんでしょうねぇ。

    しかし犬筥は狛犬がルーツなので、昔のものは口が阿吽形になっているのですが、うちの子たちはどちらも吽形になっていて、それが唯一不満なこと。
    ※「阿形(あぎょう)」は口を開けた形、「吽形(うんぎょう)」は口を閉じた形。


    と思ったら、こちらは左が「あ」になっている!とうれしくなりました。
    しかし、確か狛犬は左が「ん」で右が「あ」なのだが、、、(なぜだ犬筥?)。
    白と金があるのは、産まれた時は白の犬筥で、お嫁入りの際に金に彩色すると説明書きにありました(あ〜これも欲しい〜)。


    京王プラザの「百種の犬筥」は3月31日まで展示されているそうです。
    須原陶磁工房の犬筥も販売されています。
    ご興味のある方は行かれてみてはいかがでしょうか。




    ============================
    お知らせ
    ============================
    筥迫ワークショップ『装飾筥迫』 
    5月3日(金・祝)、4日(土)

    上記の申し込みを、3月26日 21時以降に開始します。
    指定時間以降に申し込み画面が表示されますので、ご希望の方は以下ショップからお申し込みください。(商品購入という形になります)
    筥迫ワークショップ申し込み

    ※7月14日(日)、15日(月・祝)実用筥迫『三段口扇襠筥迫』のお申し込みは5月末に開始します。




    ▼筥迫工房のお店


    ▼自作筥迫はこちらでお披露目!


    筥迫工房へのお問い合わせ
     ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
      そのような場合も、こちらからご連絡ください。

    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村(画像)
    【2013.03.25 Monday 14:26】 author : Rom筥
    | 人形あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/981801
    トラックバック