『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 筥迫用 刺繍台の使い方 | main | 江戸型筥迫 展示会情報 >>
実用筥迫 着物端切れを使った作品 〜Rom筥2013.4〜
0


    仕立て:『三段口扇襠筥迫』玉縁、平面仕立て(製作:Rom筥)
    表 布:着物地
    内 布:帯揚げ
    ----------------------------------------------------------------

    着物の余り布を使った筥迫

    は着物を仕立てた後の「余り布」です。
    私は今、この生地に筥迫用の刺繍をしています。


    時々、端切れにして使ってくれと、まとめて着物をいただくことがあるのですが、筥迫は使う部分が少ないので、あまりにも状態がよい着物は切り刻むのがもったいなくて、どなたかほしい方に回したりしています。
    この着物もそんな潰すにはもったいない着物の一枚でした。
    アンティークな雰囲気で、実際に着たらかなり派手そうな縞柄なので、正直自分が着るつもりはなかったのですが、ふと、たとう紙の下からこの着物の余り切れが出てきたことにやたらと興味をそそられました。
    着物<端切れ命(笑)。
    「もしかして、この余り布で筥迫を作ったら、着物とお揃いの筥迫ができる?」

    そこで最近、思い出したようにこの生地の刺繍に取りかかったのですが、なんだか作っているうちに、やたらと「着物とお揃いの筥迫!」が作りたくなってしまいました。
    しかしこの刺繍が終わるまで筥迫は作れない(いつ終わるのか
    そこで「ブログにサンプルとして掲載させてくれるなら、着物を仕立てた時の余り布で筥迫作ってあげるよ〜」と刺繍教室で言ってみたところ、Y.Kさんが2枚の端切れを持ってきてくださいました。

    渡された端切れの一枚がこの生地です(使えるところ=水色部分のサイズ:28cm×37cm)。
    写真がうまく色調整できなかったのですが、淡〜いパステルカラーの生地です。

    今回はこれで『三段口扇襠筥迫』を作ってみました。
    このサイズであれば、柄取りをしても十分な大きさです。
    飾り房の色をどれにしようか迷ったので、どうせならということで3パターン載せてみます。
    さぁ、あなたのお好みはどれ?(笑)。


    その1)ピンクパターン

    Top画像のものです。
    作品として考えるなら、やはりピンクでしょうか。
    若々しく晴れやかなイメージです。
    ----
    打ち紐:筥迫用 <赤系>  オプション「ピンク」
    房 糸:切房専用糸:筥迫・末広用 <ピンク05>
    緒 締:パールビーズ 1<白>


    その2)白パターン


    Y.Kさんは楚々とした色白美人の奥様。
    ピンクはちょっと恥ずかしい、と言われるかな?と考えて、どんな着物にも馴染みやすい「白」も作ってみました。
    ただ、パステルカラーに白だけではかなり地味なので、間に緒締とお揃いのパールビーズを挟んでみました。

    以前、打ち紐2本にビーズを通すとき、輪の方から入れればある程度の太さのものでも入りやすいが、切り端の方から入れることはできない、、、などと書いたような気がするのですが、今回やってみたらうまく通りました。
    切り端にセロテープをきつく巻いて、先端を斜めに切って通します。
    ----
    打ち紐:打ち紐:筥迫用 <黒白> オプション「白」
    房 糸:切房専用糸:筥迫・末広用 <白28>
    緒 締:パールビーズ 3<ピンク>


    その3)ピンク&白パターン


    実は2本の打ち紐を使って総角結びを連段にすれば、こんなコンビの飾り結びを作る事ができます。
    江戸時代の紙入れなどに使われていたりしますね。
    この打ち紐はレーヨンですが、正絹の打ち紐で心持ち長めに耳を出すと、たらんと情けなく垂れた形になり、それはそれでかわいくて私は好きなのですが。
    今回は生地色から取った2色なので、馴染み過ぎてあまり目立ちませんが、生地と色味を変えてみると面白い飾り房ができます。
    ----
    打ち紐:筥迫用 <赤系>  オプション「ピンク」
        打ち紐:筥迫用 <黒白> オプション「白」
    房 糸:切房専用糸:筥迫・末広用 <白28>
        切房専用糸:筥迫・末広用 <ピンク05>
    緒 締:緒締め玉:パールビーズ 8<赤>


    さぁ、Y.Kさんはどの飾り房をお選びになるのでしょうか。
    いつかこの筥迫とお揃いの着物に合わせて写真を撮ってくださることになっているので、そのうちブログに掲載されることになると思います。楽しみですね。
    皆さんも、着物を仕立てたときの端切れがお手元にありましたら、こんな筥迫を作ってみてはいかがでしょうか?(こちらの型紙は年内に発売予定です)
    誰にも真似できないオリジナルのおしゃれができると思いますよ。



    こちらの『三段口扇襠筥迫』は、7月14日(日)、15日(月・祝)の連休にワークショップ開催予定です。
    受付は5月末頃に開始いたしますので、ご希望の方は是非ご参加ください。
    ※ワークショップでは「玉縁」ではなく「折り返し」で行ないます。

    Y.Kさんからお預かりしたもう一枚の端切れは、11月開催のワークショップで作る『二つ折小被せ付筥迫』で仕立ててみようかと思います。
    こちらはいずれまた。



     ▼筥迫工房のお店

    ▼自作筥迫はこちらでお披露目!


    筥迫工房へのお問い合わせ
     ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
      そのような場合も、こちらからご連絡ください。

    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村(画像) 
    【2013.04.27 Saturday 00:22】 author : Rom筥
    | 実用筥迫 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/981807
    トラックバック