『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 実用筥迫 着物端切れを使った作品 〜Rom筥2013.4〜 | main | 2013.5.3〜4 装飾筥迫ワークショップ報告 >>
江戸型筥迫 展示会情報
0
    日本刺繍「工房オム」の武部由紀子さんから、筥迫工房でお仕立てをした筥迫の展示のご案内をいただきましたので、ご紹介させていただきます。



    「第47回 日本伝統工芸染織展」に武部さんの作品が展示されるそうです(筥迫は併設の「小品展」にて展示)。

    武部さんは大阪在住の刺繍作家さんで、ご自身でも筥迫を作られてきましたが、今回の展示品には筥迫工房にお仕立ての依頼をいただきました。
    しかし依頼されたのは「江戸型筥迫」でした。
    今まで通常サイズの筥迫のお仕立てはいただいても、まさか江戸型のお仕立てをいただくとは、、、(汗)。


    今回の筥迫は、江戸型筥迫『開き蓋針山付筥迫』です。
    筥迫は立体表現なので、三つ折りの蓋を開けるごとに顔があり、表の「装飾」に対して、中の「仕様」に凝れるのもまた筥迫の楽しみです。
    展示会では装飾メインの展示になるので、筥迫を開いたところをお見せできないのが残念です。
    現代に出回る一般的な筥迫(筥迫工房で装飾筥迫と称しているもの)は「簡易筥迫」と呼ばれる物で、表の装飾に重点が置かれているので、中は実用を排した簡略形です。
    反対に、実用筥迫は中に重点が置かれているので、様々な仕様があり面白いです(胴締めがないものは、同じ形でも紙入れとされる)。
    そしてこの江戸型筥迫は、装飾、仕様とも工夫ができるので、最も作りがいがあります(ただし現代の着物に装着することは不可能)。


    日本刺繍をされている方は、お着物や帯、バッグに刺繍をする事がほとんどなので、小さな筥迫はかなり窮屈なキャンバスに感じられるかもしれません。
    しかし今回の筥迫は江戸型でかなり大きく、装飾のしがいがあります。
    そして、武部さんからいただいた刺繍がすばらしかったので、感化された私は今やたらと刺繍にのめり込んでいます。
    こういう情熱は伝染しますね(笑)。

    「第47回 日本伝統工芸染織展」での筥迫展示は一点だけだと思いますが(たぶん)、お近くにお住まいの方は足を運ばれてはいかがでしょうか。

    5月8日(水)〜5月13日(月) 東京:日本橋三越本店
    5月15日(水)〜5月20日(月) 京都:大丸京都店
    6月5日(水)〜6月10日(月) 岡山:岡山天満屋
    6月19日(水)〜6月24日(月) 福岡:岩田屋本店

    展示会後に武部さんのブログ『ぬう 日本刺繍』で作品を紹介してくださるそうなので、そのときはリンクを貼らせていただきますね。
    これまで武部さんが制作された日本刺繍の筥迫も何点か掲載されています。


    日本中に美しい筥迫をあふれさせたい!という野心を持つ私にとって、このような装飾筥迫を作られる方が増えていくことは本当にうれしいです。
    いつか筥迫愛好者総出で筥迫展をしたい!というのが、私の今の一番の夢です。



     ▼筥迫工房のお店

    ▼自作筥迫はこちらでお披露目!


    筥迫工房へのお問い合わせ
     ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
      そのような場合も、こちらからご連絡ください。

    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村(画像)
    【2013.05.01 Wednesday 19:16】 author : Rom筥
    | 江戸型筥迫 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    うわ〜〜江戸型筥迫??
    見たいです〜〜。

    ちょうど、最終日の閉店ぎりぎりですが、、、頑張って拝見させていただこうと思います。
    | manta | 2013/05/02 8:42 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック