『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 金唐革の筥迫 〜金唐革泥地「唐花」箱世古とでんがく型びら簪〜 | main | 今年も一年お世話になりました >>
江戸型筥迫 『開き蓋針山付筥迫』 2013.12
0

    仕立て:江戸型筥迫(開き蓋、針山付)、挟み玉縁、平面仕立(製作:Rom筥)
    装 飾:切り付け、金糸貼付け
    表 布:留袖端切れ
    ----------------------------------------------------------------

    前回のKUIPO資料館の見学会が終わった後にオフ会を行いました。
    その時に、軽い気持ちで「自分の作品等(筥迫以外でも)を持ち寄りましょう!」とお声を掛けたのですが、さて自分は何を持って行けばいいかと考えたとき、かなり悩んでしまいました。

    筥迫だけは山ほどありますが、いざ人様にお見せできるものはというと数は限られます。
    ワークショップ参加者も多く、その際にも参考用の筥迫をかなり持って行ったのでネタはすでに尽きている、、、。
    そうだ、今回見に行くのは江戸時代に使われていた大型の筥迫で、このタイプは以前、刺繍作家の武部由紀子さんに依頼されて作ったことがあります。
    あの時はかなり試作を繰り返したし、手順書も詳しく残っています。
    よし!久々にこの江戸型筥迫を作ろう、と思い立ちました。

    しかし時はすでに見学会3日前。
    あのとき作った筥迫を思い出しつつ大急ぎで作りました。
    焦って作ったのであまりいい出来とは言えないのですが、今年は色々なことがあって新作筥迫はあまり作れなかったし、今年最後のおなぐさみということで、これをアップさせていただくことにしました。


    素材は留袖です。
    駒取り刺繍が随所にされている留袖でしたが、かなり派手にダメージを受けていたため、タダのような価格で仕入れた材料でした。
    留袖の場合、メイン部分の柄を通常サイズの筥迫(約120×70cm)に使うには大きすぎる場合が多いので、実は柄出しが難しい。
    そんなワケで今まで使えずに眠っていた材料でした。

    武部さんからご依頼を受けた際も、通常の筥迫では「作品」にしづらいので、昔のあの大きいサイズの筥迫(約170×80mm)を作ってほしいと言われました。
    たしかにこのぐらいの大きさがあると表現がしやすいし、何より装飾のし甲斐があります。


    正面の三つ折り部分を開いたところです。
    赤なので、かなりハレーション起こしていて見づらいですが 。


    鏡を立てて見るためには、クルリと180度返して使います。
    内蓋に鏡、被せに段口、そして中央には観音開きの蓋が付きます。


    蓋を開くと、4つの仕切りに左下には更に片開き蓋を付け、その蓋部分は針山になっています。
    そう、この筥迫は裁縫道具を入れるための仕様になっているのです(今考えれば、裁縫道具入れになぜ鏡が必要?)。



    江戸時代の筥迫の内部というのは、美術館などではなかなかお目にかかれません。
    しかし昔の文献によると、

    (前略)之れを被くに矢張紙入と同じく一半は形箱(箱の口は内方に向ふ)の如く作り(中略)一半は縮緬物等にて花形杯の挿込みを数處に縫ひ付け之れに七つ道具といふを挿す
    七つ道具は錐、簪、挟、小刀、楊子、尺、型付なり
    又た箱の中には紅、紅筆、懐中鏡、薬入れなどを蔵す
       引用:『千代田城大奥』(永島今四郎/太田贇雄 編)明治25年発行

    とあるように、けっこう色々な物を内蔵できる仕組みになっているんですね。
    これを直に確認したくて、こっそり見せていただいたことがあります。
    しかし実際には差し込みなどのようなものはなく、上部に口がある箱に、そのまま被せがかかるという単純な構造でした。
    今回の筥迫のように、筥迫自体に鏡がつくというのは、この時代は外出用とされていたとの記述があります。
    実際に大奥で使われた筥迫には、鏡は単体で箱の部分に入れるものでしたので、この単純な形が本来の筥迫なのかもしれません。


    しかしある方から、どこかの美術館でこのように蓋が付いたものを見たことがあると聞いたことがあります。
    私のコレクションにも筥迫型の小さな薬入れ(琴爪入れ?)があり、同じように三つ折れ観音開きになっているものがあります。
    筥迫は特注で作らせたものですし、たぶん中にはこんな複雑な仕様のものもあったのではないかと思い、今回創作してみた次第です。
    後ろには紙挟みが付きます。
    この頃はこのように単純に懐紙を挟んでいました(千鳥掛けよりずっと実用的)。


    背側も切り付けで柄出ししています。
    最近切り付けを多用するようになったので、段々と装飾の幅が広がってきました。

    この大きさになると、打ち紐は八印以上を使います。
    緒締は珊瑚の8mm玉。
    巾着もかなり大きいです。
    結びは通常の二重叶結びにしましたが、昔は一重の大きめの叶結びが使われることが多かったようです。

    ちなみに、びら簪を挿すとこんな感じになります。

    おお〜、びら簪を挿すだけで筥迫がワンランクアップします。
    このびら簪は銀製のアンティークでずっしりとした重さのあるものです。
    今時の軽いびら簪ではこの重厚感は出ません。



    こんな大型の筥迫なんて使い道がないし、作っても飾っておくだけ、、、と思われるかもしれませんが、山部分に紐を通せばこんなクラッチバッグとして使うことができそうです。
    この場合、巾着の紐は胴締めにくっつくぐらいに短くした方がバランス良し。
    それこそ匂い袋として使うといいかもしれませんね。


    今回の筥迫は、当初、中の仕様を化粧道具入れにしようと思っていたのですが、蓋の中にまた蓋があり、、、という秘密めいた構造に負けて裁縫道具入れになってしまいました。
    でもバッグとして使うなら、やはり中は化粧道具入れにした方が実用的ですね。
    紙挟み部分を扇襠にすれば、ハンカチや小さなお財布ぐらいは入りそうです。

    この江戸型は中の仕様に色々と工夫ができるので、小さな引き出しを作りたいだとか、ミニチュアのおままごとセットを入れてみたいだとか、際限なく妄想をかき立てられます。
    来年は、また別の形を作ってみたいと思います。



     ▼筥迫工房のお店

    ▼自作筥迫はこちらでお披露目!


    筥迫工房へのお問い合わせ
     ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
      そのような場合も、こちらからご連絡ください。

    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村
    【2013.12.19 Thursday 16:48】 author : Rom筥
    | 江戸型筥迫 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック