『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< ホットメルト紙について | main | 十三参りの筥迫 〜菊鈴と房〜 2014.4 >>
娘の卒業式と四つ襠紙入れ(三重苦)
0
    先日、娘の小学校の卒業式がありました。
    ほとんどの子が5分先にある中学校に進学という状況だったので、「卒業式に泣く子なんているかな〜」などと娘は言っておりましたが、 確かに泣いているのは親だけでした(笑)。

    卒業文集担当に選ばれた娘は、毎日遅くまで学校に残って編集作業に明け暮れていました。
    今時はアニメのキャラクターが描かれていないか、誕生日などの個人情報が書かれていないかなども子どもたちがチェックするようで、「今度は校長先生からダメ出しされた〜、また○○ちゃんの絵描き直しだよ〜」などと、卒業までの日々をヒーヒー言いながら過ごしていました。
    「オリンピックの金メダリストも、凶悪犯罪の犯人も、決まって小学校の卒業文集に書いたことがニュースになっちゃうんだから、よくチェックしないとね」と変なアドバイスをする私に、更にやる気をみなぎらせていたようです(笑)。
    そして卒業文集を受け取った今、『別れ』はなくても『旅立ち』は実感したかもしれません。

    しかし今時の小学生は大きくてびっくりしますね。
    私が6年生の頃、全学年の高身長は女子が占めていて、私はその中でも2番目に高い158cm。
    昔は男子は中学になってから伸びるというイメージだったと思うのですが、今時の高身長は男子が占め、高校生ぐらいに見えてしまう子も多く、中にはサラリーマンにしか見えないという子さえいました。
    気がつけば娘も160cmを越え、小6で成長が止まった私を余裕で引き離していきそうです。

    さて、私も卒業式はがんばって着物を着ようと思っていたところ、十数年前に着た一枚きりの色無地にみごとなシミが広がっていました。
    このところ急激に忙しくなり、着物を準備することに負担を感じ始めたところだったので、言い訳ができて良かった〜と安堵していたところ、以前ご紹介したマグロな J.I さんに「着物?貸してあげるよ、一緒に着よう!」と言われ、冷や汗で覚悟を決めたRom筥でした、、、ははは泣き


    三重苦な紙入れ

    とは言っても着物をお借りしたのは卒業式の3日前。
    この私が着物を着るのに胸元に何も入れないわけにはいかないので、選んだ着物に合わせて急ぎ作りましたよ。
    胴締めがないので正確には『紙入れ』です。

    家にある大量のハギレをかき回して、着物に合いそうな帯地を発見、でも何となく嫌な予感、、、。
    この帯地に合う内布が縮緬しかなく、更に嫌な予感、、、。
    しかしこう直前では生地を購入している暇はないので強行突破です。
    芯材を極力減らして作ったものの、思った通りの出来映え。
    久々に三重苦な条件で作品を作ってしまいました。



    一苦:厚手帯地(表布)
    二苦:縮緬(内布)
    三苦:四つ襠

    しかし、紙入れって撮影的にホント絵にならない、、、。
    失敗作というほどのものでもないのかもしれませんが、最近すっきりとした懐中物ばかり作っていたので、やたらと野暮ったく見えてしまいます。
    入れてしまえば思うほどには目立たないのですが。



    筥迫作りにとって、筥迫が分厚いのは当たり前!存在感あっての筥迫!着物より目立って何が悪い!というノリで作っていますが、卒業式に参列する立ち場では、あくまで地味〜に目立ちたくないもの。

    本当は右ぐらいの厚みで作りたかった、、、(苦)。


    先週最終回を迎えたNHKの朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』で、め以子が悠太郎への手紙を襟元に入れていましたね。
    あの手紙は今回の紙入れよりずっと大きいと思いますが、帯のないモンペ姿では胸回りもゆるく、ちょっとした物なら何でも襟元に入れたくなるだろうなぁと思いながら見ていました。


    四つ襠と小ハゼ

    今回は控えめがテーマなので、下がり物は付けません。
    それならば前回作った念珠入れで(形状的名称は『折り襠紙入れ』)、横幅は胴締めを付けなくても襟元から落ちにくい長さということで14cmにしてみました。
    筥迫は巾着のストッパーがあるので11〜12cm幅でも大丈夫ですが、実際装着してみたところ、襟だけで止めるならば確かに14cmは必要かなと思いました。
    念珠入れぐらいの薄さにできるなら、更に16cmでも問題ないかもしれません(より安定する?)。

    ただし今回の紙入れは縦幅があるので、広幅という感じには見えません。
    この縦幅だと、ポケットティッシュもそのまま入れることができますし、お札も二つ折で入ります。
    更に試作2個を作る途中で欲が出て、四つ襠にすることにしました。

    『四つ襠』は折り襠が二つ連なった形状で、間に「仕切り」があるのが特徴です。


    三段口扇襠筥迫の『扇襠』も四つの襠で作られていますが、仕切りがないものはあくまで扇襠扱いです。
    今回の四つ襠は二つの折り襠が同じ高さで、一般的なお財布と同じ形状です(お財布の襠はもっと深い)。
    四つ襠の場合、前面の上口に小被せが付き、中はそぎ襠というパターンもよく見かけます。
    襠の種類はたくさんあって、言葉で説明するのはちょっと難しい。
    いつか実物を作って、順次アップしていきたいと思います。

    今回は『小ハゼ』を使っています。
    小ハゼには、念珠入れで使った「笹止め(笹爪)」、両方に差し込むタイプの「両笹」、そしてこの半月型の「小ハゼ」があります。
    使い勝手は「笹止め」がいいような気がしますが、懐中物は「小ハゼ」を使うことが多いようです。

    これは市販の小ハゼですが、紙入れサイズに使うにはちと大きい。
    大きくて使えないというワケではないのですが、乳白色の物体がやたらと目立つというか。
    それがかわいげなくて嫌だったのですが、今回、共布で覆ってしまったらどうか?と思いつきやってみました。


    うん、これなら許せる。
    ただし縮緬の厚みでぼってり感倍増(汗)。
    実はこれ、サイビノールで貼り付けています。
    サイビノールは布と樹脂でも接着可能な意外とできるヤツなんです。


    相も変わらずマグロな人

    卒業式当日の着付けは、新年会でおさらいしたとはいえ、袋帯ともなると遥かなたの記憶なので、帯結びだけ J.I さんにお願いすることになりました。
    とは言っても、 J.I さん自身も卒業生の母であり、更にはママ友Aさんの着付けも引き受けているとのこと。
    どうやって立ち回るの?と思っていたら、この日の予定がメールできました。
    5:45よりAさん宅にて二人の着付け開始、その間交互に出張美容師さんに頭をセットしてもらい、7:40で切り上げて我が家に駆けつけ、私の帯を結んでから8:30に帰宅、自分の着付けを完成し9:20卒業式会場へ。
    特筆すべきは、彼女がこの三軒の家を着物でチャリ移動していたこと 困る泣き
    マグロモード全開の泳ぎっぷりでした。



    次回は娘と保育園の頃からの仲良しさんとの十三参りの撮影です。
    かつては嵯峨嵐山京都の法輪寺に行く!と思っていたのですが、この時期にそんな余裕があるわけもなく、結局近場で浅草寺に行くことになりました。
    一年前から着物は少しずつ準備していたのですが、筥迫二つ(内一つは刺繍物)は三ヶ月で作り上げ、残るは丸ぐけ二本。
    着付けはまたしてもマグロな J.I さんのお世話になります(もう頭上がらず)。
    天気に恵まれれば今週末決行です。
    桜の時期なのはいいけれど、混雑してうまく撮影できるのかどうか。
    それよりも、わがままな年頃の娘たちが「まだ終わらないの〜疲れた〜足痛い〜」と騒ぎそうなのが一番の心配です。



    ===========================
    2014年 筥迫ワークショップのお知らせ
    ===========================

    2014年度のワークショップの申し込みは、今週より順次開始いたします。
    つきましては、申込開始日が変更されたものがありますので、以下ご参照の上、ご希望のコースの開始日にはお早めにお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

    <5月> 
     愬絢酘(襠付)』

    日時:5月4日(日・祝)
    申し込み開始日:4月1日

    ◆慍中裁縫用具入』
    日時:5月6日(火・祝)
    申し込み開始日:4月2日(※4月1日より変更しました)
    -----------------------------------------------------------------
    <6月>
    『びら簪付筥迫(基本)』

    日時:6月7日(土)、8日(日)
    申し込み開始日:5月1日
    -----------------------------------------------------------------
    <7月>
    ぁ愡庵文扇襠筥迫』

    日時:7月20日(日)、21日(月・祝)
    申し込み開始日:6月16日(※6月15日より変更しました)
    -----------------------------------------------------------------
    <8月>
    ァ愼鵑沈涵被付筥迫 』

    日時:8月30日(土)、31日(日)
    申し込み開始日:7月25日(※7月20日より変更しました)
    -----------------------------------------------------------------
    <9月>
    Α愾飾筥迫&懐剣』

    日時:9月20日(土)、21日(日)、23日(火・祝)
    申し込み開始日:7月15日
    -----------------------------------------------------------------
    <10月>
    А悗咾蜆冑寇迫(襠付・装飾)』

    日時:10月12日(日)、13日(月・祝)
    申し込み開始日:8月15日
    -----------------------------------------------------------------




    ▼筥迫工房のお店

    ▼自作筥迫はこちらでお披露目!


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
    そのような場合も、こちらからご連絡ください。

    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村(画像)
    【2014.03.31 Monday 10:40】 author : Rom筥
    | その他の袋物 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック