『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 教本 今後の予定 | main | 『びら簪付筥迫の作り方』教本販売 再開しました >>
色材料が増えました
0
    先日、途中段階で記事をアップしてしまいましたが、打ち紐の用意ができましたので、改めて記事をアップさせていただきます。

    これまでショップで扱う「打ち紐」は、装飾筥迫に使う「人五紐」をメインに扱っておりました。
    人五紐とは、「人=人絹(レーヨン)」「五=約1mm程度の太さ」を意味する組紐のことです。
    絹紐は「五印」などと呼ばれているようです(伊藤組紐店参照)。

    打ち紐には「唐打ち紐」と「江戸打ち紐」があるのですが、筥迫では基本的に「唐打ち紐」が使われることが多いようです。
    唐打ちは触った感じが「ツルツルしている=細かく編んでいる」、江戸打ちは「ゴツゴツしている=大きく編んでいる」の違いがあり、唐打ち紐はストロー状になった紐の空洞を潰しながら結んでいくのに対して、江戸打ち紐は編み目に絡めて結んでいくため、結びの大きさが「唐打ち=小さめ」「江戸打ち=大きめ」になります。
    装飾筥迫はびら簪と併用するので、たぶん邪魔にならない太さということで、「唐打ち」の「人五(五印)」紐が使われているのかもしれません。

    しかし最近ではびら簪を使わない実用筥迫や、懐中裁縫用具入れで笹留めに使う打ち紐として「人八紐(約1.5〜2mm太)」を多用するようになりました。
    今まで人五紐に慣れていた手には、人八紐はあまりにも結びやすい、、、。
    少し紐が太くなるだけでこんなにも違うものかと驚いてしまいます。


    打ち紐を増やしました

    そこで、この度一気に「筥迫用打ち紐」の数を増やしてみました。
    これまでもチビチビと増やしてはいたのですが、筥迫の場合は一色増やす毎に、房糸、かがり糸、緒締と同時に増やさなければならず、全ての種類が一気に揃わなかったり色に問題があったり、この色をこのまま採用していいのか、、、等の迷いから、ショップの画像も揃わないまま放置していました。
    でもこういうものは少しずつなどと言わずに、一気にやってしまわなければ絶対に揃わないもので、やっとここにきて重い腰を上げた次第です。
    そして毎日大量の打ち紐を小分けする作業にやっと終わりの時を迎えました(泣)。

    こうして見ると、人五より人八の方が圧倒的に色数が豊富です。
    打ち紐はメーカーによってかなり質感が異なり、人五紐のように細い紐で結びにくい(ほどけやすい等)ものは、あまりにもストレスがありすぎます。
    そういうものは江戸打ちに変えたりもするのですが、それでも無理なものは色を増やすことをあきらめています。
    装飾筥迫はフォーマルで使うものなので、実用筥迫と違い使う色数は限られるので、まぁ最低限の色があればいいかなとも思っています。
    人八以上は結びにくい素材もありますが、何とか許容範囲なので色数を増やすことができました。

    実は同じメーカーでも「染料」によっても紐の質感は全く違ってきます。
    以前、全盲の画家を取りあげた番組を見たことがありますが、彼は絵の具を直に触って色を判別していました。
    大量の打ち紐や房糸を触っていると、あきらかに違いがわかるのがおもしろいです。


    房糸としての手縫い糸

    切り房用の糸で色がないものは「手縫い糸」で代用します。
    専用糸で探してない場合は、手縫い糸をお探しください。
    房糸自体ない色もありますが、近くの手芸店で手縫い糸をお探しになれば、ほとんどの色は合う物があります。
    素材は木綿は絶対に不可です(切り房のサラサラ感が出ないので)。
    その他の素材は糸によりけりなのですが、ショップではポリエステル100%の「ファイン手縫い糸」を扱っています。
    化繊はお店によって品揃えがまちまちなので、そのようなときは「正絹」の手縫い糸を買われれば間違いはありません。
    正絹の場合は1巻き全て使ってちょうど1本分の房になります。


    色見本

    しかしながら「紅と濃紅」「鉄紺と紺」「紫紺と焦茶と黒」など、あまりにも微妙な色の違いは画像だけでは反別しにくいので(紐では見分けにくいのですが、房にしてみると違いはよくわかる)、更に重い腰を更に上げて「色見本」を作りました。

    私自身あらゆる商品の色見本を持っていますが、どこでだったか「収集目的で色見本を注文される方はお断りします」というような注意書きをしているお店がありました(笑)。
    きっと色見本の注文が多い割に、実際の商品の注文がないということなんでしょうね。
    我が家の筥迫に興味のない娘でも、色見本を見ると目がかがやきます。
    つくづく、女ってこういう色物に弱いんだなぁと思います(私はあまり興味ありませんが)。

    色見本は高いと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、こんなもので儲けてもしかたないと思えるぐらい手間がかかります。
    安く売って色見本の注文ばかり来たら困る、、、ぐらいの気持ちだと思います、ホント。
    ということで、もしご注文される方がいらっしゃいましたら、すみませんが納品までに少しお時間をいただきますことご了承ください。


    懐剣用打ち紐(江戸打ち)

    懐剣用打ち紐」は現在メーカーを変えております。
    品切れがあるのは、これから仕入れをするものです(あと一ヶ月ぐらいかかるかも)。
    今までのものより少し太めで、しっかりしていてほどけにくいです。そして仕上りがとても立派。
    以前、結婚式で自作の懐剣を作られた方が、お式の最中(?)に結びがほどけてしまった!というお話を聞いたので、徐々にメーカーを変えてはいたのですが、この度全てを変えることにしました(でも結びの裏にはしっかり接着剤をつけるのも大事ですよ)。
    色数も少し増えています。
    懐剣房の場合は、筥迫房の色にどうしても合わせたいというご希望がありましたら、割高になってもよろしければ仕入れることはできます。



    しかし、今回もまた地味な内容でした。
    こんな色材料の話を延々と最後まで読んでくださった皆さま、いつも本当にありがとうございます。
    色材料なんて、ホントに手間がかかるだけで儲けも少ないし、筥迫に房なんていらないなんて正直思ったりもするのですが、WSなどで色とりどりの房に目を輝かせている皆さんを見ると、ああもっと色数増やしてあげなくちゃなどとついつい仏心を出したのが運の尽き。
    あ〜もう早く色材料から脱して、筥迫だけの生活に戻りたい、、、です。


    ▼筥迫工房のお店

    ▼自作筥迫はこちらでお披露目!


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。そのような場合も、こちらからご連絡ください。

    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村
    【2014.09.14 Sunday 23:56】 author : Rom筥
    | 筥迫材料-その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/981882
    トラックバック