『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 日本刺繍の筥迫 七五三『花咲爺』つる姫さん作品 | main | ついに出たClover小型『アイロン』! そして教本進捗状況、、、 >>
成人式の筥迫使いは着付に注意!
0
    私は仕立てた筥迫を納品時に必ずお客さんに伝えていることがあります。
    特に「成人式の筥迫」を依頼された方に。
    それは、筥迫を装着する際の着付けの注意です。

    私自身、満足に着付けもできない人間なので偉そうなことは言えませんが、あくまでも筥迫職人の意見として今回は書かせていただこうと思います。


    成人式の襟元にご注意を!

    成人式の着付けでは、ほとんどの方が「美容院」か着物を買った「呉服屋」さんにお願いすると思うのですが、美容院も呉服屋さんも着付に関しては経験豊富かもしれませんが、実はほとんどの方が大人の筥迫は扱ったことがないと思った方がいいかもしれません。

    以前、成人式の筥迫をご紹介したときに体験したことですが、その頃は私も成人式の筥迫はそれほど作ったことがない=成人式の振袖に装着した筥迫を見たことがないという状況だったので、知り合いのお嬢さんにお願いして着付けの時から同席させていただきました。

    着付けが終わるまで美容師さんは筥迫にさわることもなく、「終わりましたよ!」と私に一言。
    これは私に筥迫を入れろということだろうと判断したので、完璧に仕上げられた襟元を力ずくでグッと開き筥迫を差し込みました。
    ホラー映画で見るような驚きと恐怖が入り交じった表情というものを、このときのを美容師さんで初めて遭遇しましたよ(笑)。
    気持ちはわかりますが、一分の隙もない襟元にどうやってこの筥迫を入れろと言うのよ、、、。

    お式のときもずっと付いて見てましたが、もう着物が嫌がって押し出しているとしか思えないほど、筥迫が飛び出てくること。
    私が筥迫を押し込める、ものの数分で飛び出る、の繰り返し。
    いやはや疲れました。
    恐るべし、振袖の補正、、、。

    後日、撮影のときに着付けをお願いしているJ.Iさんに

    「十三詣りや通常の着物では筥迫を入れても何の問題もなく納まっているのに、成人式で筥迫が飛び出すのは、やはり胸元をがっちり補正することが原因ですかね?」と聞いたところ、

    「普段着の着物は成人式のように帯を高く結ばないから入りやすいというのもあるけど、十三詣りだってかなり補正はしてるよ。
    筥迫を入れることを考えて着付けをしているか否かだけだと思うけど。」と言われました。

    J.Iさんは所々で筥迫を入れながら、厚み分を考慮して着付けしてくれていたようです(気がつかなかった)。

    刺繍教室でおなじみのmidoriさんも、ホテルの美容室でお嬢さんの成人式の着物(振袖と筥迫に刺繍をした)を着付けしてもらったとき、「こんな本格的な筥迫は扱ったことないので、これはお母さんが入れてください!」と美容師さんに言われたそうです(さわるのも怖いという感じだったそう)。

    美容師さんなら筥迫ぐらい七五三で山ほど経験しているだろうと思われるかもしれませんが、市販の七五三筥迫はおもちゃのような作りのもので、これが落ちることを気にして着付けをする方は少ないと思われます。
    しかし大人の筥迫となると、その特別感は七五三筥迫の比ではありません。
    絶対に落ちることまかりならん!という意識になります。

    花嫁さんは専門の着付師さんがするので筥迫の扱いは慣れているでしょうし、花嫁さんにはプロの介添人が付いているので、身の周りのことは何でもやってくれる=本人は静々としか動かない! ←だから巾着が外に出ていても落ちる心配がない。

    対して成人式女子は、うれしくて動き回る! ←巾着inしていないと絶対落ちる!
    丹誠込めて作った筥迫をトイレに落した!という被害者の声がいつ報告されるのではないかと、私は常にドキドキしているのですが、、、。


    落し巾着も必須アイテム!

    着付けと同列で注意したいのが「落し巾着」の存在。
    もう一人の子には「巾着」に幾度となく助けられた!とも言われましたっけ。

    現代ではこの巾着を「匂い袋」と言うのが定番になっているようですが、昔の資料では「落し巾着」と書いているものもあり、筥迫を作る側からすると落し巾着の方が理にかなっていると思ったので、私は落し巾着という名称を使っています。
    ※「匂い袋」という言葉がどこから発生したのか私は知らない。

    そういえば、以前はよく「巾着は出すのが本当なのか?入れるのが本当なのか?」と聞かれました。
    小さくてかわいいですしねぇ、出したきゃ出せばいいんですよ、落ちないとわかっている状況であれば。
    でも筥迫は「半壊中するもの=落ちやすい」ので、落したくない!と思えば、誰でも入れようという発想になると思いますよ。

    実用筥迫は「実用」ですから、手垢で汚れてもいい素材を使いますし、落ちてもそれほどショックはないかと思います。
    対して装飾筥迫は装飾に手をかけますし、作る側の思い入れが違いますから、まぁ絶対に落ちてほしくないものですね。
    そういう意味では「七五三」と「成人式」は、とにかく巾着をinすることをお勧めしています。
    ※七五三は「落す」ことよりも「紛失」する可能性が高いため。


    着付師さんはわからない、説明するのはあなたの役目!

    筥迫にはとても薄く作られている型もあり、普段着の筥迫ならばそれでも問題ないのですが、成人式や婚礼の筥迫ならばしっかりと仕立てられた装飾筥迫を入れたいもの。
    しかし、装飾筥迫は「綿」が入っているので2cm以上の厚みになります。

    一般の着付師さんにとっての筥迫は(おもちゃのような)七五三筥迫ぐらいの認識だと思いますので、だから着付けをした後に「さあ筥迫を入れて!」と言うのかもしれません。
    でもね、七五三の簡易な着付けに後からサッと入る(おもちゃ的)筥迫と違って、補正maxの振袖の襟元に(本格的)筥迫は後からは入れずらいし、筥迫の収まりどころを作っていないからとにかく落ちやすい。

    私自身は大きめの筥迫の方がカッコいいと思っているので、特に日本刺繍の筥迫はこのサイズで作っています(娘の十三参りはこの型を使った)。
    半懐中なので見た目はそれほど変わりませんが、帯の位置があまり高いと入らない。
    それこそ、筥迫に合った高さで帯を結ぶことになります。

    振袖の着付けは帯位置がかなり高いですし、分厚い絞りの帯揚げもあります。
    着付け優先の現代だからこそ、胸に貼り付くような小さな薄い紙入れを花嫁の胸元に入れたりするようになったのでしょう。
    (広義で解釈しても、胴締めのないものはただの紙入れです)

    昨年行なった十三祝いでは、娘たちがターキーしてはしゃぎ回っても大型筥迫が落ちることは皆無だったので、成人式のように補正バリバリの着付けをしてもらう時こそ、筥迫の存在を着付師さんに認識してもらうことが重要です。

    ということで、ここは筥迫を作った皆さんが主導権を握らねば。

    1)一般の着付師さんには(本格的)筥迫は馴染みのないものと心すべし。
    2)この厚みが襟元に入ることを想定して補正を調整してもらう。
    3)これらを打ち合わせの段階から、実際に筥迫を見せて説明しておく。

    当日急に筥迫を持っていっても、美容師さんはあせってしまう(内心相当嫌がっている)ということを覚えておきましょう。
    大事なのは、あくまでも「お願い」という形でね。


    最後にRom筥からお願い。
    筥迫を身につけたら、車で移動せずに、是非街を歩いて筥迫姿を見せびらかしてほしいです。
    振袖姿のお嬢さんを見るだけで幸せな気持ちになるので、その胸に存在感満載の筥迫が納まっていたら、どれだけ非日常な光景だろうかと思いますよ!(非日常効果倍増の筥迫びら簪もお忘れなく!)


    ▼筥迫工房のお店

    筥迫工房へのお問い合わせ
     ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
      そのような場合も、こちらからご連絡ください。



    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村
    【2015.02.15 Sunday 12:38】 author : Rom筥
    | 成人式用筥迫 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    老婆心で申し上げるので、間違ってたらごめんなさいね。
    着付ける時に実際に使う筥迫と同寸のダミー筥迫を
    胸元に入れて衿元をあわせてもらってはいかがでしょうか?
    段ボールを何枚か重ね綿などもあてて、
    滑りの良い布でくるんだだけのもので良いと思います。
    それを下前の胸元にあてて上前の衿をかさねていただく・・・・
    その時は着付師さんの補助でお母様がダミーが落ちないように
    手を添えてあげたら良いかと思うのです。
    そしてそのまま着付けが終わったら、ダミーと本番と入れ替えれば
    無理矢理、上前の衿をくつろげる必要はなくなります。
    ダミーでボリュームが実感できれば
    着付けるほうも「これだけ上前に余裕が必要なんだ」と
    理解していただけるのではないでしょうか。
    | 風来坊 | 2015/02/16 12:37 AM |
    風来坊さん>

    着付けをしていただいているJ.Iさんにも
    「段ボール」を重ねたものを入れてもいいよね!
    と同じことを言われました。

    私も今までは着付けはおまかせで注意を払っていませんでしたが
    J.Iさん以外の方にお願いする時は、
    段ボールに布を巻いてという風来坊さんの案も合わせて
    ダミーを用意しようと思います。
    | Rom筥 | 2015/02/16 8:54 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/981908
    トラックバック