『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 筥迫掲示板2 リニューアル | main | 梱包、ラジャー >>
近頃刺繍で頭がいっぱい
0
    このところ作品展に向けて刺繍の追い込み作業に入っています。
    しばし他の仕事は後回し。
    教本改訂版もずるずると引き延ばしでホント申し訳ない。

    作品展の前に何点かブログにアップして宣伝しようとは思うのですが、刺繍教室の方から今月末までにあがってくる作品展用の仕立てを5月前半でまとめて作業しなければならないので、筥迫に仕立て上げた作品をゆっくり解説している余裕がない(苦)。

    そんなワケで、しばし作業経過と画像だけでご勘弁を。
    作品解説は直前で余裕があったらブログにアップすることにします。

    刺繍はネット上にアップできるほどの実力はないので、この状態で公開するのはホント嫌なのですが、アップできる素材がないのでしかたない、、、(ハギレを無理矢理継ぎ足して貼っているので、更に見苦しいですが)。


    3月末に月とキリギリスの刺繍の途中経過を書きましたが、昨日やっと終わりました。
    やたらと時間がかかった理由は、刺してはほどいてを繰り返しているから。
    自分のイメージ通りに刺繍できない(技術がない)ことが今一番のストレス。


    一番目立つ「虫籠」は懐中に入る部分で、これはもちろん意図してのこと。
    本当の主役は「キリギリス」で、襟元からは出るけれど一目でわかるようにはしたくないというのがこだわりどころ。
    やり直しすぎて、これ以上ほどいたら穴があく、、、という直前で何とか決めることができました。

    「月」部分はイラストで書き下ろしたイメージは白だったので、当初は一掛銀糸の菅繍いで表現したのですが、どうしても気に入らなくて、結局全てほどいてやりなおし。


    今回左画面でいい仕事をしたのが一掛の「五色金」。

    日本刺繍の糸は膨大な色数があるのですが、それに花を添える多種多様な金糸銀糸があって、ホント日本人ってマニアックだな〜と感心してしまいます。


    私が持っている一掛は4種類のみ(左は撚り金)。


    右半分の虫籠でいい仕事をしたのが四掛の「黒金」。



    一掛金糸はそのまま針に通して使いますが、太い四掛になるとコマに巻いて綴じ付けて使います。
    虫籠はリアルな金属を表現したかったので、先生からお勧めされた「黒金」に大満足。
    これで私が持っている四掛の金糸は5種類になりました。
    左から、銀糸、薄金、金糸、マジョリカ、黒金。


    絹糸や金糸の輝きは、光源の向きによって表情が変わるので、写真でこの輝きを表現するのはかなり難しい。
    月は「おぼろ月」を表現するためにかなり落ちた色味の金茶を使っているのですが、私からは目立つな〜と思っていても、反対から見ている先生には全然目立たない〜と言われ、反対側に回ってみるとあらホント。
    角度によって暗く見えたり派手に見えたり。

    結局、日本刺繍の作品は直接見ないとホントの良さはわからないのではないかと思います(私の作品レベルでこんなこと言うのはすごくおこがましいのですが)。

    しかし、筥迫は非常に小さい範囲に密に刺しているので、たぶん来られる方はすご〜く目を近づけて見るわけで、もうホント見てほしくない、けど見に来てほしい、けど、、、(以下ループ)。
    正直今はそんな心境です。

    まぁ作品展では私よりお上手な方の作品がたくさんあるので、日本刺繍の良さはそちらで見てもらって、私の作品は日本刺繍と筥迫のコラボを観賞していただければ、もうそれだけで充分です。ホント(苦)。

    この作品は今日これから仕立てる予定。
    時間があったら小物をもう一点やろうと思っていましたが、刺繍はもうこれでやめにします。
    明日は一年以上かかった江戸筥迫用の刺繍を仕立てます。
    これは難しいというよりやる気がなくて、ずるずると一年ぐらいかけてやって終わったもの。
    やっと日の目を浴びるんだね、君も。


    ----------------------------------------------
    第2回 お針子会 日本刺繍教室作品展
    総刺繍の振袖から小物まで
    (帯・着物・半衿・筥迫・バッグ・額など60点)

    2015年 5月16日(土)〜19日(火)
    12:00〜18:30 ※最終日は18時閉場

    場所:ORANGE GALLERY(オレンジギャラリー)


    ----------------------------------------------





    ▼筥迫工房のお店


    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村
    【2015.04.20 Monday 10:26】 author : Rom筥
    | 日本刺繍の筥迫 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    金糸だけでもこんなにニュアンスの違いがあるんですね〜。彫金に使う地金と同じだわ。日本人の繊細な感覚が追求してしまんでしょうね。
    せっかくの生き生きとしたキリギリスのアップ画像が見られなくて残念。よし!作品展にはミュージアムスコープを持参して針目の一本一本まで思う存分拡大して拝見しますよ〜!
    | はぐれ猫 | 2015/04/20 2:17 PM |
    はぐれ猫さん、やめて〜(泣)。

    ブログではできるだけ細かいところが見えないように
    撮影しているんですから、、、。

    作品展では是非是非遠目で全体を観賞してください(苦)。
    | Rom筥 | 2015/04/20 4:03 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/981918
    トラックバック