『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 北海道 日本刺繍すずめの会作品展 | main | 相変わらずのマグロっぷり >>
2015.5 成人式の筥迫 
0
    最近続々と筥迫写真が送られて来てうれしい悲鳴のRom筥です。

    今回は筥迫工房にお仕立て依頼いただいたH.Uさんから、お嬢様の成人式の画像が届きました。


    振袖に海というこのシチュエーションは、H.Uさんの地元、宮崎は亀岩で有名な「鵜戸神宮」で撮影されたものだそうです。
    お嬢さんの背後すぐ下に亀岩があり、その窪みに素焼きの運玉をうまく投げ入れられたら願いが叶うとのこと。
    きっとこれから始まる二十代への新たな希望を、ご家族様で願ったことでしょう。

    以下、青字はH.Uさんのコメントです。

    娘も大変喜んで「また着物が着たい、お正月などいろいろと」と目覚めたみたいで私もうれしいです。
    実家の母からプレゼントの着物と帯によく似合っていて、母も目を細めて眺めておりました。
    着付け時に以前から教わった、筥迫を先に胸に入れてから後紐を結ぶ、との手順で行なったので、筥迫が胸元から飛び出さず、無事に納まりました。

    ※筥迫を入れて着付けをするという意味ですね。


    こちらがご依頼の筥迫。
    淡い桜模様が美しい刺繍半襟を使って仕立てました。

    H.Uさんこだわりの飾り房は、濃紅+ピンク+金糸の三色使いで、お着物に合わせて何度も色の確認をされていました。
    もしかしたら伊達衿が二色使いなので、そんなところに合わせられたのかもしれません。(末広房も筥迫房とお揃いです)


    筥迫工房に筥迫のお仕立てをご依頼いただく場合は、基本的にご自分で表布を用意していただくことになります。
    刺繍などの装飾裂をご用意される場合は問題ありませんが、そうでない場合は一から装飾裂を探さなければならないのでかなり大変です。

    そんな時、まずお勧めするのが「刺繍半襟」です。
    手刺繍にはかないませんが、それなりのボリュームがあるので仕上りはかなり立派なものになります。

    そんなことを言うと、教本を見ればこれと同じような刺繍筥迫が自分でも作れるのね♡と思ってしまう人がいるようですが、こってりと刺繍が入った半襟は堅くて厚みがあり、帯地を扱っているように操作が難しいので、よほど慣れている人以外はお勧めできません。
    初心者の方はできるだけ少ない刺繍物から初めた方が無難です。


    この半襟はフルに刺繍が入っていたので、表裏内の三面に切り付けをすることができました。
    「切り付け」とは、使っていない刺繍部分を細かく切り取って別のところに貼り付けていく、いわばアップリケですね。

    刺繍半襟の柄は筥迫にちょうどよい大きさのものが多いのですが、柄の幅は狭いので、被せのサイズに合わせて配置すると筥迫のど真ん中にメイン柄が来てしまいます。
    しかし筥迫には胴締めという物があり、本体の中央にそれが乗るわけです。
    ここで柄合わせができれば問題はないのですが、半襟は左右対象なので柄合わせはできません。
    結局本体のメイン柄が胴締めで隠れてしまうという残念な結果になりがちです。
    そこで半襟の中心を左によせて、スカスカになった右側に切り付けをして画面を埋めて行くのです。

    こちらはH.Uさんから送られて来た画像です。

    自作のびら簪は、初めは喜平チェーンにパールや花のパーツを考えていましたが、イメージに合うパーツがなくて、時間も迫っていたのであれこれ思案した頃、花形のチェーンブレスレットを見つけ、それを10本と下にパールを付けて、最後に元のびら簪に付いていた花形の下がりを付け完了としました。

    実は、海外ドラマの「奇皇后(きこうごう)」の中で、主人公が身につけている簪やイヤリングなどをイメージしたので、和風の簪には少々派手なので邪道かもしれません(汗)。



    実は、先の画像は納品時に差し上げている画像データなのですが、このとき間違って下がりの長いびら簪を付けてしまいました(サンプルとして作ってあったもの)。
    実際に市販されているものはもっと短いということをお伝えしたところ、H.Uさんはこの長さのものをいたく気に入られたようでした。

    このときは次の仕事も迫って詰まっていて材料を取り寄せている暇もなかったので、材料を販売しているネットショップや作り方だけをお伝えして、ご自分で付け替えてくださるようにお願いしました。
    そして自作されたのがこのびら簪だったというワケです。


    ご本人は派手とおっしゃいますが、実際は身につけてしまえばそれほど目立たないものです。
    特に総絞りのボリュームあるお振袖だったので、筥迫も大型の物がよかったかなと思えるほど。
    そういえばどこぞの美術館が所有している江戸型の筥迫で、こんなびら簪がありましたっけ。
    今も昔も考えることはけっこう似ているのかもしれません。

    緒締めも天然石に付け替えられたそうで、少しでもお母様のお手がかかった筥迫になって、筥迫の特別感がより一層増したのではないかと思います。



    ----------------------------------------------
    第2回 お針子会 日本刺繍教室作品展
    総刺繍の振袖から小物まで
    (帯・着物・半衿・筥迫・バッグ・額など60点)

    2015年 5月16日(土)〜19日(火)
    12:00〜18:30 ※最終日は18時閉場

    場所:ORANGE GALLERY(オレンジギャラリー)


    ----------------------------------------------





    ▼筥迫工房のお店


    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村
    【2015.05.03 Sunday 08:54】 author : Rom筥
    | 成人式用筥迫 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/981922
    トラックバック