『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 教本改訂版 進捗状況 モニターレポート | main | 教本改訂版 進捗状況 モニターレポート >>
教本改訂版 進捗状況 モニターレポート
0
    作る人それぞれ

    筥迫を作る人たちで一番多いのは、筥迫を付ける必要に迫られた方々でしょう。
    第一は「婚礼」を間近に控えた方、そして「成人式」の娘さんのために筥迫を作りたいと思うお母様方です。

    そんな方々の行動パターンは、

    結婚式(成人式)の着物選びに大わらわ
         ↓
    やっと決まった〜!
         ↓
    そういえば小物どうする?(ネット検索)
         ↓
    筥迫いいのないわ〜
         ↓
    あれ?筥迫って作れるんだ、、、

    と気がつく時点でお式2ヶ月前ぐらい。
    そして聞かれるのが
    「どのぐらいの期間でできるものなのでしょうか?」

    いや〜、難しい質問です。
    特に「仕事をしているのでなかなか時間が取れない」という方。

    筥迫作りは、材料さえ揃っていれば慣れた人なら一日でできるとは思いますが、初めての方がどれだけ時間をかけて作るかは、人それぞれすぎて私にはわからない、、、。


    今回のモニターさんは「1〜2週間ぐらいで仕立てる時間のある方」という条件で募集したので、当初は仕事をしていない方が応募してくるものとばかり思っていました。
    ところが実際に応募してくださったのは、仕事をしている方ばかりでした(前回、全員フルタイムと書きましたが、パートでお仕事の方もいらっしゃったようです、すみません)。

    ということで、今回のモニターさんたちが「絶対に作り上げなければならない」こと、そして「限られた期間」という条件の中で、どのように時間配分して作られたのか報告していただいたので、今回はこれをご紹介したいと思います。

    これから筥迫を作ろうと思っている方は是非参考にしてみてください。
     

    ■Aさんの場合
     
    1)部品の準備
     ・型紙の複写、裁断、スジ付け…4時間。
     ・厚紙の裁断、縢り型作り…1時間。
    ※ここまでで休日の丸1日(午前、午後合わせて5時間ほど)かかりました。
    ※可愛らしい鶴の入った生地を送って頂いたので、あーでもないこーでもないと、案外時間のかかったのが「柄出し」です。

    2)貼り付け ※平日に細かく分けながらやった工程です。
     一日目…1.5時間
     二日目…1時間
     三日目…1.5時間

    3)抱き合わせ
     ・抱き合わせと縢り…4時間
    ※休日の午後に仕上げました。


    4)巾着…50分
    5)房飾り結び・二重叶結び…1時間
    6)房作り…50分
    7)仕上げ…15分

    ※応用編(柄合わせ・綿入れ・玉縁)
     被せ、胴締めのみの作業…3時間

     

    ■Bさんの場合

    基本形は最初ということで、気持ちにゆとりがある時に始めたいと思い日曜日に始めました。
    最初はやはり教本を行ったり来たりで、思いのほか時間がかかってしまいましたが、なんとかその日のうちにほとんどの作業を終えてしまいました。
    7.8時間はかかっていると思います。
     
    応用編は、平日の夜に基本形と同じ作業(メルト紙を貼ったり、布を裁ったり、表、裏それぞれの貼りつけ)をしました。(2時間ぐらい?)
    土曜日に抱き合わせ、かがり、被せ、胴締めと作ることが出来ました。
    やはり、基本形を一度作っているので玉縁を入れても基本形よりは時間はかかりませんでした。

    飾り房は平日の夜に、家にある紐を使って2日ぐらい練習しましたが、菊結びと総角結びで一時間もやっていないと思います。
    そして休日に飾り房を二つ完成させることが出来ました。
    こちらも練習していたのでそんなに時間はかかりませんでした。(2時間ぐらい?)
     
    やったことがない方は初めに躊躇されているとは思いますが、始めてみると思っていたほど難しくはなく、仕事を持ってらっしゃる方でも夜少しづつ進められます。
    ちょっとだけ道具を広げておけるスペースさえあれば大丈夫です。
    実際私は、ダイニングスペースでしました。
    食事のときは片付けないといけないのでちょっと面倒でしたが・・
     

    ■Cさんの場合

    1)部品の準備
     ・型紙を書き写す…3時間
     ・接着裁断…10時間
     ・スジ付け…2時間
     ・厚紙をカットする…3時間
     ・縢り芯を作る…2時間
    2)貼り付け
     ・貼り付け…9時間
     ・ 簪挿し…3時間
    3)抱き合わせ…12時間
    4)縢り…6時間
    5)落とし巾着…10時間
    6)飾り結び
     ・二重叶結び…4時間
     ・飾り結び…7時間
    7)房作り…5時間
    8)仕上げ…2時間

     

    このように教本を見ながら一人で作業をする場合、内容を理解するのにかなり個人差があるようです。

    あまり考えずに感覚だけで作ってしまう人、じっくり読みこんで理解してからでないと作業できない人、右脳で作業できても一度つまづいて左脳で考え出すとやたらと時間のかかる人、自己流に慣れすぎてどうしても教本通りにできない人(初めから自己流だとたぶん仕上がらない)など、人それぞれの性格がありますからあくまで参考にお考えください。

    Aさんは「柄出し」に時間がかかったと書いていらっしゃいますが、実際には布を決めたり、材料を揃えたりすることに筥迫作りでは一番時間がかかるのです。
    また、筥迫本体ができるとそれで終わったような気になりがちですが、実はこの「飾り房」(そして二重叶結び)に初心者は相当手こずるようです。
    Aさんは以前帯締めでの結びに凝っていた時期があったそうで、練習なしで作ることができたので、他の方よりはちょっと有利だったようです。
     
    Bさんは驚くことに基本編(平面仕立て)の他に、応用編(綿入れ、柄合わせ、玉縁仕立て)までを、どちらも飾り房付きで期日中に仕上げてくださいました。
    教本のチェックも極控えめでしたので、あまり迷わずに感覚的に作業できたのかもしれません。

    Cさんは教本の校正やレポートもかなり緻密に書いてくださっているので、その分も含め、全ての作業にかなり几帳面に取り組まれたのではないかと思われます。

    ちなみに講習会では、受付時に皆さんが持ってこられた布を私が柄取りをして、10時から講習開始、午後7時ぐらいまでに本体の縢り(千鳥掛け)までして終了します。
    講習会のように、作業に迷う時間がなく、ひたすら指示された内容をこなす状況であれば、なんとか本体の縢り(千鳥掛け)までを一日で終わらせることができます。
    二日目に巾着と飾り房を作って、実質作業時間は合計で13時間程度です。
    いずれにせよ、初心者にとってはかなりのハードワークですね(笑)。

    筥迫というのは職人さんによって色々な作り方がありますが、基本的に「貼り込み」作業で作る細工物です。
    この「貼り込み」というのは接着剤で貼り合わせて作り上げていく技法のことで、「縫う」という作業が出てくるのはほんの少しです。
    貼り込み自体は単純作業ですが、正確さを要し、工程も多いことが、筥迫作りを複雑なものにしているようです。




    9月発売予定

    今回のモニターさんたちのご指摘により、今必死に改訂版の修正に取り組んでいるところですが、やはりページ数が増えて、12頁でなんとか収めることができました。

    一般的な手芸本はかなり簡単に解説しているものですが、筥迫は工程が多すぎてなかなか簡単に説明することはできません。
    教本を作った当初は、これだけ詳しく解説している教本は売っていないはず!と胸を張っていましたが、教本を開いてすぐに閉じた(細かすぎてうんざり)という意見も少なからずありました。

    それが改訂版では更に細くなっています(わはは泣き)。

    これを見て皆さんがどう思われるかわかりませんが、私が筥迫作りを始めた当初、作り方がわからなくてわからなくて、小さな情報を必死になってかき集めていたことを思うと、いつか自分がいなくなった後でも、筥迫を作りたい人たちが困らないように事細かく書き留めておきたい、という内容になっているので、まぁ本当に必要としている人だけに買ってもらえればいいかなと思っています。

    しかし、改訂版を見て「わからない〜」と思う人は絶対にいると思います。
    内容がわからないというよりも、細かすぎて読みたくない、、、と思ってしまう人ですね。

    そのような方は、是非講習会にご参加ください。
    考えないで筥迫を作ることができる、というのが講習会の最大の利点です。
    ただし、作業することに必死で自分の頭で理解する余裕もないので、講習会だけ参加している人たちはなかなか筥迫作りを覚えられないというのも事実です。

    講習会に参加される方々はその点をよく理解し、家に帰ったら忘れないうちにもう一度同じ作業をしてくださいね。
    一つの筥迫を作るだけで講習会に参加するのはあまりにももったいないので。


    教本『縢襠付筥迫』(かがりまちつきはこせこ)の販売は9月下旬を予定しています。
    (と予告するのは自分を追い込むため、、、。ずれ込んだらごめんなさい)


    ※モニターレポートは今回全て書ききれなかったので、そのに続きます。


    -----------------------------------------------------
    筥迫工房 9月の講習会
    -----------------------------------------------------

    ❶『懐中裁縫用具入れ』:9月22日(火・祝)
     ※満席になりました。


    ❷『二つ折小被付筥迫』:9月23日(水・祝)
     一日講習
     対象:「縢襠付筥迫」「三段口扇襠筥迫」の講習会を受講した方
     申し込み開始:8月18日(火)より


    ※本年度の講習会は9月で終了です。
     個別質問のある方、講習会以外の作業をしたい方は、
     11月の研究会にご参加ください。
     研究会参加は直接お問い合わせください。



    ▼筥迫工房のお店


    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村
     
    【2015.08.22 Saturday 12:23】 author : Rom筥
    | そうだ筥迫を作ろう! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/981942
    トラックバック