『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 2015.12 筥迫講習会 縢襠付筥迫 | main | 2015.12 江戸型筥迫『蝶々結び』 >>
筥迫と着付け
0
    講習会や研究会では、参加者の方がご自分の作品や筥迫関係の資料を持ってきてくださることが多いのですが、ぴょんさんがお持ちになった1987年発行の「anan」がちょっと気になったので、今回はこちらをご紹介させていただきます。


    1987年というのは、これからバブルまっしぐら!という時代です。
    ananでも何度か着物特集が組まれ、街中で着物を着る女性の姿を見かけるようになりました。
    ぴょんさんは「コムサの着物」に憧れていたとか。


    そして胸元には筥迫(上下逆だ、、 ゆう★)。

    それにしても筥迫の位置がいいですね。すごく目に収まりがよいと言いますか。
    これはたぶん、着付けが筥迫向きなんだと思います。


    なんとシックなコーディネートでしょう。

    帯の位置が高いと半襟は幅広にぽってりと出しますが、帯の位置が低いと半襟を縦に広く見せるため、襟の合わせが浅くなり、これまた筥迫向き。

    この時代はシックな着物がトレンドで、それに合わせて帯の位置が下なのか、それとも時代的にこんな着付けがトレンドだったのかはわかりませんが、大人で素敵な振袖の着方だなぁと思ってしまいます。

    筥迫は帯を前にクッと下げて入れると大変素敵なのですが(振袖じゃ無理だが)、花嫁の着付けはいつの時代も帯の位置が高いので、トップバストの上の隙間がないところに筥迫を無理やり入れるのが定番。
    この位置は不安定なので、やたらと窮屈そうに見えます。

    それにしても、何で今時の着付けは、補正をぐるぐる巻きにしてダルマのような体型にしてしまうんでしょうね。
    ガッチリ固めてまっせ!という感じで、胸元は寸分の余裕もなくパンパンなので、着付けが終わってから筥迫を入れるのは至難の技です。

    これでは筥迫を入れようという発想がわかないのも当前で、筥迫が薄く小さくなって形骸化されていった要因なのでしょうね。

    どんなに筥迫を小さく薄くしようが、この位置に据えている限り、和装の世界で筥迫がメジャーになるのは難しいというものです。

    筥迫消滅の危機を免れるためには、筥迫に合う着付けを考えることが大事だと思っております(私は作る専門なので、これは誰かに任せたい!)。


    筥迫小さすぎる(これじゃ七五三用だ)。


    後ろページに筥迫のお値段がありました(定価4,500円)。



    こちらは以前オクでサンプルとして入手したものですが、出品者の方にいつ頃購入された物かを聞いた所、当時で25年前ぐらいとおっしゃっていたので、たぶんこのanan世代で販売されていた筥迫ではなかろうかと思います。

    縢襠の中にはそのままポケットテッシュが入るようになっており、三つ折りではなく一体形です。
    胴締めは本体に貼り付けられ(!)、被せの下でスナップで止めるようになっています。(筥迫にスナップ、、、似合わん)。

    筥迫と名乗るなら、せめて本体と胴締めは分離したい。

    既成概念にとらわれずよく見てみれば、ただの筥迫型ティッシュケースなのでした、、、。


    着付けか体型か、、、

    このとき研究会にいた方の見解は、

    「モデルは背が高いから、振袖で帯を下げてもきれいなバランスで見えるんですよ」
    「この雰囲気はモデルならではのいかり肩のせい」

    そんな話を聞きながら思い出したのが、私の健康診断での話。

    レントゲン写真を見ながら「う〜ん」と考え込む先生。
    すわ、ヘンな影でも見つかったか、、、とおののく私に先生が一言。

    「これじゃ肩に何も掛けられんでしょ。」

    先生はレントゲン写真に映る私の骨格を見て、なんと「なで肩」を指摘したのです。
    先生、それって病気じゃないですから、というか、なぜそこに一番に目がいく、、、???

    このananが発売されのは、これからバブルに突入しようという時代。
    やたらと肩を強調したような服が流行っていたというか、肩幅が必要な服が市民権を得ていたというか、私には辛い時代でした。

    医者にも哀れまれる程のなで肩のため、大きな肩パットを何枚も重ねて入れていましたっけ(それでやっとその当時の一般的な肩の高さになる)。

    ついでに言うならば、肩幅も狭いし腕も短い。
    長所と言えば、アンティークの小さな着物が着られるということぐらい。

    そんな私が着物を着ると、あまりにも馴染みすぎて、どこの時代から来た女?という佇まいになってしまいます(笑)。



    1987年はこんな時代

    1987年(昭和62年)といえば今から28年前。
    この年に何があったかWikipediaを参照したところ、

    ■1月
    天安門広場で学生数百人がデモ
    関西国際空港着工
    ■2月
    NTT株が上場して財テクブーム
    先進7カ国財務大臣・中央銀行総裁会議(G7)開催(ルーブル合意)
    ■3月
    日本初の辛口ビール「アサヒスーパードライ」発売
    ■4月
    花王が日本初のコンパクト洗剤「アタック」を発売。洗剤コンパクト化のきっかけ
    国鉄が分割・民営化され、JRグループ7社が発足
    ■6月
    テレビ朝日『世界の車窓から』放送開始
    衣笠祥雄選手が連続試合出場2131の世界新記録を樹立
    日本の外貨準備高が西ドイツ抜き世界一へ
    ■7月
    世界の人口が50億人突破
    台湾で1949年以来続いてきた戒厳令が解除される
    ■9月
    第二電電が営業開始(現在のKDDI株式会社の直接の前身企業)
    ■10月
    利根川進マサチューセッツ工科大学教授がノーベル生理学・医学賞を受賞
    ニューヨーク株式市場が大暴落(ブラックマンデー)世界同時株安に陥る
    ■11月
    日本航空株式会社法が廃止され、日本航空が完全民営化
    金賢姫による大韓航空機爆破事件発生
    ■12月
    「ファイナルファンタジー」(シリーズ第1作)発売。
    東京円相場1ドル121円台を記録


    さて、この年あなたは何をしていましたか?



    ▼筥迫工房のお店


    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村
     
    【2015.12.19 Saturday 23:02】 author : Rom筥
    | 雑記 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    補正もだけど、今は和装ブラで胸を鳩胸にしちゃうからね〜。このモデルさんたち、ブラしてないからバストが横に流れてると思うわ
    | ag | 2015/12/22 12:59 PM |
    潰しているのか、ないのか、、、。
    いや、潰していることにしましょう(笑)。
    | Rom筥 | 2015/12/22 1:09 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/981964
    トラックバック