『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 2016.6 講習会『携帯裁縫用具入』 | main | 後藤勝子コレクション vol.13 〜北斎シリーズ (4)〜 鳳凰 >>
三條本家みすや針 極小糸切りはさみ
0



    前回、講習会の様子をご報告いたしました『携帯裁縫用具入』ですが、今年は前半に三回講習が集中してしまい、次回は来年という変な組み方してしまいました。申し訳ない、、、。

    この講座では作品が仕上がると100円ショップの携帯裁縫道具の中身を入れて完成となるのですが、4月に参加された静岡在住のT.Tさんが何やらチマチマと別の道具を収納している姿を目撃。

    何を入れているのか聞いてみると、それはそれは小さな『糸切りはさみ』でした。
    ちょうどこの携帯裁縫用具入にぴったりの大きさ。

    「これ小さいですけど、すごく切れるんですよ!

     この携帯裁縫用具入を作ったら絶対に入れたいと

     思っていたんです。」(T.Tさん)

    そのはさみとは、みすや針で有名な「みすや」で販売している極小の糸切りはさみ。


    わずか「6cm」です。
    もちろんお約束のマチ針も収納していましたよ。

    「これ欲しい〜!」
    と一人萌えまくるRom筥。

    早速自宅に帰って検索。

    ネットショップにはこの極小のはさみは置いていなかったので、電話で問い合わせると「7cmのものならあります」とのことで、きっとT.Tさんが測り間違えちゃったんだろうな〜と勝手に推測。
    一丁約400円程度とお安かったので5丁注文。

    そして届いたはさみを嬉々として携帯裁縫用具入に入れてみると、何とか入るけど無理矢理感満載、、、?

    改めて測ってみたところ8cmありました(7cmでさえない)。


    そこでT.Tさんに、

    「なんかサイズ全然違うんだけど、、、」


    「先生、私が言ったのは『三条みすや』ですよ。

     それ、もう一つのみすやの方じゃないですか?」

    みすや針には「三条みすや」と「みすや忠兵衛」の二店舗が存在しているのですね(無知でごめん)。

    しかし諦めの悪いRom筥のこと、気をとりなおして三条みすやに電話で再注文。
    この6cmのはさみがとてもすばらしいこと、これをどうしても手に入れたいことを伝えました。

     



    「これはうちで作らせているものなんです。
     でも申し訳ないのですが、通販はできないんですよ、、。」

    えっ?だってネットショップをやっているでしょ??
    なのに、どして?え?おかしいでしょ、どして?(しつこい客)。

    まぁ色々と事情がおありのようです。

    がっくりしてT.Tさんに報告すると、

    「近々京都に行く用事があるので、よかったら買ってきますよ!」

    ということで、しばらくして私の手元にこのかわいい糸切りはさみがやってきました。

    お値段、約1,400円

    こんなに小さいのにしっかりお仕事してくれて、このお値段はかなり良心的。

    みすや忠兵衛さんのはさみは400円とお安く、ただ糸を切るだけで性能に問題はないのですが、三条みすやのはさみは職人さんが作ったのかなと思われる出来(一番下は一般的な糸切りはさみ)。


    切れ味が良いのはいいとしても、刃先がピンピンに尖りすぎて危なかったので、ムクムクと「はさみカバー」を作りたくなりました。

     

    ジャストフィットに拵えました。

    もちろん針と糸は使わず貼り込みでね。

    裁縫道具入れとお揃いで作ったら益々かわいくなったぞmoe

     

    T.Tさんにどうだ!とばかりにお披露目したところ

    「それならお揃いの糸巻きもほしい、、、」と言われたので、

    針山のひょうたん型をちょっとばかり変形して糸巻きも作ってみました。

     

    講習会では人気のある裁縫道具入れですが、実は私、あまりこの型には思い入れがなかったのです(自分が必要としないから)。

     

    でもこのハサミを入れた途端、◯◯さんと、◯◯さんと、◯◯さんにあげて、、、と行き先を考えるようになりました。

    もちろんプレゼントするときには仰々しく中を開けて、

    「この中に入っているのは「みすや」のはさみで、
     小さいのにすごい切れあじなの。
     そうそう、みすやでも『三条みすや』にしか

     このサイズはないからね。
     でも三条みすやはお針しか通販しないから、
     ハサミまで揃えたいとなると
     京都まで行って手に入れなきゃならないのよ!」

    ともったいぶって言うのがミソですね(笑)。

     

    ちなみに、全国の催事場に出店しているのは「みすや忠兵衛」さんの方らしいので、このはさみが欲しいとなると、やはり京都まで買いに行かねばならないようです。

    何でもネット注文できる世の中にあって、

    携帯裁縫用具入は東京の筥迫工房の講習会で自分で作らないと手に入らない(来年以降教本出したいと思ってはいますけどね)。

    中のはさみは京都三条みすやに行かないと手に入らない。

     

    こんな小さな物に、これだけ面倒な手間と隙と情熱をかける。

    これぞ「大人の女のおままごと」!

     

     

    T.Tさん曰く、

    「あの携帯裁縫道具入れを作ったら、みすやさんに行って
     その場で実物を広げて中身をあれこれ見繕うなんて
     楽しいですよ〜‼️
     完全オリジナルの裁縫道具入れが出来ます!
     手作りってイイですね〜〜。」
    だそうです。

     

    これはT.Tさんからお土産でいただいたマチ針。

    かわいすぐる〜(T.Tさんありがとう〜)。

     

     

    このレアなセットを揃えたら、是非小さなお嬢ちゃんたちに見せてあげてください(もちろん、みすやのマチ針を忘れないでね)。

     

    そして上記のうんちくを唱えてください(笑)。


    幼い子供にはよくわからことでも、その美しい形状と、小さなものに大人が嬉々として食らいついている姿が、七五三の不思議な筥迫のように脳裏に焼きつくと思いますよ。


    そういう記憶はすごく大事にしたいもの。

     


    最後に、普通サイズの糸切りばさみのカバーも作ってみたくなりました。

    こちらもおまけにアップしてみます。

    仕事詰まっているのに、こんなことに1日半も潰してしまった、、。

     

    厚みがある分、少し立体的。

    貼り込みは、糊が乾くまでの間に型をしっかり作っておくと、その形のままパリパリに乾くので、カバーというよりもケースといった感じに仕上がります。

    粘土を扱っているようなイメージもあるので、手芸というよりも工作的な作業が楽しい。

     

    しかし先のはさみのサイズに目が慣れてしまったので、大きすぎて可愛げがないとか思ってしまう。


    この小さなはさみカバーは作り方も簡単なので、ブログにアップしようかとも考えたのですが、安易にお勧めしてしまうには突っ込まれそうな所がなきにしもあらずなので、とりあえず次回の講習会用の資料に載せておくに留めます。

     

    以前参加された方でつくり方が欲しい方は、ご連絡いただければPDFを送らせていただきます。
     

     

     


     

    追記(2016.7.29)

     

    三条みすやさんから、この6cmの糸切りはさみの量産体制ができたことを確認いたしました。

    ただしネット販売はできないので、「直接電話にて注文」してくださいということです。

     

    発送方法は、

     

    1)着払い

    商品代金とは別に、送料&着払い手数料が500円で即発送可能。

     

    2)クロネコDM便

    商品代金と送料(164円)を先に振り込み。確認に2〜3日で発送。

     

    ご希望の方は直接みすやさんにご連絡を。

     

     

     


    ▼筥迫工房のお店


    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

    【2016.06.23 Thursday 14:13】 author : Rom筥
    | 筥迫材料-その他 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    先生、こんにちは。
    色々と羨ましくて身悶えしそうです(笑)
    小さくて切れ味抜群の鋏が欲しい!
    限定のマチ針欲しい!
    お店に行って選びたい!
    く〜〜。

    ふぅ。鋏カバーのpdf頂きたいです。
    後ほどメールさせていただきますね。
    | のん | 2016/06/24 5:12 PM |
    小さいのに切れ味がいいなんて、萌えるしかないでしょ?
    女はこういうものが大好きなのですよ。
    是非、京都行ってくださいね!
    後ほどPDF送ります。
    | Rom筥 | 2016/06/24 5:54 PM |
    実は京都に知人がいます。
    二条あたりにお住まいの方なんで
    今度、お店に行けるかどうか聞いてみようと思ってます。
    お忙しい方なんで今日の明日というのは無理だけど
    そのうちお暇な時に…なら大丈夫かも!
    | 風来坊 | 2016/06/26 9:06 PM |
    風来坊さん>

    京都の方にツテがあるならお願いできたらいいですね!
    待つのも楽しいものですし。
    | Rom筥 | 2016/06/26 9:56 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/982000
    トラックバック