『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 2017年 筥迫工房 講習会スケジュール | main | 古いものから得るもの、新しい時代へ繋ぐもの >>
2016.11 七五三騒動記 〜つるひめさん〜
0

    11月が終わってしまう前に、つるひめさんから届いていた七五三のレポートを急ぎ掲載させていただきます。

     

    久々の七五三登場、かわい〜です♡

     

    こちらの筥迫は以前ご紹介させていただきましたので、ご興味のある方は前ブログをご参照ください。

     

     

     

    『七五三騒動記』

    20116年10月吉日


    rom筥さんには毎度お世話になっております、つるひめです。


    2013年7月に<舌切り雀>の筥迫を掲載していただいたのを皮切りに、時々ブログに登場させてもらっています。

    先日、無事に孫の7歳のお祝いをいたしましたので、ここにご報告いたします。


    息子しかいない我が家に可愛いお嫁さんが来たのは2008年の年末でした。

    2010年の10月には女の子の初孫が生まれました。

    以来、私の頭の中は七五三のことで一杯です。

    (現在進行形です〜理由は後ほど)

     



    甚平・浴衣・一つ身の着物・3歳の祝い着とすべて縫い、2013年にはrom筥さんの勧誘?に乗って筥迫の刺繍をしました。

    小さくて、本当に楽しかった!

     

    2015年からは、小物の情報を集めては、自分に製作可能なものを探っていました。

    その結果、挫折した物も含めて記しますと・・・
    着物・長じゅばん一式    着物・長じゅばん・肌襦袢は自分で仕立てました。

     

    さて当日、夜半から警報が出るくらいの大雨だった近畿地方。

    天気が気になって朝早く目覚めました。

    でも、天気予報通り午前9時にはすっかり上がり、お参りに行った時には道も乾いていて有難い事でした。


    孫はママと美容院へ行き、日本髪を結っていただきました。

    最近の美容院では中々日本髪を結ってくれるところがないそうで、ママがつてを頼りに探してきました。

     

    髪を結うとすっかりお姉さんらしくなり、その姿に感激!

     

    それからは時間との勝負。

    まず自分がきものを着て(慣れてる順番がいいのです)次にママに着せ、次に当人の着付けをし、最後に妹たちと着せて行きます。

     

    そうです!まだ下に3歳の双子の女児がいるのです。

    だから私の七五三騒動は進行形なのです。

     

     

    3歳の双子には昨年縫ったお祝い着を着せました。

    1年で7センチも身長が伸びていたので、前日にはこれらも腰揚げ・肩上げ・つけ紐位置を直しました x 二人分!

    いくら好きなことでも同じものを二人分ってのは中々きついです・・・とほほ。

     


    でも、3人ともとても喜んできものを着てくれるので(今のところ)私も頑張りがいがあります。

     

    お参りは近くのあびこ観音様へ行きました。

    小ぢんまりとした境内に、樹齢700年以上の大楠が鎮座していて、近隣の方々の憩いの場所になっています。

    何もない時でも、息子宅に遊びに行くと、必ず足を運ぶお気に入りのパワースポットです。


    帯まわり一式        

    帯は原宿のオリエンタルバザーで状態の良い、全通柄を購入。

    つけ帯にしました。
    帯あげは私が7歳のお祝いに使った物。

    帯締めは筥迫工房から購入した教本で丸ぐけを作ってみました。

    しごきは友人からのお古。(昔の物はしっかりしてる!)

     

    次に帯締めですが、せっかく作ったものの大人と同じ太さの丸ぐけでは、7歳には太すぎでしたし、寸法も116センチでは少し短いようです。

    帯揚げとしごきに挟まれて、前帯が表面に出る幅はそれほどありません。

    そこに太い丸ぐけでは見た目もごつくて・・・残念ながら諦めて、手持ちの帯締めを使用することに。


    草履・バッグなど小物

    草履は着物と色の合うものをネットで購入。

    バッグは枠をオカダヤ手芸店で購入し、着物の端切れで作ってみました。

    チェーンは別売りでした。


    髪飾り

    つまみ細工に挑戦するのも面白いかと・・・無料講習会に出てみましたが、どうも小さい布を切ったり貼ったりするのが苦手で挫折。結局ネットでかんざしセットを購入しました。

    ちんころや棒状のかんざしは家にあった物を使用。


    それらをすっかり箱に詰め、息子一家のいる大阪へ送りました。

    お参り前日に大阪へ行き、まずは着付けのリハーサル。

    腰揚げ・肩上げの最終調整をしました。

    7歳の祝い着は、大人同様に腰ひもを使って着付けをすることが多いようですが、当日の時間割や本人の負担を考えて腰揚げにつけ紐のスタイルを選択しました。


    私の目標は孫をきもの大好きな女の子にすること!

    苦しいからイヤヤ〜と言われたくないのです。

     

     

    着せてみて、筥迫を入れてみると、ちょっと胸元がキツイ感じ。

    そこでほんの少し、前身ごろ部分の肩上げを浅くして胸の寸法に余裕をつくり、さらにつけ紐の位置が上過ぎて、筥迫のおさまりが悪いようだったので、つけ紐も位置を少し下へ下げました。

     

     

    写真は女性フリーカメラマンに出張撮影をお願いしました。

    Photo Clueto のくにがねみさをさんです。

    3歳のお祝いの時は写真館へ行ったのですが、ぞろぞろ移動するのがあまりにも大変だったのと、いかにも写真館で撮りました!式の写真しかなくて。(それはそれでいいものなんですが・・)

    渡されたデータをパソコンで見て、感激!やはりプロにお願いして良かったです。

     

     

    本当にいい思い出になりました。

    妹が生まれて以来、何かと注目を集める双子の存在に、我慢したり、忙しいママを手伝ったりすることが多かった長女も、この日ばかりは一日中主役!!

    慣れない髪型にも、3歳の被布姿よりぐっと重い帯にも耐えてニコニコでした。

    2時間にわたり、境内を歩き回って撮影しましたが、筥迫が落ちることもなく、しっかり胸元に収まっていました。

     

    6年間の様々な思いが詰まった七五三詣りが無事に終了し、写真を見ては楽しんでいる、シアワセなバアバです。

    長々と報告を書いてしまいました。

    お付き合いに感謝。

     

    最後に・・・

     

    どうする?? 3年後の双子の七五三!!!

     

    七五三騒動はまだまだ続く・・・

     

     

     


     

     

    筥迫工房のショップで扱っている丸ぐけ用の「手持ち芯」は10mm太なので、子供には太いのですね、、、。

    7歳児には、たぶん8mmぐらいを使うとよいのかもしれません。

     

    七五三の着物でも、しっかりと仕立てられた着物の場合は襟に厚みがあるので、筥迫は早々落ちやしません。

    しかし既製品のペラペラの襟では、筥迫の厚みを受け止められないので、すぐに落ちてしまいます。

    この場合は、胴締めの裏から紐を通して、中で小さなクリップなどで止めておかないと大事な筥迫を落としてしまうので、どうぞ十分にご注意ください(子供の場合は「落とす」だけじゃなく「紛失する」んだわ)。

     

    つるひめさんは刺繍教室では私の良き協力者で、お孫ちゃんたちがまだまだ小さいうちから筥迫刺繍を手がけてくださいました。

    最近は婚礼用の「筥迫&懐剣」「小物入れ」の刺繍もしてくれたし、更に来年は、筥迫以外で依頼されている嚢物の刺繍までお願いするという、、、(汗)。

     

    最近はお孫ちゃんたちの成人式の袋帯に、「全通柄じゃない!」と言いつつも、ほぼ全通のような大作刺繍に取り掛かるなど、生きているうちに仕上げられるのか?と皆に心配されています。

     

    まぁ、ときどきは筥迫刺繍で息抜きしてくださいまし。

     

    <追記>

    先ほどつるひめさんより、2枚目の写真の筥迫が上下が逆さまなので差し替えて!という連絡がありました。

    家族だけの撮影で筥迫を開いたらしく、そのままパパさんが天地逆に差し込んだそうです(笑)。

    気がついたつるひめさんが慌てて天地を元通りにしたそうなのですが、かわいいのでそのまま掲載させていただきます♡

     

     


    ▼筥迫工房のお店


    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

     

    【2016.11.20 Sunday 22:48】 author : Rom筥
    | 七五三用筥迫 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/982037
    トラックバック