『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 謹賀新年 midoriさんの作品 〜新春祝い道具一式〜  | main | 2017年度の筥迫講習会 詳細出ました >>
揃い道具一式 〜noelさん所蔵品〜
0

    今回は今年の講習会の詳細などを出したかったのですが、このところ超多忙で考える暇なし。

    すっかり遅くなってごめんなさい、、、沈

    ということで詳細は来週以降になります。

     

    今回は前回のmidoriさんの祝い道具一式に関連づけた内容を書こうと思います。

     

    前回、定家文庫は他の懐中物と揃いの刺繍で作られることが多いと書きましたが、かつてはこせこ掲示板noelさんによってアップされていたお道具のことを思い出し、転載させていただくことにいたしました。

     

    とても素敵な揃い道具一式なので、是非多くの方に見ていただきたい。

     

    (前略)〜筥迫は相変わらず好きな小物なので、時々掲示板や筥迫は続くよ...を覗きに行きます。

    今回は久しぶりなのですが、物凄く進化していてびっくりしました。

    そして、筥迫を作っている方がこんなに沢山いらっしゃるのですね。

    私もまた作りたくなりました。

    ところで、定家文庫というのですね。

    私もひとつ持っているのですが、何と言うのか名称がわからず、花嫁道具みたいだなぁ〜、とお雛様に飾ったりしていました。

    可愛いらしい鳳凰の刺繍で、残念ながら鏡はありませんが、紙入れ等、色々と同じ意匠の小物が入っていました。

    使途や名称がわかって嬉しいです。〜(後略)

    noel [210] 06/25/(木)

    -------------------------------------------------------------------------------

     

    以前、どこぞのアンティークショップにこのような揃い道具があったので繁々と眺めていたのですが、

    「買い値に近いぐらい値を下げたのにそれでも買い手がつかない。バラにしてもいいから買わない?」と店主さんに言われました。

     

    このような揃い物がバラになってしまうことほど悲しいことはない。

    話は違いますが、以前ヤフオクでお雛様とお内裏様を別々に出品している人がいて、なんとも言えない怒りを覚えたことを思い出しましたよ。

     

    揃ってこそ価値があるものをバラしてしまうなんて(泣)。

    まとめて買ってさしあげたいのは山々でしたが、その時の値段でも私には手が出ませんでした。

     

    これが一体どういう目的であるのかわからない人が多いので致し方ないとは思います。

    粧具を納めた箱を錦の嚢(ふくろ)に入れて組緒で結び、晴れの時は小婢、長婢が携えて従うことは、京坂で古風を残すひとつである。江戸では従来からこれは用いていない。(日本の美術5「守貞漫稿」定家文庫解説より)

    京阪の文化とはいえ、現代の関西地方にお住いの方でもほとんどの方が知らないというのも残念。

     

    私がSAKURAのyayaさんから聞いて初めて定家文庫を知り、私も定家文庫のことをブログによく書くようになったので少しは周知されたと思いますので、せっかくの揃いがバラバラになってしまわないように早く入手してくれる人が現れないかなと願っています。

     

    房を外したところでしょうか。

    (本来房は留め付けられているので外れません)

     

    そしてこれが定家文庫とお揃いの一式。

    筥迫はないですが、これだけ同じものが揃えられていると圧巻ですね。

     

     

    テーマを揃えるか、図案で揃えるか

     

    この作品が作られた時代を考えると縮小コピーなんてものはなかったでしょうし、図案をそれぞれの大きさに書き直しているようで、それぞれに少しずつ違うのがまた人間の手を感じて愛おしい。

     

    趣味で日本刺繍をしている私レベルの人間からすると、このように同じ図案を延々と他の型に繰り返して刺繍するというのはかなり辛い。

     

    先日、繍い紋職人のH.Sさんが揃いの道具を作られたということで見せていただきましたが、テーマを揃えた図案だったので、「同じ図案で作るという発想がなかった」とおっしゃっていました。

     

    midoriさんにも始めに揃いの道具をお見せしましたが、刺繍ではない金襴の生地で作った定家文庫だったで「こんな風に揃いにして」とは言いましたが、図案を同じにしてとは言いませんでしたので、ご自分でテーマを揃えて図案を作られたようです。

     

    つまり趣味で作っている人たちには、同じ図案で延々と作るという発想はしにくいのかもしれません。

     

    どちらがいいということではありませんが、たぶんテーマを揃えたものはより作品的になるので「豪華!」という印象を受けるかもしれません。

    他方、図案を揃えたものは、全部同じだからこその「かわいい♡」という萌えポイントをくすぐられるかもしれません。

     

     

    是非、我こそは!と思う方がいらっしゃいましたら、この一揃いにチャレンジしていただき、現代にもこんなすばらしい作品が作れるのだということを実証していただきたいものです。

     

     

    作品の主導権を握るのはどちらか

     

    このような作品を鑑賞したときに、皆さんは何を思うでしょうか。

     

    「うわ〜すてき〜moe」というのは共通しているかもしれませんが、その次に思うことは人それぞれだと思います。

     

    「刺繍きれい〜」

    「当時いくらぐらいで買ったのか、、、」

    「重そうな房!」

    「どうやって使うの?」

     

    でしょうか。

     

    私は作る側の人間なので、「職人に発注をした先はどこか?」を考えてしまいます。

     

    定家文庫は房がゴージャスなので、私はつい「定家文庫のメインは房!」と考えてしまうのですが、それはたぶん今回の作品のように大きな撚り房が二つ付いたものをよく見てきたからなのだと思います。

     

    しかし、実際刺繍の図案を当ててみると、撚り房の邪魔なこと、、(苦)。

    房のせいで刺繍が見えない。

     

    ということで、私が定家文庫を仕立てる際は一本使いにしています。

     

    つまり定家文庫の刺繍に目がいくような人はこんな房のつけ方はしないので、これを作らせた人はこの房がドーンと目立った「ザ・定家文庫」的なスタイルを売ろうというのが第一にある。

    つまり袋物商か有名百貨店かが企画製作したもので、たぶん同じ図案のものがいくつか販売されていたはずです。

     

    かたやKUIPOの定家文庫は房が一つで刺繍や仕立てに目がいくような作り方なので、いかにも趣味人が特注で作らせた袋物という感じです。

    図案もこのためだけに描かれたオリジナルでしょう。

     

    企画製作したものであれば、ある程度は数を売ることを目的としているはずですが、完全な既製品というよりは別注品、つまりイージーオーダーのようなもので、例えばこの年の図案はこの桐に鳳凰にして、中に組み合わせるものは好きに選べるぐらいのものだったのではないでしょうか。

     

    古い筥迫などは桐箱の内側に百貨店シールが貼ってあるものを多く見かけます。

    しかし定家文庫では百貨店シールが貼ってあるものを見かけたことがないので(それほど数は出てこないこともある)、もしかしたら定家文庫などは嚢物商しか扱わなかったかもしれません。

     

    この定家文庫ぐらいであれば、たぶん大正か昭和初期ぐらいに作られたものではないかと思いますし、実際に関西地方ならお祖母様から引き継がれたなんて方もいらっしゃるのではないかと思います。

    そんな方がいらっしゃいましたら、是非エピソードなどお聞かせいただければと思います。

     

     

     

    しかしながらすばらしいコレクションで目の保養です。

    noelさん掲示板へのアップありがとうございました

     

    筥迫工房の掲示板は、ご自分でおつくりになった作品以外にも、noelさんのようにご自慢の一品などを自由に掲載していただけますので、すてきなアンティークの袋物をお持ちの方は是非お披露目してください。

    いいものがありましたら、今回のようにこちらからスカウトにも参ります。

     


     

    SAKURAのyayaさんからコメントをいただきましたので追記いたします。

    yayaさんは日本の古くからの細工物に大変お詳しい方です。

     

    定家文庫は八代の美術館には有りますのに徳川美術館にはないのですよね。
    以前問い合わせて不思議に思いました。
    定家文庫は江戸の武士文化ではなく京の公家文化なのでしょう。

    時代祭りには和宮様の侍女が捧げていますよね。

    結は公家の中で生まれましたからあの結びや房がよくそれを物語っているのでしょう。(yaya)

     

    何だかわからないものを入手した時は「yayaさんに聞け!」が私のお決まりです(笑)。

    yayaさん、ありがとうございました!(Rom筥)

     




    ▼筥迫工房のお店


    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

    【2017.01.12 Thursday 16:55】 author : Rom筥
    | 定家文庫・揃い道具 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    おはようございます。
    私の名前を出して頂いて恐縮です。呼ばれて出て参りました。
    SAKURAに初めて定家文庫の事を書いてたのはもう15年近く前でしょうか? 検索してもほとんど出ない時でしたがROM筥さんの頑張りで普及しましたね。
    ROM筥さんの初型紙で試作の筥迫を作ったのも良い思い出となりました。

    定家文庫は八代の美術館には有りますのに徳川美術館にはないのですよね。
    以前問い合わせて不思議に思いました。
    定家文庫は江戸の武士文化ではなく京の公家文化なのでしょう。時代祭りには和宮様の侍女が捧げていますよね。結は公家の中で生まれましたからあの結びや房がよくそれを物語っているのでしょう。

    ところで貴重な画像をある方が又送って下さいました。
    月末に香会がありまして今は準備に専心しておりますので終わりましたらお送りいたしますので暫くお待ち下さいませ。

    | yaya | 2017/01/17 6:27 AM |
    yayaさん、定家文庫の情報ありがとうございました。
    ブログの方にも引用させていただきました。

    >時代祭りには和宮様の侍女が捧げていますよね。

    わお、この画像いつか見て見たいです。

    私も先日SAKURAを見返して、私が持っている「何だかわからなもの」と同じ物を見つけました。
    これもいつか作ってみたいと思っていますが、その際はまた色々とお聞きしたいと思います。
    | Rom筥 | 2017/01/17 9:22 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/982045
    トラックバック