『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 揃い道具一式 〜noelさん所蔵品〜 | main | 必ず通る道、それは金封袱紗! >>
2017年度の筥迫講習会 詳細出ました
0

    やっと本年度の講習会の詳細が出ましたので、参加予定の方はこちらをご参照ください↓

    2017年度 講習会 開催スケジュール

    筥迫工房講習会 講座各種

     

    講習会コース説明の講座名がそれぞれの詳細にリンクしています。

     

    内容を考えてショップに上げるまでの一連の作業にやたらと時間がかかってしまいました、、、。

    それでもまだ少々抜けているところがありますが、そこはもう少し時間をください。

     

    今確認していただきたいのは、とりあえず近日中に開催される講座の「開催日」と「申込開始日」です。

     

     

    簡単に講座を増やせない

     

    最近、講習会の申し込みが定員になってしまう時間がやけに早い。

    朝方や夜中のうちに埋まっていることも。

     

    こうなると、午前中目指して待ち構えていた方から、カートを開けてもいないのになぜ締め切るのだ!とお怒りの電話やメールが来るわけです(夜中0:00には開いているのですが)。

     

    半年、一年と待っていた方々のやりきれない思いはごもっともで、、、申し訳ない 沈

     

    何でもっと講座数を増やさないの!と思われるかもしれませんが、そうそう簡単には増やせないないのが辛いところで。

     

     

    1)どの講座も一日で完成させる

     

    これまで筥迫工房の講習会では、全ての部品を手抜きさせることなく絶対一日で仕上げさせる!ことをモットーにしてきました。

     

    しかしながら、講座によっては終るのが20時近くになってしまうので毎回ヘトヘトです。

     

    年に数回程度やっているうちはよかったのですが、月2とはいえ事前準備を含めると講習会に当てる時間は相当の負担になります。

    他に手のかかる仕事も抱えているので、これ以上増やそうという気にならないのが正直なところ。

     

    ではどうすれば増やす気になるのか?

    自分が疲れ切らない内容にすることが今後の最重要課題。

     

    手間のかかる筥迫のようなものを初心者に一日で作らせようとするから事前準備が大変なのであって、終了時間も遅くなるのであって、これをまずは解消したい。

     

    筥迫を17時〜18時ぐらいまでに完成させるためには、受講者のレベルを中級扱いにして、基本作業までは自宅作業してきてもらう。

    初級まではこの事前準備が自分一人でできるようになることを目標にする。

     

    それと道具を全て受講者に用意してきてもらう。

    これしてくれると、現状では一番助かる、、、。

     

    とりあえず今年はこれで様子を見ようと思っています。

     

    2)適当にできるような物を作らせたくない

     

    現代は量産品にあふれています。

    捨てることに膨大なエネルギーを費やすほど。

     

    こんな世の中だからこそ、売ることを目的としていない人たちには、これでもかと手間をかけてもらって、既製品より上質なものを作ってもらいたい。

    適当に作って簡単に捨てられるものは作らせたくない。

     

    こんなやり方だから、一度に多くの人を教えることができないということ。

     

    これを変える気はない。

     

    3)資料作りは気が遠くなる

     

    貼り込みで作るものは作業が複雑なので、自宅でも一人で迷わずできるような詳細な手順書を作成しています。

     

    「講習会に出られないので資料だけ売って欲しい」とよく言われるのですが、それはお断りさせていただいていいます。

     

    「型」はいくらでもあるので、自分で作るだけならいくらでも作ることはできます。

    しかし、これを「人に作らせる」ための資料を作るには、膨大な手間と時間がかかるのです。

     

    これらの作り方には元になるテキストがあるわけではありません。

    私が一から研究しているものなので、常に試行錯誤の繰り返し。

     

    常に手順や技法を見直し、受講者の要望を反映しているので、講習会の度に資料を作り直しています。

    間に合わないときは講習会でテキストを書き直ししてもらうような補助的資料でしかないのです(つまり売れない)。

     

    この作業が大変なので、簡単に講座を増やす気になれないのも理由の一つ。

     

    教本はここから更に膨大な手間がかかるので、ホント気が遠くなるんですよ。

     

    4)情けないことに、、、

     

    そして最大の問題は、私がスケジュール管理が大の苦手だということ!(だから申し込みが一ヶ月前なのね)

     

    カレンダー上でいつも迷子になっている人間なので、現段階でこれ以上講座数を増やしたらとても危険、、、沈

    今年はこれでも限界まで増やしたつもりなので、とりあえず現状でお許しください。

     

    ということで、最近ショップの内職作業を手伝ってもらうようになったMさんに、今回はスケジュールの校正をお願いしました。

     

    改めてこれまでの詳細ページを見ると内容が間違いだらけですごいボロボロ。

    これまでこの内容でよく講習会に来てくれたと思う、、、。

    ホント申し訳ない

    (まだ間違いあるかもしれません。そのときは教えて)

     

    初級コースまでは気軽に参加できるとは思いますが、今後は上級に進むにつれ対象が厳しくなっていきますので、参加するにはある程度の覚悟が必要です。

     

    それで人が集まらなくなったとしても、とりあえずこのシステムでやっていくしかないので、どうかご了承ください。

     

     

    日程変更(すみません、、、)

     

    11月の講習会は以下の三本立てだったのですが、実は私が所属するお針子会刺繍部の作品展が11月11日(土)〜14(火)に決まりました。

    多分、この頃は仕立てに追いまくられていると思いますので、前の週に三日連続の講習会はどう考えても無理。

     

    ということで、11月5日の三段口扇襠筥迫を、9月3日(日)に変更させていただきました。

    予定を入れていた方には大変申し訳ありませんが、どうかご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

     

    11月3日(金祝)念珠入れ
    11月4日(土)名刺付覚書帳

    11月5日(日)三段口扇襠筥迫 ※中止!(9月3日に変更されました)

     

     

     

    次回は、今年初登場の「金封袱紗」についてです。

     

    講習会につきまして何か不明点などございましたら、以下よりお問い合わせください。

     

    筥迫工房へのお問い合わせ

      

     



    ▼筥迫工房のお店


    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。



    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

    【2017.01.21 Saturday 23:51】 author : Rom筥
    | 筥迫講習会・研究会 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    講習会の詳細のアップありがとうございます。
    1つ、多分サイズの桁間違いか単位間違いを発見。
    式部型小物入です。
    ミリではなく、センチ単位なのかな、と。
    どれに、参加可能かスケジュール表とにらめっこ中です。
    | 郁駒屋 | 2017/01/22 10:13 AM |
    郁駒屋さん>

    ご指摘ありがとうございました。

    誰よりも遠方なので、どうかご無理のない程度にご参加ください(苦笑)。
    | Rom筥 | 2017/01/22 11:07 AM |
    ご教授の進化に頑張ってついて行きたいと思っています。

    さて、今年度から必須参加となる「金封袱紗」の講習会についてお尋ねします。
    すでに中級以上の参加経験者も必須になるのいでしょうか?
    その場合、他の新規希望の方のお邪魔にはなりませんか?(各回参加定員がありますから)
    筥迫作り、貼り込み技法を広めたいという先生のお考えに逆らわないかしら、と心配しています。
    | はぐれ猫 | 2017/01/23 10:31 AM |
    はぐれ猫さん

    その件は次回書こうと思っていたのですが、
    もう申し込みも近いのでした、、、。

    すでに額縁をやっているような人は
    出たいコースに出ていただいて、金封袱紗はいつか
    受講してもらうので大丈夫です。
    | rom筥 | 2017/01/23 2:28 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/982046
    トラックバック