『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 魅惑の『紅板』 | main | 2017.3講習会 〜金封袱紗&ハサミ入れ/指貫〜 >>
色々と業務連絡
0

    教本「婚礼用和装小物の作り方」

     

    「婚礼用和装小物の作り方」は貼り込みを使った作り方はないので、副読本の「貼り込みの基本」を購入する必要はありません。

    「懐剣袋」もミシンで縫って返す作り方で解説しています。

     

    本来、使う生地によって仕立て方は変えなければならないのですが、厚手の生地を使ってこのひっくり返す作り方はどう考えても無謀。

     

    ですから薄い生地を使ってくださいねと言っているのですが、ではどのぐらいの厚みの生地までならOKかなどと説明できないのが教本作りの難しいところ。

     

    実は、私自身は懐剣袋は教本の作り方ではない「貼り込み」で作っています。

    貼り込みに慣れると何でも貼り込みで作りたくなっちゃうものなのよ。

    生地を選ばないし、簡単だし、ひっくり返すよりずっときれいにできるし。

     

    始めの頃はこの作り方しか思いつかなかったというだけなのですが、その後あえて貼り込みの作り方に切り替えなかったのは、法和装小物の作り方だけを買う人にまで「貼り込みの基本」を買わせるのは忍びないという理由だけでした。

    (教本も縢襠付筥迫しか出ていないのに、副読本を買わせるのは申し訳なく思っています。はやく次のを出さねばと思ってはいるのですが、、、沈

     

    ところが、生地が厚くて懐剣袋のひっくり返しがうまくできないので何かアドバイスを〜、というお問い合わせを最近よくいただくようになってきました。

    そのような方にはこの貼り込み式の解説をお分けしている次第。

     

    現在、この教本の在庫があとわずかという状況になり、近々増刷をかけなければならなくなったことを機に、現在の縫って返す方法はそのままにして、この貼り込みの方法も別に付けようと考えています。

    縫う方法でも貼り込みでも、どちらも選べるというように。

     

    しかしながら、今あるのはあくまで自分がわかればいい程度の簡易なもの。

     

     

    今はこの1ページでさえなかなか着手することができない忙しさなので、次の印刷までには到底間に合いそうもありません。

     

    ということで、とりあえずはこれまでと同じ形で印刷して、後日教本に追加するような形で貼り込みページを印刷をすることを考えています。

     

    急ぎで使いたい方は、今ある在庫が切れると一ヶ月ぐらい品切れ状態になる可能性がありますのでお早めにご注文ください。

    まだそれほど急いではいないという方は、新しい貼り込み付きの教本が出るのを待ってご注文ください。

     

    ところで、現在の縫ってひっくり返すという作り方は、大量に効率的に作るやり方であって、これを作った当時はそれしか思いつかなかったのですが、本当は別々に縫って差し込んで上をまつるという方法の方が厚い生地にも対応できて良いと思っています。

     

    しかしこれもまた作り変えるとなるとまた時間がかかるので、こちらの方の改定はまだ先になりそうです。

     

     

    刺繍台

     

    最近、徐々に四辺貼りの刺繍台の注文が増えてきました。

     

    当初は自分が使いたい形に自作していただけなのですが、筥迫用に小さい刺繍台が欲しいという要望があったことから販売するに至りました。

     

    当初、四辺全部を糸で貼るようにしていたのですが、いち桃先生のお教室では、片側を縫い止めて3辺を貼るやり方をされていました。

     

    なかなかいい方法だと思い、私も最近は1辺を画鋲で止め、それを布で隠すように巻きつけて、三辺で貼る方法にしています。

     

    ↑これはイメージ的に撮影したものです。

    本当は枠のサイズに裁断して、三辺をかがってから台張りします。

     

     

    販売にあたっては、知り合いのDIY好きのおじさんにお願いして作ってもらっています。

     

    本職の人に頼むとこういうものはやたらと高いので、作っている人が職人さんでないからこそのお値段ということをどうかご了承ください。

     

    しかしながら、その方もかなりの高齢なので、いつまで作っていただけるのかが心配なところ。

    最近もどこか怪我をされたとかで、刺繍台の供給がストップしています。

     

    もう少しすれば再開できるとのことですが、今刺繍台を注文いただいてもすぐに発送することができません。

    出来次第発送ということでご了承いただきたくお願い申し上げます。

     

    実際、この方もいつまでできるかわからない状況ではありますので、もし皆様のまわりにこのぐらいだったらできると思うよ、という方がいらっしゃいましたら是非ご紹介ください。

     

     

    副資材

     

    副資材が増えました。

    というよりも、講習会で使うものをバラ売りしているだけなのですが、わざわざ探すのは面倒という方、家の周りでは売っていないと不自由な思いをされている方がいらっしゃるようなので、そのような方は是非ご注文ください。

     

    フエキ糊、ドットライナー、アクリル紐、縫い針セット(袋物に使う3種セット)などが増えました。

     

     

    ホットメルト紙

     

    気がつけばショップの商材も多くなり、とても一人でさばききれない量になってきました。

     

    以前、あまりの繁忙でネットショップの作業が追いつかないと嘆いていましたが、最近同じマンションのMさんにバイトをお願いして大変助かっています。

     

    それでもまだ始めたばかりで慣れません。

    先日、小分けにしたホットメルト紙を開いたところ、縁がギザギザになっているものを発見しました(90cm幅を手動で半分の幅にカットしているため)。

     

    これまでにホットメルト紙を購入されてこのようなものが紛れていた方には大変申し訳なくお詫び申し上げます。

    気になる方はお取り換えいたしますので、ご遠慮なくお申し出ください。

     

     

    講習会

     

    今月から講習会が始まります。

     

    今年からシステムを変えて入門コースの「金封袱紗」から始めることにしたので、現在、金封袱紗に予約が殺到し、3月の中級コースはかなり席が空いております。

     

    現時点で中級対象者が少ないことが原因なのですが、今後は段階的に進んでいかなければならないため、全体的に受講希望が減るのではないかと予測しております。

     

    「始めが筥迫じゃなければ講習会には来なかった」という方は多いです。

    それがわかりながらこのようなシステムにしたので、中級の筥迫コース以上はこれまでのように熾烈な予約競争にはならないのではないかと思っています。(実際にどうなるかはわからないので、確実に予約したい方はあくまでお早めにね)

     

    ただし、新しい企画物は常に予約が殺到します。

     

    なぜもっと講座数を増やせないのかと言われますが、私自身も新しい講座は恐る恐るやるという感じなので簡単には増やせない。

    新しい型は、教える方もかなりしどろもどろで教えているんですよ(汗)。

     

    仕事ではこのような型はあまり作らないので、自分自身がとにかく慣れていないということです。

    講習会の前日は必ずおさらいして一個は作るのですが、それでも人に教えながらだと度々手が止まるし間違えやすい。

     

    5〜6回以上講座をこなして、私が慣れた頃に参加した方がいいんじゃないのかな〜と思っているので、新しい型が出たときはそんなに焦って予約を取らずに、お互いゆっくりと進んでいきましょうよ。

     

     

    現在受付中の「名刺入付覚書帳」はあと1席あります。

    こちらは「申し込み画面」からエントリーしてください。

     

    この場合、「三段口扇襠筥迫」が申し込みできないことが判明、、、、沈

     

    どのようなやり方をしたらホント迷ってしまいますが、とりあえず詳細画面にカートを出しておきますので、前の予約分は各詳細画面からお申込みください(ご迷惑をおかけします、ごめんなさい)。

     

      

    ▼筥迫工房のお店


    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

     

     

     

    【2017.03.03 Friday 10:30】 author : Rom筥
    | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/982059
    トラックバック