『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 組入れ 〜念珠入れ&くり口名刺入〜 | main | 2017.4 中山きよみ+13コレクション(2)筥迫&懐剣『桜』 >>
撚り房 販売再開
0

    しばらく販売中止にしておりました「撚り房」(単品)を販売再開することにいたしました。

     

     

    ネットショップがあってこそ

     

    筥迫工房のネットショップでは、筥迫を手作りする人たちを支援するための材料販売をしております。

     

    ここで売られている材料で、筥迫用に作られている物は「びら簪」ぐらいしかありません。

    その他は、私が筥迫に適しているものを一つづつ吟味して時間をかけて探しに探しまくった材料です。

     

    それでもあまりにも適切なものが見つからなくて、特注で作ってもらっている材料などもあります。

     

    最近はこのような和の房も既製品がけっこう出回るようになりましたが、筥迫用の撚り房は頭が小さくて房が長いのが特徴なので、既成のものではバランスが悪い。

    ということで、この撚り房も特注で作ってもらっているものの一つです。

     

    筥迫の教本を作るより何より、この材料探しというのが一番労力を使います。

     

    材料探しの迷宮に陥ると膨大に時間を費やすことになるので、正直私にとっては大きな足かせでもあるのですが、それでも材料が揃っていてこそ成り立つ筥迫作りなので、ネットショップがなかったらたぶんこんなに筥迫を作る人は増えなかったことでしょう。

     

    インターネットの普及は、これまでの世の中の仕組みを一大転換させました。

     

    特に宣伝などしなくても「筥迫」というキーワードだけで検索して日本全国から人が来てくれます。

     

    ネットショップが可能になった世の中だからこそ、私のようなものが筥迫なんてものを仕事にできるのだということを痛感せずにはいられません。

     

     

    だけど面倒もたくさん

     

    ネットショップがありがたいと思う反面、予想もしなかったことが次々とおき始めるようにもなりました。

     

    筥迫(もしくは貼り込みの袋物)のために始めたショップなのに、最近では筥迫を作ることと全く関係のない人たちからの問い合わせに大きく振り回されるようになりました。

     

    想定もしていないものに使われ、それがうまく使えなかったりすると色々と言われたりするので(しらんがな)、今はその対応が一番の悩みどころです。

     

    商品説明に「本来の用途とは違う使い方をされる場合の保証はできません」等々の長い免責事項を見かけますが、書きたくなる気持ちは痛いほどよ〜〜くわかります。

     

    自分の使いたいことに適していてほしい!という思いは、常に筥迫材料を探し回っている私としては共感しなくもないのですが。

     

    「このびら簪を髪に付けたいのですが、なんとかできませんか?」

    「これは筥迫専用に作られたびら簪なので、頭髪用には使えません」

    「でもこの形が気に入っているので、何とかできませんか」

    「筥迫以外に使ったことがないのでわかりません」

    「どうやったらできそうですか?」(以下ループ)

     

    トップページから来てさえくれれば、ここが手作り筥迫のための材料販売をするショップだということがわかるとは思うのですが、検索エンジンからダイレクトに商品ページに来る人にとっては、簪といえば「髪につける飾り」以外の発想ができないのでしょう。

     

    そのようなことを想定して各々のページを作る必要はあるのでしょうが、この大量のページでそれぞれ起こりうる事象を想像しながら免責事項を書く、そんなことに時間を費やすのもほんとバカらしい。

     

    筥迫(または袋物)を作る人以外は来ないでとも言えないので、そこが悩ましいところです。

     

     

     

    房の販売は特に面倒が多い

     

    そんな中で、最も手を焼いてきたのが「房」の材料です。

     

    筥迫にとって、房はいわば脇役のようなものであり、貼り込みとは全く違うカテゴリーのものです。

     

    江戸期の筥迫には房は必須ではありませんでしたが、維新後の筥迫にとっては必須の存在になってしまったことから、いわば二時的に扱っているようなものです。

     

    特に「切り房」や「打ち紐」は色数が多いことから、最も手間がかかるのに儲からない材料の代表格です(とほほ)。

     

    ところが近年は「タッセル」目的で房糸を注文する人が出てきました。

    予想もしない色をまとめて注文されると、仕入れがけっこう面倒なんですね。

     

    房を専門に扱っているわけではないので、このようなことにばかり手間がかかって時間を取られるようになると、大変申し訳ないのですが「在庫切れ」という扱いをさせていただくこともあります。

     

    実際には在庫していることもありますので、在庫切れ状態が続いているときはとりあえずお問い合わせください。

     

     

    ただし「切り房の完成品」は今後も販売はいたしません。

    これはもう書ききれない事情があり、手を出さないのが一番という結論に達しました。

     

     

    「懐剣用の撚り房」はぎりぎりクリックポストで送ることができる厚みなのですが、緩衝材などで保護するとサイズオーバーになってしまいます。

     

    クリックポストで緩衝材に包まないで入れればクレームが来る、緩衝材に包むと「はこBoon」で発送することになるので送料が高くなったとクレームが来るという状況で、これも扱いが面倒で販売を停止していた理由。

     

    しかしこれでは房を作れないで困っている人の逃げ場がないので、懐剣用の撚り房に関しては、緩衝材に包んで「はこBoon」発送に統一することで販売再開することにしました(筥迫用の撚り房はクリックポストで発送できます)。

     

     

    このような事情により、純粋に筥迫を作りたい方には諸々ご迷惑をおかけしますが、どうかご理解いただけますようお願い申し上げます。

     

     

    ▼撚り房のご購入はこちらから

    撚り房(房単品):懐剣用 2個組

     

     



    ▼筥迫工房のお店


    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

    【2017.04.16 Sunday 22:31】 author : Rom筥
    | 筥迫材料-飾り房 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/982067
    トラックバック