『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 式部型小物入がやってくる | main | 2017.7 筥迫講習会『紙切りハサミ入&扇子入』 >>
打ち紐について
0

    以前このブログでも書きましたが、今まで「打ち紐」を仕入れていた問屋さんが廃業となりました。

     

    その問屋さんでは二箇所のメーカーの物を扱っていたので、とにかく色数が豊富でまた結びやすい紐という、私にとっては理想的な仕入れ先でした。

     

    そこが無くなってしまったということで、今後の材料集めについて相当悩みました。

     

    筥迫にとっての打ち紐は、緒締め玉や房糸などの材料とも関わってくる問題なので、ショップ内容の入れ替えは「引越し」するぐらい面倒な作業です 沈

     

    対応表なども作っていますが、各材料で色々と不備は出てくると思います。

    今しばらくはご容赦のほどお願い申し上げます。

     

     

     

    「人五紐」の廃止

     

    筥迫工房では昔の筥迫を参考に作っているので、それと同じような太さということで人五紐(約1mm太)を使っていました。

     

    そのうち、筥迫以外の他の型で「人八(じんぱち)」紐(約1.5mm太)を扱うようになりました。

    人八は人五より需要が多いようで色数が多く、また少しの太いというだけで断然結びやすい。

     

    筥迫では「びら簪」と「飾り結び」を併用するため、人八紐にすると太さ的にちょっとうるさいような気がするのですが、筥迫用の紐を購入する人にとっては、どうしても「太さ」よりも「色」や「結びやすさ」を優先して人八紐を注文する人が多いのが現実。

     

    そこで、これを機に筥迫で使う打ち紐は「人八紐」のみとし、

    「人五紐」の扱いを廃止することに致しました。

     

    太さの違う紐を同じような数色で揃えることは相当の負担があり、覚悟を決めた今はホント肩の荷が降りました。

     

     

     

    どうしてもこの1mm太の打ち紐を使いたいというこだわりがあるのであれば、この際「正絹の打ち紐」を使われてみてはいかがでしょうか。

     

    「人五」の「人」は「人絹=レーヨン」のことで、五や八は太さのサイズを意味します。

     

    絹の打ち紐の場合は単に「五印」と言います。

    「五印」の「唐打ち紐」ならレーヨンよりも格段に結びやすいのでオススメです。

    伊藤組紐店 唐打ち紐

     

    また正絹紐は締まりやすく、結びの形が全体的に小さく仕上がるので、人絹とでは出来上がりの様相がちょっと違う。

     

    人絹とはかなりお値段が違いますが、筥迫をうまく作れるようになったら使う!を目標にしてもいいですね。

     

     

     

    微妙な「打ち紐」と「緒締め玉」の関係


    一つのメーカーで揃えた方が販売する側としては管理がしやすいのですが、筥迫での打ち紐には、「結びやすさ」と「緒締めの通しやすさ」が求められるので、結びやすい材質>色数がある>特色があるの優先順位はゆずれないので、現在3つのメーカーの紐を使っています。

     

    今回新たに仕入れることにしたメーカーAは、紐がしっかりしていて結びやすくはあるものの、潰れにくいのでビーズには通し難い。

     

    メーカーBは、紐が柔くすべって結びにくい反面、潰れやすいのでビースは通しやすい。

     

    メーカーCに至っては、唐打ち紐がすべりすぎて使えないことから江戸打ち紐を仕入れているのですが、江戸打ち紐は紐が潰れないので大穴ビーズしか使えません。

     

    唐打ち紐は中がストローのように空洞になっているので通しやすいこと、そこだけが潰れるので前後で緒締めが止まりやすいことから筥迫によく使われる紐です。

     

    江戸打ち紐の場合は中が潰れないので、紐に対してぴったりの穴径でないと緒締めが止まりにくい。

     

    本当の意味で実用を考えるのであれば江戸打ち紐の方がよいかもしれませんが、その紐ごとに緒締め玉の穴径を調節することをかんがえれば、唐打ち紐の方が効率的ということなのでしょう。

     

     

     

    ビーズの通し方

     

    打ち紐の「色材料対応表」に書いてありますが、打ち紐の種類によってビーズの適応が違います。

     

    1)新しい唐打ち紐(唐打7)・・・パールビーズ、大穴ビーズ

    2)既存の唐打ち紐(唐打8)・・・丸玉ビーズ、パールビーズ

    3)既存の江戸打ち紐(江戸打)・・・大穴ビーズ

     

    新しく仕入れたメーカーAの紐を丸玉ビーズに通してみたのですが、か、硬い、、、(でも通るは通る)。

     

    緒締め玉は「紐を締める」ためのものですから、紐にキツキツぐらいがちょうど良いのであって、スルスルと抜けては意味がないのではありますが、それにしてもやはり通す際のコツがあります。

     

    ここでビーズをむりむり通す方法をおさらいしておきます。

     

    丸玉ビーズ(パールビーズ)は、穴の周りに「バリ」で詰まっているものがあるので、バリのあるものは先の尖ったもので削ってから使います(簡単に取り除くことができます)。

     

    打ち紐はそのままではビーズに通りません。

    「通し針」というものを使います(刺繍でいうところの引き込み針)。

    これは「輪」側からでなければ通せません。

    糸はできるだけ短めの方が扱いやすい。

     

    ショップで扱っている「パールビーズ」は穴が大きめなので通しやすいのですが、「丸玉ビーズ」の場合、今回仕入れたA社の打ち紐は硬めなのでかなり通しずらい。

     

    そのようなときは、打ち紐の輪の先端を爪で押し潰して穴に通しやすくしておきます。

    この状態でビーズの穴に打ち紐を強く押し込んでから糸を引きます。

     

    この時、糸側からかなり力を入れて引くため、針の方を持っていると簡単に切れてしまいます。

    できるだけビーズの際を持って引くようにしましょう。

    糸側の「玉止め」は針側にずらしておきましょうね(玉止めでよけいひっかかる)。

     


    しかしながら初心者の人には、このビーズをムリムリ通す加減がわかりずらいようで、時々お問い合わせをいただきます。

     

    そこで、初心者用の「材料セットA」では、この丸玉ビーズを入れないことにしました。

    「材料セットB」は何個も作る人用なので、慣れてもらうためにも本来の「丸玉ビーズ」をセットすることにします(がんばって通しておくれ)。

     

     

     

    価格の変更、取り扱い色の変更

     

    打ち紐は「カセ」で買って使いやすい長さに小分けしているのでかなりの手間でしたが、最近は内職さんを雇えるようになったのでかなり負担が減りました。


    また趣味から始めた当時のままの価格設定であったことから、この機に打ち紐や緒締め玉などを値上げさせていただくことにしました(江戸打ち紐はそのまま)。

     

    今ある人五紐の在庫は「在庫処分<人五紐>」というカテゴリーにまとめます(まだ準備中なのでしばしお時間いただきます)。

    それとお試しで買ったままショップに出していなかった色もあるので、そちらもイレギュラーで販売いたします。

     

    こちらは以前のお値段で販売しますが「在庫限り」となりますので、もし必要のある方がいらっしゃいましたら、今の内にまとめてご購入ください。

     

     

     

    廃盤色、新色

     

    取り寄せられなくなった色、あまり出ない色などは廃盤とし、新しいメーカーで扱いのある色、この機に加えた色などは新色として加えました。

     

    また、打ち紐にはありませんが、「かがり糸」単体で仕入れた新色もあります。

    実はかがり糸もポリエステルから正絹に切り替わっているものがけっこうあります。

     

    <廃盤になる色>

    牡丹(ぼたん) ※縢り糸は残します。

    榛色(はしばみいろ)

    雄黄(ゆうおう)

     

    <新しく加わる色>

    濃金茶(こいきんちゃ)

    香色(こういろ)

    新橋色(しんばしいろ)

    濃緑(こいみどり)

    生成(きなり)※現在未入荷。後日お知らせします。

     

    <縢り糸>

    紅紫(べにむらさき)

     

     

    筥迫工房ショップ>打ち紐>筥迫用(1.5〜2mm)

     

     

    以前、材料集めで色々なところから「色見本」を取り寄せていた時、「色見本を趣味で集めている方のご購入はお断りします」というようなことを書いていたショップがありました。

    その気持ち、よ〜くわかります。

     

    色見本が高い!という人がいますが、あれは全部手間賃であって、どこも色見本で儲けを出そうなんて考えていませんって。

     

    以前は筥迫工房でも色見本を作っていましたが、それを作るほどの効果(儲け)には全くつながらなかったので、今は色見本を作ることは全く考えていません。

     

    値上げしたとはいえそんなに高いものじゃないと思うので、どうかコツコツ集めていただければ幸いです。

     

     



    ▼筥迫工房のお店


    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

    【2017.07.09 Sunday 21:40】 author : Rom筥
    | 筥迫材料-その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/982082
    トラックバック