『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 2017.7 中山きよみ+13コレクション(3)江戸型筥迫『しあわせ尽くし』 | main | 2017.8 講習会『式部型小物入』 >>
2017.8 講習会『念珠入(組入)名刺入』
0

    8月の講習会は講習会『念珠入(組入)名刺入』でした。

     

    念珠入れは最も実用的な型なので人気のある講座ではあったのですが、お揃いの名刺入れを組み入れにしたことでより人気の講座になりました。

    袋物はお揃いというだけでかわいい♡

     

    作る人が違えば布選びも違う。

    今回も個性的な念珠入れが勢揃いです。

     

     

    あちはさんの作品(神奈川県在住)

     

    S.Kさんの作品(東京都在住)

     

    F.Yさんの作品(愛知県在住)

     

    R.Mさんの作品(東京都在住)

     

    H.Oさんの作品(東京都在住)

     

    I.Hさんの作品(福井県在住)

     

    T.Aさんの作品(千葉県在住)


     

    糊を知るということ

     

    私にとっての貼り込みは「糊の世界」です。

     

    糊をどう操っていくかに面白みがあり、この面白さを皆さんにお伝えしたいと思ってはいるのですが、初めて貼り込みに接する方は接着剤だけで複雑な物が作れる!というお手軽なイメージを持たれるようです。

     

    「ミシン」を使うことに大きなハードルを感じても、「針」で縫うことに拒否感があっても、「糊」は子供の頃から使っているあまりにも身近な存在だからなのかもしれません。

     

    世の中には糊で接着して作られているものは山ほどあります。

    それをあえて「貼り込み」などという仰々しい言い方をしているので「大袈裟だなぁ」と思われている方も多いでしょう。

     

    でもね、糊で貼り合わせたものはただ「貼り付け」ただけのものであり、私が講習会で教えたい「貼り込み」はまた別のものなのです。

     

    去年までの「筥迫の作り方を教えます!」から、今年の「貼り込みを教えます!」に変えたのも、実ははかなりの違いがあるのですが、これを講習会で理解してもらうにはちょっと時間がかかるかもしれません。

     

     

    糊というのは「乾いていく瞬間」に接着されるものです。

    貼り込みではこのタイミングを見極めるのがとても大事です。

     

    貼り込みというものは、完全に糊が乾いていない状態で仕上げ、最後に本当の意味での貼り込み作業というのがあるのですが、講習会は型を教えることに偏ってしまうので、教えているそばから糊は乾いてしまう。

    型が出来上がったときには完全に糊は乾いているという状況なので、これでは一体どこで貼り込みを教えればいいのか(すごいジレンマ)。

     

    唯一チャンスがあるとすれば、講習会で作った物を自宅で復習して、それをまた練習してもらって、その作った物を次の講習会に持ってきてもらったときに少しはアドバイスできるかもしれないということ。

     

    とは言っても、講習会を始めたばかりの頃は型を作ることができるのがうれしくて、色々な布で作った作品を持ってきてくださる方がほとんどです。

    もちろんそのようなこだわりも必要ですが、扱いの難しい生地でばかり作っていると実は練習にはならない。

     

    型を覚えるまでは扱いやすい生地で確実にきれいに仕立てられるようになってほしい。

    そしてやっと次のコースを受講してもらう、というのが講師にとっては理想ではあります。

     

     

    数を作るということ

     

    講習会に来る方には「とにかく数を作って欲しい」と言っているのですが、

     

    「数を作らなくても上手くなりたいんです!」←びっくり泣き

    「数を作る気になれないんです、、、」

     

     

    自宅で貼り込みの練習をするときは、ただただ数を作るのではなく、時間を計りながら作ってみるといいと思います。

    焦って早さを競えと言っているのではなく、無駄な時間をなくすということです。

    一回目より二回目、二回目より三回目、、、という具合です。

     

    作りながら道具を探すことはないですか?

    資料を見ないで作れるようになること、手順を完璧に覚えることで、作る時間はかなり短縮されます。

     

    特に「抱き合わせ」作業に入ってからは時間との勝負です(まさか途中でご飯を食べたりしていませんよね?)。

     

    効率的に作業できるようにならないと、なかなか糊のことまで注意を払うことはできないでしょう。

     

     

     

    筥迫工房の講習会は単発なので、宿題やテストというものをしないで上のコースに進むことができます。

    こちらとしては前回の内容をクリアできていると思って説明するのですが、大体半数ぐらいの人はこんな顔していますね(笑)。

     

    講習会に一回出たぐらいでは理解できない人も多いと思います。

    それでも家に帰ってすぐに復習すればかなり思い出しますし、いつか理解につながります。

    それでもわからないと思えば、もう一度同じ講習を受け直すというのも大変有効なことかと思います。

     

    実際に今回もレベルダウンして受講しなおしている方がいらっしゃいました。

     

    そんなことを真剣に考えてくれる人が出てきたことが、ちょっとうれしいrom筥でした。

     

    ====================================

    筥迫講習会

    9月3日(日)(中級) ★6 三段口扇襠筥迫

    ※まだ少しお席あります。

     初級コースを受講されている方対象です。

    ※赤い「講習会申し込み受付中!」が表示されている

     間は申し込みができます。

    ====================================

     


    ▼筥迫工房のお店


    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

    【2017.08.07 Monday 22:24】 author : Rom筥
    | 筥迫講習会・研究会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/982086
    トラックバック