『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 刺繍は目が見えてこそ | main | 2017年 第三回お針子会刺繍教室作品展 初日 >>
2017.11『念珠入れ』講習会
0

    11月1回目の講習会は『念珠入れ』でした。

     

    今回の受講者は、一番近いところで神奈川県、その他、飛行機、新幹線、夜行バスを使っての参戦でした。

    皆様、本当にご苦労さまです。


     

     

    Y.Oさんの作品(山形県在住)

    これ、お揃いの組入れじゃない?と思われるかもしれませんが、

    表布、内布、逆転の組入れでした〜。

    名刺入れのように小さい物は内布はできるだけ薄い方が良いので、表布が薄いとこれができる。

     

    この型の場合、表布は地味目が使いやすいとは思うのですが、内布は被せを開いたときに「うわっ」となるような鮮やかなもの、面白い柄ゆき、正反対の色などを持ってくると楽しい。

    (念珠入れ専用なら内布も地味目がいいのでしょうが)

     

    この作品の場合暗い色目の表地に対し、被せを開くと鮮やかな緑に蝶々が一匹。

    名刺入れを引き出すと、更に蝶々が鮮やかに二匹飛び出すという趣向。(本来の蝶々の数え方は一頭、二頭)

     

    ちなみに、組入れは揃いがお約束なわけじゃありません。

    組にして入れているというだけです。

     

    人は「小さい」物が「お揃い」になっているだけ萌えるんです(笑)。

    はい、ここ大事なところですよ。

     

    内布にちょっと厚みがあったため、襠(まち)は表布を使われました。

     

    この型の場合、襠に内布を使って差し色にすることが多いというだけで、あくまでご自分の好みで考えられれば良いと思います。

     

    ただし、出来上がりの厚みは襠の厚みに左右されるので、安易に色だけで決めないようにご注意を。

     

     

    K.Yさんの作品(広島県在住)

     

     

    講習会の年間スケジュールでは、基本的に各講座を2回づつ入れるようにしています。

    その中で、この「念珠入れ」だけは3回組んでいます。

     

    この型は全ての袋物の基本だと思うので、講習会に参加するなら、できれば初級コースの念珠入れだけは出ていただきたいと思っています。

     

     

    E.Hさんの作品(神奈川県在住)

     

     

    今回の講習会では、前回受講した入門コースの「金封袱紗」や「紙挟み」を作って持って来られた方が多かったです。

     

    今年から講習会の教材には自宅で復習できるだけの余分を入れています。

    宿題とは言いませんが、自宅で復習して来た人とそうでない人では講座の理解度が違います。

     

    初級コースは入門コースを必ず受講しているので、教える側は金封袱紗の内容は当然理解しているものとして、その上で新しい内容を加えていきます。

     

    そこで受講者が前のコースの内容を思い出すことに必死になっていると、当然のことながら今教えている(新しい)内容は理解できません。

     

    積み上げていく人と追いかけていく人。

     

    講習会を楽しむ一番の秘訣は、その時に講師が言っている内容を理解できることに尽きると思います。

     

     

    M.Tさんの作品(神奈川県在住)

    開いたところを撮影するの忘れた、、、ごめんなさい。

     

    こちらは内布に「手ぬぐい」が使われています。

    手ぬぐいはかわいい柄が多いので使いたくなる気持ちはよくわかる。

     

    私は手ぬぐいの種類がわからないのですが、薄いものとちょっと厚みが出るものがあるようで、薄いものは目が細く、厚みがあるものは目が荒い感じ?

     

    今回のようにちょっと厚みがあるものを襠に使うときは、襠芯は入れない方がよいかなと思いました。

     

     

     

    Y.Tさんの作品(大阪府在住)

    こちらはとても作りやすそうな生地でした(大判のハンカチだったかな?)。

     

    嚢物に適している布はどれかというよりも、その型(の作り方)に合った生地というのはあります。

    この型は初級の作り方なので、しっかりと接着芯を使うこともあり、どんな生地を使ってもぱりっとした仕上がりです。

    ハンカチ地を使うなら、薄手の物より、少し厚みのある生地の方が向いていると思います。

     

     

    K.Eさんの作品(神奈川県在住)

    この型は、念珠のように膨らみのある物を入れる目的で作られているため硬い芯を使っていません。

    また、バッグに入れて持ち歩くことを考えているため「留め具(笹爪)」を使っています。

     

    このことから「念珠入れ」と言っていますが、本来の型としては単純な「折り襠紙入れ」です。

    柔らかい芯を使っているので横幅があるにもかかわらず懐中しても胸に添いやすい。

    横幅があるので、筥迫のように簡単には落ちないところがまた良い。

     

    初めから懐中目的で作る場合は、襟で押さえられているので留め具(笹爪)は付けなくても大丈夫です。

    笹爪分、被せを短くしているので、刺繍をするなら5mm長くするとデザインの幅が広がります。

     

     

     

     

     

    端切れのススメ

     

    以前のブログでは、講習会報告の内容はそれぞれの作品に対して評を書いていましたが、最近は全体的な内容で書くようにしています。

     

    今回は個の評を書いている作品もありますが、上手い下手で取り上げているわけではないのであしからず。

     

    一番の目的は、これから参加したいと思っている方に、布の使い方についての参考になるように書いています。

     

    袋物は型を作ること以上に「布の選び方」というハードルがあります。

    慣れるまではこれが大変なのですが、慣れてくればこれが袋物の一番の楽しみと言っても過言ではありません。

    たまった端切れの使い道がわからなくて、、、と受講される方も多いです。

     

    入門コースは教材に生地も含まれるので問題はありませんが、初級コースからは自分で布を選ばなければなりません。

    そこで、生地の種類、色、柄、柄の大きさ、厚みなど、どのような生地を選んでいいかわからなくて悩む方が多い。

     

    「布合わせ」も慣れが必要です。

    慣れていない人こそ、高くても端切れを扱う専門店などで買った方があまりハズレないのでお勧めです。

     

    そして、布を買う際はできれば一枚ずつではなく、数枚同時に買うこと。

    端切れを売っているお店の趣味でセレクトされているので、意識しなくても時代的、素材的に均一なものが揃えられます。

    柄×柄であっても自然と布合わせができている。

     

     

    慣れていない人によくありがちなのは、初めから色や柄を固定して延々と探し回り、別の店から一枚ずつチマチマ買うこと。

    柄や色が合っても、質感や厚み、時代感が全く合わない。
     

    ネットで買えばお店で買うよりも相当安いのですが、当たり外れが多いので半分ぐらい捨てるつもりでまとめて買う。

     

    端切れは普段からある程度はためておく。

    その中から、その型にあった布を探すことができれば問題ないです。

     

    念珠入れを作ろう→布を買おう、とするから腰が重くなるのです。

    端切れがたまっていけば、どんどん使っていかなければならないという強迫観念が出てきますしね(笑)。

    (こうやって延々と端切れがたまって家族に怒られても私のせいにしないでね)

     

    今回の参加者で、布合わせがわからないからと、端切れをたくさん持ってきた方がいらっしゃいました。

    たくさんの端切れから私が適当に組み合わせていくのですが、そうやって慣れていくのも一つの方法です。

     


     

    さぁこれから作品展

     

    今月の講習会は、この次の日に『名刺入付覚書帳』があるのですが、来週はお針子会の作品展があるので、こちらの講習会報告はちょっと間をおかせていただきます。

     

    しかし、作品展の一週間前に講習会を入れなんて無謀でした。

     

    ポッキーの日は一週間後だというのに、他の仕立てもあるし、まだ自分の刺繍さえできていない、、、。

    嚢物コーナーの展示もまかされているし、ホント直前の勝負ですわ 沈

     

    私は袋物は教えていますが、日本刺繍はまだまだなんちゃってレベルなので、私の作品はどうであれ、その他は素晴らしい袋物がたくさん展示されます(midoriさんの紙入れは必見!)。

    マダムKもSDを2体展示されるそうです(楽しみ)。

     

    11月11日(土)〜14日(火)まで東京池袋の「オレンジギャラリー」で開催されます。

    池袋駅の西口を出てホテルメトロポリタンの手前にあります(駅のルミネを出てする向かい側です)。

    時間は12:00〜18:30まで(最終日は17:00)

     

    私は倒れていなければ毎日いますので、是非声をかけてください。

     

    講習会参加者は多いのでお顔を覚えていない方も多いのですが、久々にお会いするような方は是非ポチ(講習会時に作った作品)を持ってきていただければ思い出します。

    人より作品で覚えているので(苦笑)。

     



    ▼筥迫工房のお店


    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

    【2017.11.05 Sunday 15:49】 author : Rom筥
    | 筥迫講習会・研究会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/982101
    トラックバック