『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 筥迫講習会2018.5『縢襠付筥迫』 | main | 日本刺繍の筥迫 〜ままねこさんの作品〜 >>
新講座『籠千代田お針箱』(旧名称:雅籠裁縫道具入)
0

    今年新規の講座として登場する「雅籠裁縫道具入」を、

    「籠千代田お針箱(かごちよだおはりばこ)」

    に改称してご紹介させていただきます。

     

     

    講習会では人気の「携帯裁縫道具入」講座もありますが、実際に家で使う裁縫道具入れは、複数の色糸を一緒に収納しなければなりません。

     

    当初、私自身は手元にあった安価な籠に簡易な袋を付け、色糸と針刺しを入れただけの裁縫道具入れを使っていました。

     

    しかし、袋物を教えている人間がこんな適当な裁縫道具入れを持ち歩いて恥ずかしくないか?という気持ちに苛まれ、意を決して凝り性全開で作ったのがこのお針箱でした(初めはあくまで自分仕様)。

     

    いかにして縫わずに嚢物を作るかが貼り込みを専門とする私のテーマですが、それでも力がかかるところで針と糸を持つ場面からは免れない。

    とはいえ、がっつりお針仕事をするワケではないので、最低限の色糸、針山、マクラメピン、指貫、糸切りハサミさえあれば十分。

     

    身蓋一体型なので、持ち運ぶときや使わないときは、巾着をキュッと締めるだけでまとまります。

     

    巾着はコンパクトに折り畳める仕様なので、開いた袋が邪魔になることもない。

     

     

    「紐飾り」は結びにした方が閉じた時のバランスは良いのですが、畳んだ時に邪魔になりそうだったので、飾りの細工で処理しました。

     

    糸切りバサミはストラップがないと取り出しにくいので、ここは「しじみの根付」を付けることに(総角の帽子付)。

     

    通常は中の仕切りを表布と共布で作りますが、今回使った古い縮緬は硬めのシボで滑りが悪かったので、針箱の下は内布を貼ってみました。

    このような型は、ある程度滑りのよい薄手の生地を用いた方が使いやすいですね。

     

    このお針箱にはすでに弱っている古裂を使っているので、現代の裂を使うよりは劣化は早いでしょう。

    その場合は、仕切りははめ込んでいるだけなので簡単に取り替えられますし、巾着も取り外して作り直すことができます。

     

     

     

    二段構造の針箱

     

    当初、針山は一段でしたが、「加賀ゆびぬき」を作っているNさんに

    「これが二段で下に指貫を入れる形だったらいいのに」

    というアドバイスをいただき、二段構造の針箱にバージョンアップ。

     

     

    アタの籠はバリで作ってもらったものですが、出来上がってきた籠がちょっと小さめで、仕切りのサイズを調整したため指貫は入っても3個ぐらい。

    (前回「タイ」と書きましたが「バリ」の間違いでした。

     すみません、、、沈

     

    手作りによる個体差があるので、誤差は仕切りの長さを調節します。

     

     

    結びに必要なマクラメピン

     

    このお針箱の特徴は、飾り結びを作るために必要な「マクラメピン立て」があることで、この納め場所をどう作るかが一番の課題でした。

     

    マクラメピンは針山に刺せないので、これだけ別の箱に入れて持ち歩くのが面倒で、なんとか針山の側にあって簡単に使えないかと試行錯誤した結果この形にたどり着きました。

     

    ※マクラメピン立てはあくまで貼り込み作業者仕様。

    一般の方へのプレゼントなら、ピン立ては付けないで処理するとよいでしょう。

     

    日常生活で携帯するなら「携帯裁縫道具入」。

    お針を使う講習会には「籠千代田お針箱」で持ち運ぶ。

     

    携帯裁縫用具入れが「おままごとの世界」とすれば、この籠千代田お針箱はさしずめ「道具(ドール)ハウスの世界」といったところでしょうか。

     

     

     

    「籠千代田お針箱」に改称したワケ

     

    日本袋物史では、「信玄袋」のコキを使わない形を「千代田袋」と言っていますが、カジュアルな袋に対してフォーマルな(女性用の)袋という感じかと思います(袋物概史では「上品な布地を用いた高尚なもの」と有)。

     

    この千代田袋に籠が付いた型が「籠千代田」になるのですが、袋物の本の中にはこれを「利休袋」とするものもあります。

    しかし、籠がなくても利休袋といっている本も有りで、いったいどれが正解なのさ。

     

    懐中物でも「利休紙入」というものがあるのですが、この形が一般的に利休型で通用していたかは少々疑問です。

     

    Rom筥的には、それぞれの流派で、一般的によく使われる型のものに「利休」という愛称を付けたのではないかと解釈しています。

    (利休紙入=念珠入れの型に深口が付いたものに多い)

     

     

    また、この手の巾着袋には、口の処理として「通し紐(通し襠?)」「布ループ」「口ベリ」を使ったものがあります。

     

    受講者には「通し紐を使う袋がいい!」と言われそうですが、紐やループは閉じた時に針をひっかけそうなので却下。

    中の裁縫道具がガチャガチャと動かないように布でしっかり押さえつけたかったので、布に紐を通す形にしました。

     

    このような場合は「口べり」(巾着の紐を通す部分に別の布をつけたもの)を付けるのが一般的ですが、この型は口べりを付けることが難しいので、あえて付けていません。

     

    実際のところ「千代田袋」の口は絶対これ!という確証がなかったので、当初は勝村左右治(かつむらそうじ)先生の本にあった、利休でも千代田でもない「みやび籠」という曖昧な名称をいただいたのですが、このブログを書いている最中に、古き良き名称を復古してみるのもいいかなという気持ちに至り、改称させていただきました。

     

    信玄袋に籠がついたものを籠信玄といいますし、千代田籠ではなく籠千代田という響きが個人的にツボです。

     

    ついでといっては何ですが、携帯裁縫用具入れと名称がダブルのは紛らわしいこともあり、お硬い響きの「籠千代田」に対して、優しい響きの「お針箱」を当てました。

     

    「籠」と「箱」が被ってしまいますが、表は籠千代田、開ければお針箱という二面性のある袋物ということでご理解いただければと思います。

     

     

     

    「籠千代田裁縫道具入」のレベルは?

     

    前回の紹介で「貼り込みというより工作ぐらいの気楽さ」と書きましたが、作り方の資料を作り始めると違った難しさが出て来ます。

     

    人に作り方を教えるということは、完全に「理屈」の世界です。

     

    自分で作っているときはさほど難しさは感じなくても、「人に説明する」という工程が入ると、製図がやたらと複雑になり、全てに辻褄を合わせていくとやたらと難しい物を作っている気分になります。


     

    布を貼って作る箱といえばカルトナージュですが、日本固有の趣味で作る袋物ではたぶんあのような作り方はしないと思うので、あくまで自分が思う貼り込み的な考え方で作っています。

     

    これまでの金封袱紗を基本にした懐中物の貼り込み方とは異なり、仕切り部分はあくまで箱物の作り方。

     

    考え方さえわかれば工作の世界なのですが、今までの袋物とは違う考え方が出てくるので、初めての人にはちょっと複雑に思えてしまうかもしれません。

     

     

    筥迫工房の講習会はステップアップ講習なので、型によっては基本からの応用形というものもありますが、その他は「どのレベルの人なら1日でできるか?」を基準に考えています。

     

    このお針箱は「中級レベル」ならできるのではないかと思っているのですが、何ぶん今回が初めての講座なので、実際に受講された方の様子を見て、難しいようであれば上級にする可能性もあります。

    (どのぐらい時間がかかるかわからないので、とりあえず初回に参加予定の方は終了19:00で考えていてください)

     

     

    こんなものでも講習会で全て作るとなると二日がかりになってしまうので、「巾着部分」はご自宅で作業してきていただきます。

    今まで縫い物の説明はしたことがないので、皆さんにどう伝えられるかちょっと不安はありますが。

     

    通常の貼り込み準備のように、前の日に慌てて作業するのは難しいと思うので、余裕を持って作業してくださいね。

    自宅作業から講習会が始まっているような講座だと思ってください。

     

    また、表布、内布はご自身で用意していただきますが、今回の巾着の「紐」は筥迫工房のショップでは扱っていません。

    指示された別のお店から各自購入していただきます(この打ち紐は「式部型小物入れ」にも使用)。

     

     

    開催日は8月18日、お申込みは7月19日からです。

    『籠千代田お針箱』の詳細はこちらからどうぞ。

     

    は〜、これでやっと今年の新規講座の詳細が揃いました。

    やっと本来の仕事に入れる、、、。

     

    初回は籠が入手できず中止になってしまいましたが、もし後半で入れられるようであればどこかで臨時で入れたいと思ってはいるのですが、後半はけっこうスケジュールが詰まっているので、もしできたらということで、そのときはまたブログで告知させていただきます。

     

     

     

    筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

     

    ▼筥迫工房の講習会



    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

    【2018.05.22 Tuesday 14:49】 author : Rom筥
    | 筥迫講習会・研究会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/982137
    トラックバック