『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 来年以降の構想 | main | 『籠千代田お針箱』プレ講習会に変更 >>
2018.6筥迫講習会『筥迫装飾』
0

    6月3回目の講習会は、今回から始まった「筥迫装飾」講座でした。

     

     

    過去の素晴らしい筥迫を見れば、筥迫に最も適した装飾方法は「日本刺繍」ということで異論はないのですが、ご存知の通り日本刺繍というのは恐ろしく手間のかかる装飾でして、これだけ筥迫作っている私でさえ、今までに作った刺繍筥迫は10個にも満たない。

     

    小さな画面にここまでの手間暇をかけることを考えれば、刺繍筥迫が特別な装身具扱いされるのも当然のことです。

     

     

    私自身、刺繍筥迫はもうそれほど意欲的に作る気はないので、それは刺繍の専門家たちに任せることにして、もう一方では、どうやったら「刺繍以外の装飾」ができるか?ということを密かに研究し続けてきました。

     

    きっかけは改定した縢襠付筥迫の教本で、表紙で使う筥迫にちょうどよい柄ゆきの布が見つからず、それならば自分で布を操作して柄を作ってしまえ!と思ったのが始まりです。

     

    意外にも効果的で、柄取りのストレスが解消されたこともあり、それからは装飾材料を地道に探し続け今日に至りました。

     

    そこで、今年は1月に「刺繍をする人のための刺繍図案研究会」と、6月には「刺繍をしない人のための筥迫装飾」の二本立てに挑戦することにしたのです。

     

     

    切付け

     

    刺繍以外の筥迫装飾において、特別な材料を使わずに筥迫を劇的に変化させる装飾方法は、何と言っても「切付け」です。

     

    これは柄取りをしているところです。

     

    自分の好みの布を入手できたとしても、筥迫に仕立てたらイメージと違う出来上がりになった、、、という思いをした方は多いはずです。

     

    これは、元の大きな布のイメージを、小さな筥迫に反映できる箇所を探せなかったというだけのことです。

     

    柄取り如何で全く違うものが出来上がるので、本来柄取りにはゆっくり時間をかけたいのですが、実際の講習会ではそんなことを説明している時間はないので、受講者が持ち寄った布は講習会が始まるまでの時間で私が急ぎ「柄取り」してしまいます(初級コースのみ)。

     

    ということで、今回これを独立した講座にし、前半は「柄取り」と「切付け」の考え方をレクチャーする内容にしました。

     

    お互いが持ち寄った布を見ながら、柄取り位置、切付けはどこを持って来るのが効果的か、そして後半に予定している「金装飾」をどこに使うかを意見し合います。

     

    あまりやりすぎるとバレバレになるので、あくまでわからないように切付けるのがコツです。

     

     

     

    筥迫装飾実験室

     

    午後からは一転して「金装飾」を行いました。

     

    「行う」と書くとちょっと語弊があるかもしれませんが、そもそも今回は「講習会」と言っていいのか?という内容のものでした。

     

    いつものように「型を作る」講習会ではなく、かと言って「研究会」でもないので、今回の講習会でやったことをブログで何と表現すればいいのか悩んでいたところ、参加した方から後日「筥迫装飾の実験室のような感じで、とても興味深く楽しく受講できました。」というメールをいただきました。

     

    確かに「筥迫装飾の実験室」は言い得て妙。

     

    これまで私が取り寄せてきた多くの材料の中から貼り込みに適した材料を吟味し、更に色々な組み合わせで比較実験してきた結果を元に、適切と思われる教材を選びました。

    それを金装飾のサンプルとして作りながら、そのやり方をレクチャーするというものでした。

     

    あとは家に帰ってから、自分の筥迫に適した金装飾をサンプルの中から探して試すのみ!

     

     

    ちなみに、これらは「貼り込み」だからこそできる装飾方法であって、着るものや縫い合わせの袋物などには適応しませんのであしからず。

     

    貼り込みだからこそできる自由な装飾方法で、作品作りの幅を広げていただきたいと思っています。

     

    この講座の課題は、作品を2点仕上げて掲示板に画像をアップすることになっていますが(人に見られるのが嫌なら、Rom筥に直接画像を送る)、筥迫以外のもう1点は別の型でもいいことにしたので、どんな作品がアップされるか楽しみに待つことに致しましょう。

     

     

     

    挟み玉縁

     

    サンプル作りでかなりの情報量を詰め込んだため、皆さんお疲れのご様子。

    ということで、最後の「挟み玉縁」は私のデモンストレーションだけにしました。

     

    以前の私は恥ずかしげもなく下手な玉縁作品を掲載していましたが(愚)、誰しも作り始めの頃は何が下手なのかさえわからない「目が不器用」状況なので、「筥迫作れた自分、天才!」ぐらいに思ってしまうものなのですね(いいんですよ、それがモチベーションになるので〜)。

     

    しかし最近は、どうしても玉縁がうまくいきません〜という声が、よく私のところに集まって来るようになりました。

     

    玉縁をきれいに作るコツを言葉で説明するのは難しいので、今回の講座に無理やり組み込んだという次第です。

     

     

    筥迫は「縫い玉縁」が本流なので、最近はこれを「本仕立て」と読んでいるのですが、縫い玉縁は細く作ることがとても難しいので、現在の教本では「挟み玉縁」に特化して解説しています。

     

    この縫い玉縁は誰でもできるものなのですが、厚紙ごと縫っていくので、なかなか極細の玉縁にならない。

     

    現代の筥迫にも縁がついていますが、小さな筥迫に対して縁が3〜4mmもあると、それはもはや「玉縁」ではなくただの「縁取り」です。

    玉縁というのは極細だからこそ玉縁というのです。

    昔の職人が作った筥迫は、この玉縁が見事に細かった。

     

    そこで教本では、誰がやっても極細の玉縁になる「挟み玉縁」にしたのです。

    (大型にはこの挟み玉縁が細すぎてしまうのが難ですが、それはまた後日)

     

    しかしこの挟み玉縁も、極細にはなるものの実は浮いてしまったり、直線にならなかったり、角付けが難しかったり、仕立ても余計な厚みが出てしまったりと、不恰好になりやすい。

    これがやたらと気になってきます(あくまで目が効くようになった人だけの問題)。

     

    こうして挟み玉縁の限界を感じるようになると、結局は「本仕立て(縫い玉縁)」をやらねばならないというサイクルになってくるのですね。

     

    筥迫を彩る玉縁も一朝一夕に上手くはなりません。

     

    時代は何でも簡単に楽できる方向に流れていきますが、アナログな物作りはこんな小さなことに必死になるのですね。

     

    それがとても面白いと私は思うのです。

     

     

     

    筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

     

    ▼筥迫工房の講習会



    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

    【2018.06.27 Wednesday 00:46】 author : Rom筥
    | 筥迫講習会・研究会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/982142
    トラックバック