『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 式部型小物入と講習会のスケジュール変更 | main | 2018.8 プレ講習会『籠千代田お針箱』 >>
2018.8講習会 『縢襠付筥迫』と『巾着と飾り房』
0

    8月の講習会は「縢襠付筥迫」と二日続きで「巾着と飾り房」がありました。

    以前は縢襠付筥迫の講座単独で二日続きにしていましたが、現在ではこれらは切り離し、1日単位で申し込みができるようになりました。

     

    つまり、他の筥迫(本体)を受講した方が「巾着と飾り房」を受講したりするので、作品画像では縢襠や三段口の種々取り混ぜです。

    どうぞお楽しみください。

     

     

    N.Nさんの作品(東京都在住)

    講習会に参加される方々は基本的に年配の方が多いので、自分が身につけることを考えると、つい地味系に走ってしまいます。

    そんな中で筥迫は、自分は身につけないけど作ってみたい♡という気持ちで作られる人がほとんどなので、絵柄的に一気に華やかになりますね。

     

    このびら簪は、はぐれ猫さんが持参された田楽型をお借りして横挿しで使ってみました。

    縢襠付筥迫は「簪挿し」が付いているので上挿しするものですが、薄い筥迫などは横挿しで使います。

    筥迫に合わせて色々な挿し方をしてみると筥迫の表情が変わります。

    筥迫から飛び出すので派手な印象を与えます。

    実際に着用する際に田楽型を横刺しにするのは勇気が入りますが、作品展示には有効かと思います。

     

    こんな様相の筥迫を見ると、懐中嚢物界の第一礼装というイメージで本当に素敵です。

     

     

    Y.Mさんの作品(東京都在住)

    どちらも同じ縢襠付筥迫ですが、右の作品(オレンジ)は以前の講習会で作られたものだそうです。

    その頃は教本と同じ型紙、同じ作り方でした。

    左の中級の筥迫(水色)とはこのぐらいサイズが違います。

     

    刺繍裂で精密に柄合わせをしたいときは、できるだけ伸びない布を使います。

    日本刺繍の花嫁筥迫に「塩瀬」がよく使われるのは、そのような意味からだと思います。

    (反対に紙入れ系を塩瀬で作ると仕立てにくい、、、)

     

    今回の筥迫は古い縮緬で作られています。

    シボの細かい古く柔らかい縮緬は非常に伸びやすいので、布の扱いに慣れていない人には扱いづらいのでお勧めしません。

    「伸びる布だから伸ばさないように貼る」という当たり前のことが、作り方に必死になっている段階ではそれを一緒に考えながら作業することができないので、手順を覚えるまでは「薄くて伸びない布」をお勧めしています。

     

    たくさん作っている人はそれぞれの布の性質がわかっていますし、伸びる布は伸びないように手が作業します。

    伸びやすければ「どうにでも合わせられる」という利点にも転じます。

     

     

    R.Sさんの作品(東京都在住)


    背面の柄出しがとても綺麗だったので、つい撮影してしまいました。

    中級は基本的はご自分で柄出ししてもらうのですが、どこにどんな柄出しをするかで、その人の考え方や「らしさ」が見えてくるので面白いですね。

     

    縢襠付筥迫のみの参加だったので、巾着はご自宅で事前に作ってお持ちになりました。

    巾着の口は玉縁にして赤をしっかり主張しています。

     

     

    K.Tさんの作品(東京都在住)

    被せと簪挿しで柄合わせを試みたそうですが、残念ながらズレてしまいました(でも何となく合わそうとしているようには見える)。

    中級の筥迫では事前作業で簪挿しを作ってきていただくので、この時点で柄合わせをするのはちょっと難しい。

     

    教本では型紙の段階で柄合わせをしていますが、実際には使う布の厚みが違うので絶対に合うわけではありません。

    (貼り方が少しでも狂えば、そこでも柄が合わなくなりますし)

    今回の講座では、どんな柄でも合わせられるやり方をしているので、そのやり方で再度簪挿しだけ作り直してみればぴったり合うと思いますので、是非試してみてください。

     

     

    はぐれ猫さんの作品(東京都在住)

    こちらは三段口扇襠筥迫ですが、初期の頃の型紙を使われているので、現在のものより横幅が狭い。

    この頃は、飾り房を取り付ける「ち」の位置も背側に付けて被せの前に垂らすという作り方でした。

    その後、鏡前の方に付いたり、今では折り掛けの位置に付いたりで、色々と試行錯誤があったなぁと懐かしく思いました。

    (ちの位置はどこでもお好きなところにどうぞ)

     

    更にははぐれ猫さんのアイデアで、鏡面が引き出し口になっていたり、三段口扇襠筥迫に玉縁が付いたりしています。

    (今回は巾着と飾り房を受講されています)

     

    装身具を研究されているはぐれ猫さんの作品なのに、撮影するときに持参されたびら簪を付けるのを忘れてしまいました。

    (ホントごめんなさい、、、)。

     

     

    Y.Tさんの作品(大阪府在住)

    柄出しのバランスがとても良いですね。

     

    こちらもご自分が持参された田楽型のびら簪をお使いになりました。

    平打ち部分がちょっと細身タイプのものなので、これぐらいなら年配の人でも使えそうです。

     

    今回使われた打ち紐は「煎茶」という色です。

    あまり出ない色なのですが、けっこう合わせやすい色だなと感じました(私も使ったことがなかった、、、)。

     

    房糸は同色の煎茶を持って行ったつもりが、これは「榛色(はしばみいろ)」でした、、、。

    煎茶に切り房糸がなかったので、実際には「手縫糸」で揃えています。

    微妙に色味が違うとはいえ、なぜかこの筥迫にはこの組み合わせが絶妙に思えます。

     

    緒締め玉はショップでは扱っていないものですが、マットなゴールド色がこれまた素敵なので、いつか出してみようかしらん。

     

     

    H.Sさんの作品(東京都在住)

    お花などの形が曖昧なものは柄合わせが楽ですが、青海波のように文様のラインをしっかり出す必要のあるものはシビアな柄合わせが要求されます。

    それにしてはしっかりと柄合わせできてお見事。

     

    「鹿の子も柄合わせしますか?」(H.Sさん)

    「いや、いや、そこまでしなくても」(Rom筥)

     

    と言ったのに、何気に合っているところが恐ろしい、、、(汗)。

     

     

    M.Tさんの作品(神奈川県在住)

    こちらは「巾着と飾り房」を受講されたので、筥迫は三段口です。

     

    懐中袋物は着物あっての装身具ということで、着物を着て受講される方が少なくありません。

    私にとっては目の保養です。

    今回はM.Tさんの他にも、K.Tさんが浴衣を着ての参加でした(早々に帰られたので残念ながら作品画像がありません)。

     

    そして〜!

     

    見よ、実際に装着したこのお姿を!

     

    真夏に着物というだけでもすごいのですが、丸髷に懐中物が相まって、まるで自分が違う時代にワープしてしまったような錯覚に陥ります。

     

    そして後ろ姿。

     

    びっくりの「まるまげキット」をお使いとのことです。

     

    この髪型にするために一年かけて髪を伸ばされたそうで(現在肩より少し長い程度)、慣れれば2〜30分程度でこの形ができるのだそうですよ。

     

    丸髷を結っていた時代の人に教えてあげたい。

    髪結いの亭主は家を追い出されることでしょうが(笑)。

     

     

    今回の講習会で一番の盛り上がりネタでした。

     

     

     

     

    筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

     

    ▼筥迫工房の講習会



    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

    【2018.08.21 Tuesday 11:09】 author : Rom筥
    | 筥迫講習会・研究会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/982148
    トラックバック