『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 2018.8講習会 『縢襠付筥迫』と『巾着と飾り房』 | main | 2018.7プレ講習会 『月見型紙入』 >>
2018.8 プレ講習会『籠千代田お針箱』
0

    8月の3回目は『籠千代田お針箱』でした。

    こちらは初めての講座だったので、どうなるかちょっと不安ということもあり、プレ講習会ということで受講者を募りました。

     

    今回の講座では、籠に巾着を取り付けるのに皆さん苦心していました。

    籠に使ったアタは網目が細かいので、針を通すのにコツがいります。

    そこさえわかればある程度はサクサクと進むのですが、それがわからないうちはかなりイライラします。

     

    縢襠付筥迫なら、どんなに遅くなっても縢り部分は全部やり遂げる!という人がほとんどなのですが、今回は早々にギブアップされていました(苦笑)。

    こういうものは焦るほどにうまくいかないもの。

    縢りはご自宅でゆっくり仕上げていただく方がいいかもしれません。

     

    ということで、巾着を完全に取り付けることができなかったので、目立たないように処理をして撮影しています。

    (縢っていないだけで巾着が外れるわけではない)

     

     

    A.Hさんの作品(福井県在住)

    針箱は二段構造で、上が針山、下に指貫を収めることができます。

    ハサミが取り出しにくいので「貝の根付」も作りました。

    ※画像のハサミのカバーは、別講習の「指貫と糸切ハサミ入 」で作ることができます。

     

     

    K.Fさんの作品(シンガポール在住)

    こちらは中作りを外に出して撮影(取り外し可能)。

    ちょっとフクレのあるシーチングのような布を使われたので針山がはまるか心配しましたが、何とか収納できた、、、。

    しかし、出来上がってみれば何ともおいしそうなケーキのようにも見えます(紐飾りがまるでイチゴのよう)。

     

     

    Y.Oさんの作品(山形県在住)

    この講座では、事前作業で巾着部分を縫ってこなければならないので、布選び方もそれぞれで判断しなければなりませんでした。

    布の薄さ、柔らかさ、張りなどが出来に関わってくるので、その場で布選びのアドバイスをしてあげられないのが難しいところです。

     

     

    E.Fさんの作品(山梨県在住)

    こちらはとてもかわいい出来上がりなのですが、柔らかく繊細な古裂をお使いだったので、ちょっと籠にするのはかわいそうという感じでした。

    懐中物の場合は使う方もかなり気を使って扱いますが、実際にお仕事をするための嚢物は働いてこそなので、あまり古い布にこだわらなくてもいいかもしれません。

    ちなみにこの巾着部分が劣化したとしても、取り外して籠を再利用することができます。

     

     

    N.Nさんの作品(東京都在住)

    貼り込みで作るものは一言でいって「手間がかかる」ですが、この型は更に「とんでもなく手間がかかる」といえましょう(笑)。

    以前、工作みたいで簡単と書いたような気がしますが、手間の掛かり具合は筥迫より上です。

    私自身、細かい作業が大好き♡という人間なので、こういうものを作るのが苦にならないため、つい「簡単」という言葉を使ってしまいます。

    しかし、それを人に作らせるとどんなに大変な型かを思い知ることになります。

    皆さん中作りの制作中は能面状態でした(よくこんな型作ってくれたなと思ったことでしょう。ははは、、、汗)。

     

     

    H.Sさんの作品(東京都在住)

    中に入れる手縫い糸は、カード巻きの40mなら15枚程度、80m巻なら12枚程度入れることができます。

    こちらは金亀なので80m巻かな?

    私が使ったのはオリヅルで40mと80mがあるようです。

    入れるなら同じブランドで揃えた方がかわいいです。

     

    お針箱ができると、きれいなグラデーションになるよう糸を出したり入れたり。

    糸さんのお部屋、指貫さんのお家、はさみさんはここに入っていて。

    女性の萌え心をくすぐる「道具ハウス」です。

     

     

    郁駒屋さんの作品(福岡県在住)

     

    プレ講習会では受講者の様子を見て、その後の作り方や型紙、教え方や手順を手直しします。

    実際にプレ講習後に大きく型が変わったりすることもあるのですが、今回はそのような変更はありませんでした。

    しかしながら、やはり課題は山盛りでした。

     

    いつもの緻密さを必要とするタイプの型ではないのですが、これを一日講習で仕上げようとするとかなりの超特急で作業しなければならないことから、ある程度貼り込みに慣れている人でないと作業は辛いかもしれません。

     

    しかし内容はあくまで「工作」なので、受講者のレベルを高く設定せざるを得ないのはひとえに「一日で仕上げる」というハードルがあるからです。

     

    このようなものは時間に縛られず、初めからついて教えればいいというのが結論です(つまり一日講習には適さない)。

     

     

     

    講習会(単発)と教室(常設)

     

    これまでは単発(一日)の講習会という手段でしか貼り込みを教えることができませんでしたが、近々「常設の教室」という形で別の教え方を試すことになります。

     

    始めは月2回の月曜日になると思います。

    これまでの講習会が週末と祝日しか行われなかったのは、平日はお針子会の和裁教室と刺繍教室で会場が埋まっているからです。

     

    単発の講習会は確実に一日で終わらせることができるよう、あらゆることを想定して綿密な準備をしています。

    しかし型は今後増える一方なので、最近の私自身の環境の変化を考えると、全て単発講習で行うことはあまりに負担が多い。

    そんなことから、常設で平日開催の教室の必要性は以前より感じていたことでした。

     

    受講者の皆様にとっても、一つの講座で年2回程度しか企画されないこれまでのやり方では、ご自分の予定と合わなかったり、都合がよくても予約が取れなかったりすると、次に受講できるのが一年先となり、歯がゆい思いをされていたことと思います。

     

    常設のお教室ではチケット制にするつもりなので、予約さえ取れれば次々に型は作れますし、時間を区切らないのでそれぞれが好きなだけ時間をかけて物を作ることができる環境になります。

     

    もちろんこれも一長一短です。

    講師一人に全員が違う型を作れば、基本的にマニュアルを見ながらの作業で、時々回ってくる講師に直接質問ができるという感じなので、全員で一斉に同じ型を作って一日で仕上げる講習会と同じには考えられない。

     

    しっかり予習復習が必要な講習会とマイペースに作業できる教室、都合が合わなければ次の講座を一年待つ講習会と、その日その時に次の人が終わるのを待つ教室。

    究極の選択ですね。

     

    お針子会の講習会が本科、常設の教室が副科というように別けることになりますが、本科は課題の実技を受けると、型によっては「通信」で受講する講座もでてきます。

    予約に振り回されないですし、遠方から参加の方にとっても良いのではないかと思います。

     

    お教室の方はまだしばらくは本始動に至らないとは思いますが、11月から小さな規模で一から始めてみたいと思います。

     

    場所は、

    都営地下鉄三田線「西巣鴨駅

    都電荒川線「西ケ原四丁目駅

    都営バス 池袋東口巣鴨経由浅草行き「西巣鴨停留所

    いずれも駅近の非常に利便性のよい場所にあります。

     

    詳しい内容はまだもう少し煮詰めてからお知らせいたします。

     

     

     

     

    筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

     

    ▼筥迫工房の講習会



    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

     

    【2018.08.27 Monday 22:22】 author : Rom筥
    | 筥迫講習会・研究会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rombako.hakoseko.mods.jp/trackback/982151
    トラックバック