『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 2018.9 講習会『名刺入付覚書帳』 | main | 2019.3 『型抜名刺入と延べ鏡』 >>
江戸時代の袋物描写(1)
0

    ここのところ講習会のシステムが代わったり、教室が始動したりで毎日がバタバタしております。

    そのためブログがちょっと遅れがちです(許されよ)。

     

    実際にはそれ以外にも色々なことが動いていて、ブログに出せるものは少しずつ出していきますが、出せない事案も多々有り、ちょっとジレンマです。

     

    そんな中、以前「鏑木清方」の企画展をご紹介くださったNN(ぬぬ)さんと浮世絵の中の袋物描写についてやりとりをしていたのですが、その中でいただいた画像を何回かに分けて皆様にご紹介させていただきます。

     

    『風俗三十二相〜奥女中の風俗』月岡芳年(つきおか よしとし)

     

    筥迫工房が扱う日本固有の袋物細工とは、現代ではほぼ途絶えてしまった文化です。

    筥迫や念珠入れのようなものは微かに残ってはいますが、これもあくまで型を真似ているだけで、昔ながらの考え方で作られたものではない。

     

    消費の時代の袋物と、その物に命が込められていたような袋物とでは、見る者に訴える力は雲泥の差があります。

     

    西洋文化が怒涛の勢いで日本文化を飲み込んでいった維新後の明治期は、その反動で日本固有の文化が復古するという流れが起こり、より洗練された日本趣味の工芸的作品が多々作られました。

     

    対してまだ西洋文化に犯されていない江戸時代の袋物は、生活に密着したあからさまな日本趣味にさえ思えます(もちろん当時の人はそんなこと思ってもいないでしょうが)。

     

    それが最もわかるのが「浮世絵」です。

     

    江戸時代の浮世絵の中にはそこここに袋物の描写があり、それを見つけるのも楽しく、都度喜んで保存していましたが、それはあくまで偶然見つけたものに限ります。

    浮世絵の中からピンポイントで袋物を探すのは広大な海の中から魚を釣るようなもので、数点保存するのみで置かれていた分野でした。

     

    しかし鏑木清方の作品から昔の袋物に興味を持ったNNさんは、この浮世絵の海に飛び込んだようです。

    浮世絵の中の袋物を探して骨董屋巡りもされているそうで、以前講習会でも貴重な浮世絵を何枚も持ってきてくださいました。

    NNさんは元は清方から遡って浮世絵にたどり着いたそうです。

     

    別方面でも、かなりマニアックな種類に特化して浮世絵の中の袋物を探しまくっている方々もいて、お仕事で私もプロジェクトに携わっているのですが、残念ながらこちらはあくまで社外秘。

     

    快く皆さんに資料を共有してくださるNNさんはありがたい存在です。

    (以下は私が集めた画像も含まれます)

     

     

    江戸型筥迫

     

    まずは何と言っても筥迫ですが、TOP画像は筥迫モチーフとして有名な浮世絵ですが、ド派手な筥迫びら簪に目が行きます。

     

    この時代の筥迫は現代のものと違いかなり大きなものです。

    小さなクラッチバッグぐらいあります。

     

    そして、なんで襟元がこんなにぐずぐず?と思いますが、これでこそこの大きな筥迫が入るというもの。

    『月百姿』月岡芳年

     

    「もう急いでるのに、肩出ちゃうわ」という図に見えなくもない(苦笑)。

     

     

     

    紙入れ(鏡入れ)

     

    先に筥迫モチーフの浮世絵からアップしましたが、筥迫なんてものはこの時代でも一般的なものではなく、庶民に身近な女持ち(めもち)の袋物といえば圧倒的に「紙入れ」(鏡入れ)でしょう。

     

    「美人画」渓斎 英泉(けいさいえいせん)

     

    華鎖(ストラップ)が付いているので、これはほぼ鏡が入っていると見ていいと思います。

    このような紙入れは、現代でいえば「あたしブランドバッグを持ってるのよ〜」と見せつけているようなものだったのではないでしょうか。

     

    懐紙をただ巻いて入れているだけの人もありで、下図のようにズボッと帯に差し込む姿は一般的だったと思います。

    現代人にはやたら大胆に見えますが。

    『布袋屋店先』歌川豊国(うたがわ とよくに)

     

    時代劇のドラマもこのぐらい忠実にやってもらいたいものですが、やらんでしょうねぇ(笑)。

     

    『潤色三十六花撰 新ばしいでのや徳治』豊原国周 (とよはら くにちか)

     

    帯締めみたいのもしているし、いいとこの奥様が出かけるときは身だしなみの紙入れは欠かせないのよという感じですかね。

    こんなに着付けずるずるなのにね。

     

    軽子(御運びさん?)も紙入れでおしゃれを楽しんでいます。

    『深川の軽子』月岡芳年

     

    庶民も紙入れを通常使いしていたかというと、浮世絵の中の女性たちが必ずしも紙入れを身につけている訳ではないことから、絵師も紙入れを身につけたおしゃれな軽子の姉さんがいることに感心して浮世絵の題材に用いたのではないでしょうか。

     

    当時の女性たちはしっかり稼いで自立していたそうなので「あたしが稼いだ金で紙入れぐらい買って何が悪いの?」とでも言っていそうな面持ちです(超妄想)。

     

     

    日々古い資料を探して江戸と現代を行き来するような環境にいる私には、この絵はスマホを振りかざした現代のギャルにさえ見える。

    『東京三十六会席 柳はし』豊原国周

     

     

    「紙入れ」なのに紙は入れずに外に巻くとはこれ如何に、と言ったところですが、当時は紙入れに高価な裂や革を使っていたので、これを保護する目的で紙を巻いていたのです。

     

    現代人からすれば考えられないことですが、当時紙入れがどれだけ貴重で大事に扱われていたかがわかるというものです。

     

     

     

    鏡入れの中の鏡

     

    この紙入れから出ているストラップのことを『華鎖(はなぐさり)』(もしくは「ぶら」)とも言いますが、これは鏡にこのように付いていました。

     

    『美艶仙女香という』

     

    当時の鏡は「銅鏡」です。

    鏡の裏には浮彫りされた文様が施され、その中に小さな「ち」(穴の開いた突起)があり、そこに華鎖を引っ掛けたようです

     

    そういえば私もこんなの持っていたなと思い出し、サンプルの箱をかき回して見つけました。

    これは「ち」に紐で繋いでいますが、当時は環を使っていたかもしれません。

    これはけっこう小さいので維新後のものかもしれません。

     

     

     

    筥迫か鏡入れか?

     

    華鎖は一本立ちから三本立ちの鎖様のぶらが一般的なようですが、中にはこんなにゴージャスな華鎖を付けた絵もあります。

    ド派手ですねぇ〜。

     

    『亀戸乃藤(団扇絵)』豊国(三代)

     

    これは「胴締華鎖」といい、筥迫の胴締め部分が華鎖でできているんですね。

    胴締めというのは筥迫特有というものではなく、筥迫の以前からあったものです。

     

    こちらは以前ご紹介した『なごみ 特集:江戸の粋と洒落(1998年2月号 )』の画像ですが、左上の紙入(鏡入)に巻かれた五本立ちの鎖が胴締華鎖です。

     

    実際にはこのように直接紙入れに巻くと本体の装飾裂(こちらは相良詰)を傷めてしまうので、紙入れに懐紙を巻いて保護し、その上から華鎖で留めました。

    現代で私たちが見ているものはあくまで展示用にしているだけで、本来は白い紙に派手な華鎖が巻かれていたのです。

     

    そして外出時にはこの華鎖を外し、鏡の裏に付けたか、どこかに挟んだのか、いずれにせよ「ぶら」のように垂らしたのです。

     

    これだけ派手な鎖を人に見せつけないのはもったいないという気持ちもわからないではないですが、それにしても大胆なこと。

    頭が派手なのでバランスは取れるのでしょうが、そう考えると私たちの生きている時代は実にシンプルだと感じます。

     

     

    こちらは役者絵ですが、筥迫様のものを入れています。

    「役者絵 (三枚続)」:豊原国周

     

    先ほどから紙入れを縦に入れたり横に入れたり様々ですが、横入れで華鎖や胴締華鎖を付けた物が果たして筥迫か?と言われればちょっと微妙です。

     

    まずこの時代の筥迫の「定義」ですが、

     

    1)前面箱型、背面紙挟みの二層式

    2)胴締めと落しが付く

    3)装飾に凝っている

     

    現代でも筥迫を定義する上で二番目の胴締めの存在は大きいのですが、ここではあえて「本体と共布」であると考えます。

    本体と胴締めの「柄合わせ」が何より筥迫装飾の華なので。

     

    しかしこれをよ〜く見ると背面が紙挟み形式にはなっていない。

    つまり箱襠の紙入れに懐紙の束を重ねて、それをただ胴締華鎖で留めているだけ、ではないかと思うのです。

     

    ぶらとしての華鎖もついているし、つまりこれは筥迫を模した鏡入れではないのかということ。

     

    役者はあくまで庶民。

    実際の筥迫は知らないけど、舞台で使うならこんなもんで良くね?ぐらいかと。

    それを見たファンの婦女子が同じ格好を真似する。

     

    こちらも今時の女子も喜びそうな、玉を連ねた豪華な胴締華鎖。

    素敵ですがこんなもの絶対武家の人は使わない〜。

    あくまで役者さんが舞台映えする小物を作らせたのではないんじゃないでしょうかねぇ。

     

    『政岡 沢村田之助 』(役者絵・団扇絵:国周

     

    珍しく房が付いていますが、この時代は鏡も嵌め込みではなく個別に入れていましたし、この房も筥迫についているというよりも、たぶん栞に付けた房を外に出しているだけではないかと思われます(房付きの栞は今でもたくさん残っています)。

    こんな使われ方を他で見たことがあるので、たぶんこれが現代の筥迫房になったのではないでしょうか。

     

     

    以上はあくまで私なりの勝手な見解なので、あしからず。

     

     

    ちょっとサボっていたので、今回はかなり力入れてみました。

     

    それでは本日はこれまで。

     

     

     

     

    筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

     

    ▼筥迫工房の講習会



    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。


    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。


    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
    にほんブログ村

    【2019.02.21 Thursday 21:28】 author : Rom筥
    | 絵の中の嚢物 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    「なごみ」に出ている鏡入れには三本の銀の胴締鎖があったようです。平野英夫さんの文に、下記とありました。
    「…この幅広の胴締の使い方は、華鎖りとも共用になるもので鏡入れを通常使用する時は、懐紙を鏡入れに巻き付け、そして胴締で締めて使用するもので、鏡入れ本体を保護する目的もある。外出する時には胴締を取り外し、その金具の受けの部分を鏡入れの中に三分の一程入れ、三分の二を外に出して懐紙を巻き、その状態で帯に入れ、華鎖りのように垂らして使用するもの。」
    すると、亀戸乃藤の状態になるようです。
    | NN | 2019/03/02 4:34 PM |
    この三分の一ぐらい入れ、というところが、ただ挟んでいるだけじゃないだろうとは思うのですが、この時代カニカンのようなものがあったとは思えないですし、エンドパーツに何を使ったのかが不思議です。
    引っ掛けるだけだったのかしらん。
    作り手側としては、こういうことがやたらと気になります。
    | rom筥 | 2019/03/13 10:08 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック