『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 教室通信:時間の制約を受けない物作り | main | 2019.10『式部型小物入』&来年度予定 >>
2020年度 貼り込みで作る袋物講座
0

    2020年度のスケジュールはある程度出ているのですが、最後の調整に入っておりますので公開はあともう少しお待ちください。

     

    HPの方も今までのわかりずらい内容から少しずつ新しいものに変えていくつもりですが、多分少しずつゆっくり変えることになると思います。

     

    今回はシステム上で変更となる部分だけ書き出してみます。

     

     

    講習会と教室

     

    今年から「つたえ」での教室が始まりましたが、講習会に付随するものとして考えていたので、「本科(講習会)」「副科(教室)」などというわかりにくい説明になってしまいました。

     

    これを来年度からははっきりと「講習会」と「教室」に切り離します。

     

    講習会=単発で行うもの(土日祝祭日の開催)

    教室=持続して行うもの(平日の開催/主に火曜日)

     

    「講習会」は1日でわ〜っと作って楽しんで終わり!という真剣勝負のレクリエーションといった感じです。

    これはこれで楽しくはあるのですが、正直講習会だけで貼り込みの技術を身につけるのは難しい。

     

    それを打破するために、昨年から「教室」というものを同時運営するようになりました。

    連続して学べる教室のような体制なら、段階さえ踏んでいけば無理なく上級まで技術を積み上げられることをこの一年で実感しています。

     

    講習会は型ごとの受講になるので、タイミングによっては次の講座までかなり間が空いてしまうことから、受講した型の復習と併用して、自力での応用にチャレンジできる「通信講座」を設けています。

    これらを行うことにより、教室と同じレベルで技術を身につけていくことはできると思います。

     

    その他、来年からは上級からの「フリークラス」も設けることになりました。

     

     

    体験コースと入門コース

     

    来年度から体験コースとして「携帯裁縫用具入」を行うことにいたしました。

    こちらは講習会にも教室にも属さない単体のコースです。

     

    あくまで貼り込みで作る袋物とはどんなものなのかを知っていただくために、これまでの講習会で人気のあった携帯裁縫用具入で体験していただこうと思います。

     

    そのため、このコースのみアイロンやカッターマットなどの道具類は無料で貸し出しいたします。

    布もこちらでご用意いたしますので、初めての方は気軽に受講していただけるのではないかと思います。

     

    体験コースで貼り込みに興味を持っていただいたら、次は入門コースの「貼り込みの基本 金封袱紗」の受講をご検討ください。

     

    入門コース受講後は「講習会」か「教室」のどちらで学ぶか選ぶことになりますが、こちらはどちらにも必須の講座となりますので、体験コースを経由せず直接入門コースを受講していただくことも可能です。

    ちなみに、本日10/28から今年最後の入門コース「金封袱紗」の予約受付が開始しました。

     

    ※入門コースは「講習会」のみの開催です。講義が含まれるため教室で行うことはできませんのであしからずご了承ください。

     

     

     

    講習会は課題なし!フリークラスへの進級は課題有!

     

    講習会は1日に全てを詰め込んでいるので、技術の積み重ねは自宅に帰ってからの自分の努力次第。

     

    そんなことから、これまで全ての人をレベルアップする方法(課題や通信講座)を考えてきたのですが、講習会はどちらかといえば「上手くなりたい」ことよりも「作ることを楽しみたい」という方が多く、課題を出すことに疑問を感じるようになりました。

     

    そこで来年からは講習会はただ参加して楽しむところと割り切って、講習会形式の講座は全て課題なしとすることにしました。

    そして手数が多く、能力の違いが時間の差となって現れるような上級の型は「フリークラス」に移動します。

     

     

    式部型小物入れや籠千代田お針箱などは、相当慣れた人でないと講習会で1日で作るのは難しいので、このようなものはフリークラスで行います。

    来年度は2日続きで年に3回の開催ですが、1日だけ参加してもよし2日参加してもよしです。

     

    講師と同じ工程で作業する講習会ではほぼ失敗なく最後まで作り上げることができますが、言い変えれば講師に逐一面倒を見てもらいながら作っているようなものなので、実際に家で復習すると同じ出来に仕上がらないことがほとんどです。

    (帰ってすぐに復習すればある程度は同じものが作れるとは思いますが)

     

    このレベルで上級のフリーコースに参加してもほとんど何も出来ないで終わることは目に見えているので、フリークラスに進級希望の方に限っては指定された課題を提出しなければなりません。

     

    来年の指定課題は「金封袱紗(教材以外の布)」「筥迫巾着と飾り房」「縢襠付筥迫(あがき)」「四ツ襠紙入」の4点とします。

     

    4講座分のみ!と思われるかもしれませんが、筥迫を自力でそれなりのレベルで作り上げることは難しいですよ。

    (ちなみに来年の縢襠付筥迫は上級扱い)

     

    形を作ることはできても、それ以前の型をしっかり作り込んできた作品と、行き当たりばったりで作った作品の差は歴然なので、時として「〜講座からやり直し」ということを言わせていただきますので、あらかじめご了承ください。

     

    つまり上級の型を作りたいのであれば、必然的に受講した講座ごとの復習は必須となるわけです。

     

     

    2020年度 講習会講座


     

    体験コース(対象:初心者)

    ・携帯裁縫用具入

     


     

    講習会/入門コース(対象:初心者)

    ◉金封袱紗

     

    講習会/初級コース(対象:入門コースを受講した方)

    ・月見型紙入(千鳥掛)

    ・利休型紙入 ←New!

    ・型抜名刺入と延べ鏡

    ・念珠入(組入)名刺入

     

    講習会/中級コース(対象:指定の初級コースを受講した方)

    ・装飾技法(切付・金装飾)

    ◉筥迫巾着と飾り房

    ・三段口扇襠筥迫

    ・二ツ折小被付筥迫

    ・丸型小物入 ←New!

     

    講習会/上級コース(対象:指定の中級コースを受講した方)

    ◉縢襠付筥迫(あがき)

    ◉四ツ襠紙入

    ・帛紗入(七宝縢襠)

     


     

    上級コース/フリークラス(対象:◉印の指定課題を提出した方のみ参加可能)

    ・籠千代田お針箱

    ・小被付四ツ襠紙入 ←New!

    ・折襠付縢襠筥迫(挟み玉縁)

    ・式部型小物入

     


     

    通信講座(対象となる指定講座の後に受講可)

    ※あくまで講習会のための補習です。一般の方の受講はできません。

    ・指貫と糸切ハサミ入(二種)

    ・扇子入と紙切ハサミ入

    ・懐紙挟み(両笹)

    ・懐紙挟み(金封袱紗応用型)

    ・差込小被引出紙入(脂取紙入)

    ・名刺入付覚書帳

     


     

     

     

    筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

     

    ▼筥迫工房の講習会

     

    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

     

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。

     

    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。
     

    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ

    にほんブログ村

     

     

    【2019.10.28 Monday 15:42】 author : Rom筥
    | 講習会(お針子会) | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    ご無沙汰しております。

    三重県のぴょんです。

    扇子入れが作りたいのですが、どういう順をとっていけば良いでしょうか?

    また、年内と来年で違いますか?

    | ぴょん | 2019/11/04 3:59 PM |
    もうすぐ来年の予定が出ますが、ぴょんさんの場合は金封袱紗を受講されているので、いつでも扇子入れの通信講座は受講可能です。
    | Rom筥 | 2019/11/05 7:22 PM |
    ありがとうございます。
    扇子入れ通信したいです。
    通信講座について、がnotfundになっていて見ることができません、どうしたらよいですか?
    また、その時に、貼りこみの懐剣入れもよければ頂きたいです。
    | ぴょん | 2019/11/06 10:06 PM |
    ごめんなさい、今HPの切り替え更新中です。

    今しばらくお待ちください。
    | rom筥 | 2019/11/06 10:07 PM |
    ありがとうございます。

    また、のぞきます。
    | ぴょん | 2019/11/07 8:10 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック