『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 2020年度 貼り込みで作る袋物講座 | main | 2019.5 講習会『装飾技法』 >>
2019.10『式部型小物入』&来年度予定
0

    またまたブログ掲載遅くなりました。

     

    先週末から風邪気味のまま講習会に突入。

    マスクとティッシュケース持参で望んだものの、講習会明けに発熱でダウン。

     

    今回は遠方から参加の方が多かったので、症状からインフルではないとは思ったので何とか最後までやり切りました。

    インフルの場合はわかった時点で即中止にしますが(もちろん講習費は全額返金)、とにかくそのようなことがないよう体調には万全を期したいと思います。

     

     

    来年度の予定出ました

     

    1日寝込んでから、早々に遅れていた来年度の予定をアップすべく準備に入りました。

    今のところ更新出来たのは以下のページだけですが、順次更新していきますのでどうか気長にお待ちいただけるとありがたいです。

     

    2020年度レベル表

    2020年度スケジュール

     

    講習会(お針子会)

    教室(つたえ)

     

    直近に行われた『式部型小物入』の作品を挟みながら、来年度のことをからめながら書いていこうと思います。

    (縢襠付筥迫や帛紗挟みもまだ未掲載なのですが、この式部型小物入は来年度の方針を決める指針にもなったので)

     

     

    Y.Oさんの作品(山形県在住)

     

    来年度はこの「式部型小物入」は講習会形式では行いません。

    新たに新設する「フリークラス」での開催になります。

     

    今年も入れないつもりだったのですが、新規開催予定だった「小被付四ツ襠紙入」が間に合わなかったので、急遽組み込んだという次第です。

     

    この式部型を講習会の講座に入れられない理由は、小さな小箱であるにも関わらず工程数がとても多いので、各人のレベルによって作業スピードにかなりの差がついてしまうからです。

     

    早い人は常に他の作業を待っていることになり、更には終了時間が19時、20時ともなればこれは全員にとってストレスでしょう。

     

    去年までは対象者を絞っていましたが、それも難しく、今回は対象者を絞らない代わりに「補佐」を入れることで、なんとか定時(17時)に終わらせることができました(A.Yさん感謝!)。

     

     

    まぜごはんさんの作品(大阪府在住)

     

    この作業スピードというのは単純に手の早さだけではありません。

     

    コースが上がるにつれてよく言われるのが、

    「先生の言っている言葉の意味がわからない」ということ。

    これはどんな意味だったか、、、と思い出しているうちに作業がどんどん進んでいってしまうため手が遅れてしまうのです。

     

    講習会は講師の言われるがままにやっているだけで、受講者が自分の頭で考えながら作っているわけではありません。

    ですから大きな失敗はしません(させません)。

    約束された美しい完成品を持ち帰ることができるので受講者は大満足でしょう。

     

    休みが取りにくい方や遠方から参加の方には、1日できれいな型を作り上げられるこのシステムはとても便利だとは思いますが、タイミングが悪いと講習会に半年に一回程度しか出られないという方も多いです。

     

    しかしそれでも自動的にステップアップしてしまうシステムではあるので、上級で必ずついていけなくなる人が出てきます。

    これが私の一番の悩みでした。

     

    それでしつこく課題!課題!(復習!復習!)と騒いでいたというわけです。


     

    ままねこさんの作品(静岡県在住)

    この作品は「水槽」に見立てているそうですよ。

     

    講習会の良さとして皆さんからよく挙げられるのが「非日常」です。

     

    平日仕事で忙しいのに、ゆっくり休める休日に朝から晩まで集中してこんなものを作るのはストレスではありませんか?と私が言うと、

    「仕事とは全く違うこの集中がストレス発散になるんです!」とおっしゃる方は少なくありません。

     

    日常を離れた異世界。

     

    講習会に来られる方はそのようなものを求めてやって来るのかもしれません。

     

    それならば講習会は楽しむことだけに特化しても良いのかもしれない。

    夏休みに宿題さえなければ、どんなに楽しいことでしょう。

     

    来年の構想を練るに当たりそんなことを考えるようになりました。

     

     

    郁駒屋さんの作品(福岡県在住)

     

    この「式部型小物入」は秀逸な型で、誰に差し上げてもそれほど迷惑になるものでもありません。

    (筥迫なんてね〜作るの大変なのにピンポイントで必要とされる人以外はあげても使い道ない〜)

     

    ですからこの式部型小物入はたくさんの人に作って欲しいとは思うのですが、無理やり1日で作ろうとすることが一番の問題なのだということに気がつきました。

    一年間教室をやってきて思うようになったことかもしれませんが。

     

    そんなワケで二日連続の「フリークラス」を設けることにし、この式部型のように工程数の多いものや、より複雑なものなどは、このフリークラスに据えれば良いわけです。

     

    1日で作り上げる講習会のようなスタイルは、やはり作れるもののレベルは限られるということです。

     

     

    K.Eさんの作品(埼玉県在住)

     

    2020年度のシステム変更

     

    1)「体験コース(携帯裁縫用具入れ)」が始まります。

    講習会でやっていけるんだろうか、、、と心配な方は、是非この体験コースにご参加ください。

     

    2)入門コースから上級コースまで、全てのコースで課題提出の義務なし

    純粋に貼り込み体験を楽しんでください。

    もちろん自宅で復習された作品を次回の講習会に持ってきてくだされば添削アドバイスいたします。

    フリークラスを目指す方は、地道に復習することによって承認は受けやすくなります。

     

    3)フリークラス(上級)

    フリークラスへの進級を希望する場合のみ「課題提出」があります。

    課題提出で「承認」を受けた方のみ、フリークラスへ申し込むことができます。

    フリークラスで作る型の他、講習会で受講のタイミングが合わなかった型などを作ることもできます。

     

    課題提出して「承認」を受ける自信がない、、、という方は、是非「教室」をご検討ください。

    教室でなら何日かけて作ってもいいので、あまりストレスなくレベルを取っていくことができますので。

     

     

    K.Wさんの作品(富山県在住)

     

    今年あんなに複雑だったレベル表も、来年は随分あっさりとなってきました。

    段々と一貫した方向性が出来てきたということですね。

    ここに来るまでは本当に大変だったと改めて思います。

    それでも付いてきてくださった皆様には本当に感謝いたします。

     

     

    rom筥の作品

    久々に可愛く出来たので便乗〜

     

     

    最後におまけ

     

     

    山形から参加のY.Oさん提供の山形型のサブレ。

     

    残ったサブレを自宅に持ち帰り家族に見せたところ、以下の話題で盛り上がりました。

     

    「これは山形だからできる発想だね」

    「青森や石川だったらすぐに欠けちゃうよ」

    「沖縄なら小さい欠けらばっかり入れることになりそ〜」

    「滋賀は大きな穴が空いちゃうね」

    「いや、自分ならそこにジャムを詰める!」

     

    話題共々ごちそうさまでした〜(笑)。

     

     

     

     

    筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

     

    ▼筥迫工房の講習会

     

    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

     

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。

     

    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
     そのような場合も、こちらからご連絡ください。
     

    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ

    にほんブログ村

    【2019.11.07 Thursday 23:43】 author : Rom筥
    | 講習会(お針子会) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック