『筥迫工房』のブログ 筥迫の作り方と材料の販売 筥迫!箱迫!箱セコ!ハコセコ!はこせこ! 管理人:Rom筥
 
<< 日本の伝統という幻想 | main | 既製品と工芸品 >>
2020.1 講習会『三段口扇襠筥迫』と『筥迫巾着と飾り房』
0

    2020年初の講習会は「三段口扇襠筥迫」と「筥迫巾着と飾り房」でした。

     

    筥迫巾着と飾り房は一回作って形が取れる人は実は少なく、袋物とは違う造形の世界なので、何回か繰り返して出る人も多いという講座です。

    しかし一昨年はこの講座に申し込みをする人が少なかったので、講座数も年々増えてくることだし、需要のない講座は教室に回ってもらえばいいか、、、と去年はこの講座を止めていました。

     

     

    Y.Fさんの作品(埼玉県在住)三段口扇襠筥迫

    ご自身がン十年前に着たという七五三の着物を筥迫に仕立てた物。

     

    しかし今年は6月に新しい型である『丸型小物入』があり、そこでこの『房』が出てきます。

    丸型小物入は「本体」以外に「縢り糸を撚る」というカリキュラムもあるので、房にはあまり時間をかけたくない。

    ということで、今年はその前哨戦となる「筥迫巾着と飾り房」を復活させることにしました。

     

    J.Yさんの作品(神奈川県在住)三段口扇襠筥迫

     

    講習会に来ていただければわかりますが、「筥迫巾着」は教本などでは説明のしようもないというものです。

    「造形」はその人のセンスがもろに出るので、これを苦手とする人は多いですね。

     

    筥迫は本体を作った時点で満足してしまう人が多いのですが、実はこれらの小物の出来が全体の雰囲気を左右するというとても大事なパーツです。

     

    もしアンティークの刺繍筥迫をお持ちの方がいらっしゃいましたら是非巾着にも目を向けてみてください。

    完璧なフォルムで作っているものが多いです。(もちろん下手な職人さんもいますが)

    あのような価値観は現代ではなくなってしまいましたね。

    せめても私がその意思を継いでこの形を継承しようと思っています。

     

    C.Mさんの作品(岩手県在住)三段口扇襠筥迫

     

    「三段口扇襠筥迫」は筥迫の中では最も難度の低いものです(ただし貼り付けの工程は多い)。

    一番初めに筥迫を経験するのであれば、こちらから始めると良いと思います。

    対象は「初級コースを2講座」出ていることとなっていますが、できれば襠を勉強できる「念珠入れ」を受講しておいてほしい。

    念珠入れは四ツ襠紙入の受講にも必須なので、中級、上級を目指す人には大事な講座です。

     

    M.Wさんの作品(東京都在住)三段口扇襠筥迫

     

    こちらの筥迫を作った方は通常は教室で学ぶ生徒さんです。

    巾着と房は教室で続きをするそうです。

    J.Yさんも教室で三段口扇襠筥迫を作り、房と巾着は講習会を受講しました。

     

    教室は自分の苦手なところやわからないことをじっくり聞けるので、講習会のようにわからなくてもどんどん進んでいってしまうというようなことがありません。

    しかし講習会のように講師が一緒にデモンストレーションしながら教えるということはしないので、双方をうまくからめながら参加していくる理解が深まるのではないかと思います。

     

     

    Y.Oさんの作品(岩手県在住)三段口扇襠筥迫

     

    三段口扇襠筥迫にびら簪を装着する場合は、段口の一番上に引っかかるように横刺しにしますが、実用として付ける場合はびら簪が揺れることによって負荷が増して落ちやすくなるので、びら簪の差し込み部分に厚紙(0.25)を通し、それを半分に折って段口に差し込むと安定するかもしれません。

     

     

    以下の2作品は、以前の「縢襠付筥迫」に参加された方の作品です。

     

    C.Iさんの作品(東京都在住)縢襠付筥迫

     

    Y.Aさんの作品(愛知県在住)縢襠付筥迫

     

     

    フリークラスと課題

     

    これまで「確実に1日で仕上げる」というやり方を貫いてきた講習会ですが、ここまで型が増えてきて(更に今後も増える予定)より複雑なものが出てくることが確実なので、今年からは1日で仕上げる=講習会、その他=フリークラスという区分けになります。

     

    去年まで「課題」を出していた理由は、とにかくこの「1日で仕上げる」という重い足かせがあったからですね。

    上級になって工程の多いものが増えてくると、慣れている人と慣れていない人では作業に雲泥の差が出てしまうので、全ての人を1日で仕上げさせる自信が私にはない。

     

    そこで上級以上は二日連続のフリークラスを設けることにしたのですが、フリークラス進級に限っては「課題」提出が必須です。

    家で復習できない人は、二日がかりとはいえ上級の複雑な型をその時間内でさえ仕上げられないからです。

     

    その課題の二つが「縢襠付筥迫(あがき)」と「筥迫巾着と飾り房」です(あとは金封袱紗と四ツ襠紙入)。

    下手でもなんでもいいので、とりあえず「自力」で作ったものを提出してください。

     

    ある程度形になってさえいれば合格にするつもりではいますが、あまりにも独創的な仕上がりのものはもう一度講座のやり直しを促すかもしれません。

    どうかご了承ください。

     

     

     

    筥迫工房の材料販売(ネットショップ)

     

    ▼筥迫工房の講習会

     

    ▼筥迫掲示板
    筥迫工房の教本や自慢の細工物を、皆さん自身で披露できる掲示板です。写真のアップロードが簡単になりました(一回の投稿で6枚掲載可)。丹誠込めて作った筥迫を大勢の人に見てもらいしましょう!

     

    ▼携帯からも筥迫掲示板2に投稿をアップロードできます。
    こちらのQRコードからアクセスしてください。

     

    筥迫工房へのお問い合わせ
    ※時々ショップからのご注文確定メールが届かないことがあります。
    そのような場合も、こちらからご連絡ください。
     

    もしよかったら、こちらもクリックなんぞしてくれるとうれしいです。

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ

    にほんブログ村

    【2020.01.22 Wednesday 20:52】 author : Rom筥
    | 講習会(お針子会) | comments(0) | - | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする